32基のロータリーエンコーダーを搭載したフィジコン BEHRINGER『BCR2000』レビュー

楽器・ハードウエア

べリンガーのBCR2000を買いました。

ツマミ最高

32基のロータリーエンコーダー(ツマミ)と28個のボタン(プッシュ型エンコーダー含む)と2つのフットスイッチ入力です。

ツマミの形はいつもみなさんが食べてるアポロと同じような形なので、すぐ手に馴染むと思います。しっかりした作りで好感が持てます。ただ、回す堅さが若干バラバラです。下のスペースに文字を書く所があるのはいいですね。

LEDの光り方を細かく変えられます。例えば回した分だけ光る設定など。

こんな感じ。

ざっくり

・USBドライバーがインストール出来ない

 →まあ、これは発売から時間が経ってるので想定内です。MIDIでコントロールすればいいでしょう。

・エディターソフトが訳わかんない
 →本体で設定すれば済む。

・設定が超めんどくさい
  →一回設定してしまえばずっと使えるんですが、ツマミが多いので大変です。

・ソフトだとLEAN機能が使えない
  →MIDI信号を出せるソフト音源はないので、LEAN機能が機能せず、一つずつ手動で設定しないといけません。

・でかい
  →想像以上にデカイです。30cm×33cm×7cm。

おわりに

やはりけっこう前のものなので、純粋なMIDIコントローラーとしてしか使えないですね。

あと色が思ってたより暗いです。こんなん。
ツマミを極めます

では。