多機能で滑らかなマルチバンドコンプレッサー waves『C6』のレビュー

公開日: : 最終更新日:2017/03/31 プラグイン , , ,

スポンサーリンク  

 

多機能で滑らかなマルチバンドコンプレッサー waves『C6』のレビュー

マルチバンドコンプレッサーwaves『C6』を購入しました。

マルチバンドコンプレッサーとは、周波数域別にかけられるコンプレッサーです。各バンドの音量を変化させることでEQ的にも使えます。

「C6」は、分割された4バンドと、独立して設定できる2バンドの合計6バンド。

ざっくり

・ナチュラルな音
・バストラックやマスターのトラックによさそう
・ディエッサーやエキスパンダーとしても使える
・グラフィカルで操作がわかりやすい
・パラメータが多い
・CPU負荷が軽い

音質

wavesらしい、ツルっとしたナチュラルな感じです。

ナチュラルすぎるので、潰しすぎに注意して使いたい。

パラメーターが多い

独立した2バンドの使い勝手がよく、単独でディエッサーとして使ったり、ピンポイントで飛び出している部分を潰す、もしくはアタックを強調させることができます。

普通のコンプとは違い、レシオの代わりにRange(レンジ)というパラメーターになっています。値を大きくすると、音量変化の範囲が大きくなる=圧縮率が高くなります。レンジをプラス方向にすればエキスパンダーとして使える。

サイドチェインで特定の帯域にもかけられるんですが、キックとベースでやってみた所、かなりいい感じです。

独立バンドは飛び出している所をピンポイントで狙えるので、問題があるトラックにも対処できる。テイストがバラバラなコンピのマスタリングによさそうです。

6バンドのコンプレッサーとエキスパンダー、サイドチェインや、バンド間のQを調整できたりと設定項目が多いので、どういうサウンドにしたいのかというイメージをしっかり持ってないと使いこなすのは難しそうです。

プリセットから追い込んでいくのもよさそうですね。

グラフィカルでわかりやすい

使い方は普通のマルチバンドコンプと違う所があるので最初はちょっと戸惑いますが、オレンジのラインで掛かり具合が見えるので、慣れるとわかりやすい。

クロスオーバーのQが見えたり、レンジも紫で表示されます。

CPU負荷が軽い

多機能な割にはCPU負荷が軽いです。StudioOneのパフォーマンスでL316が10%使うのに対してC6は3%程度です。標準のコンプレッサーは1%。気軽に使えるのは嬉しいですね。

関連

■ waves C6 購入ページ
■ media integration C6 購入ページ

2MIXのためのマルチバンドコンプレッサーの使い方。手順を追って説明します。

 
スポンサーリンク  

関連記事

Studio One おすすめの付属プラグインエフェクトと全レビュー

Studio One Professional買いました。 使い心地にもの凄く感動しており

記事を読む

自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方

今回は、ベースの音量を自然に揃えてくれるプラグイン、Wavesの「Bass Rider」につ

記事を読む

ビンテージ・ディレイプラグイン、Nomad Factory 「ECHOES」レビュー

ビンテージ・ディレイのエミュレーション、Nomad Factory「ECHOES」のレビュー

記事を読む

【プラグイン】ボーカルの音量変化を自然にしてくれるWaves Vocal Rider(ボーカルライダー)のレビューと使い方

ボーカルのオートメーションを自動で書いてくれるプラグイン、WavesVocal Rider(ボーカル

記事を読む

ぼかりす を購入する前に読みたいレビュー【VOCOLOID】【デモあり】

録音された人間の歌声からその歌い方を真似て歌声を合成できる謎の技術を使ったソフト、ぼかりす(voca

記事を読む

Comment

  1. […] ・マルチバンドコンプレッサー waves C6 レビュー 【プラグイン】 […]

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑