2016年12月のまとめ 収入27万円 半年平均26.1万円 めちゃくちゃダラダラした。

公開日: : 音楽でメシ

スポンサーリンク  

 

2016年12月のまとめ 収入27万円 半年平均26.1万円 めちゃくちゃダラダラした。ice700

収入合計27万円 半年平均26.1万円

依頼(作曲、編曲、ミックス等)合計 12.3万円

ストック収入 合計14.7万円

■作業内容

・作曲 ちょこちょこ
・編曲 ×1

あけましておめでとうございます。

いやーひたすらダラダラした1か月でしたね。

クラシック打ち込みもひと段落して、毎日昼過ぎに起きて、曲作って、20時くらいになったらブログ書いて、0時から朝までスプラトゥーンとACE OF SEAFOODをやる、という生活をしてました。

そしたら夜中に全然寝れなくなり。

12月下旬から睡眠時間をリセットするために無理やり朝方に起きる、ということにチャレンジしていて、今のところいい感じにリセットできています。

やはり朝起きると一日が長い。

ブログ 15万PV

なぜかPVが上がってますね。たくさん書いたからかな。小ネタも増やしていきたいなと思ってます。逆に、ちょっと大掛かりな記事もを3つぐらい準備してます。

やはり僕の強みはブログだなと再認識しています。

■書いた記事

新しいスタンダードになる予感がするフィジカル・モデリングのベース音源『MODOBASS』

DTMerが生産性を高めるためにはどうしたらよいか。「 自分の時間を取り戻そう 」を読んで考えてみた。

独身フリーランスが今年買ってよかったものと微妙だったものを書いていく 【2016】

編曲の仕事を100曲以上やってわかった、最初の連絡で「この曲ダメっぽいな」と思う2つのこと

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

Q StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』のよさを教えてください。A 「音の質感を変えずにパンを振れる」というところです。

音楽制作で使えるフィジカルコントローラーまとめ

ゲーム音楽制作には場面ごとのキー設定についてのセオリーがあるのだろうかという研究

ツイートまとめ

AmazonDOD、また戦術が一つ増えますね。積極的に売っていくには品質的に不安なので、機会損失を防ぐ、という感じで使うといいはず。

機会損失について補足すると、

機会損失とは、”儲けそこない”のことで、買い手が欲しくて、売り手も売りたいのに、売るものがなく、得られるはずだった利益を損失すること。

少ない枚数しかCDをプレスしてなくて、それを売り切ってしまい、買いたい人が買えなくなった状態になった時、このAmazonDODがあれば品質は落ちますがCDを買える。

CDを買うはずだったお客さんをある程度逃さなくて済むわけです。


ギタリストの松下さん、急にブログが覚醒しましたね。これから音も覚醒してくると思う。楽しみです。

急に突破する場所が見つかったりしますよね。


「みんながやっているからなんとなくやる」というのは一番危険。なんのためにそれをやるのか、常に考えていきたいですね。


ためになる。

読んだ本

この世界の片隅に

映画を見ないかわりにこっちを読みました。じわじわと心にくるいい作品でした。

限界の正体

限界をどうやって突破するのか、という本。いつもの為末節で、感覚ではなく、ロジカルな内容になっています。

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

マーケティングの本。やさしい内容になっています。音楽が例えになっているので、音楽の人は参考にしやすいかも。

おしまい

最近はバーチャルYoutuberの「キズナアイ」にハマってます。かわいい。

合成音声にしなかったのがめちゃくちゃ正解だと思う。

おまけ

 
スポンサーリンク  

関連記事

2015年9月の収益報告 収入13.9万円 半年平均25.4万円 ブログ8.9万PV スプラトゥーン関連のお仕事を頂きました。

gif画像の一部だけが動く「シネマグラフ」に挑戦しましたが無理でした。ただのgifです。

記事を読む

【第三回】 「サントラを聴いているだけでは劇伴はできない」テレビドラマ劇伴のつくりかた 【スキャット後藤、こおろぎ対談】

第二回に続き、スキャット後藤、こおろぎ対談、第三回です。 今回は「劇伴の音楽を作る時に

記事を読む

2013年6月の音楽でメシ報告

暑くなって来たような気がしますね。家にいるのでよくわかんないですね。 収入 実際に入ってきたお

記事を読む

「音楽でメシを食う」宣言をして1年目の結果と2014年の目標

2013年1月に「音楽でメシを食う」宣言をして1年。 去年は今までになく濃く、長く感じた一

記事を読む

曖昧になりがちな楽曲の買取契約についてこの際しっかり勉強しておきたい

  今回は作曲家と発注者の間で交わされる契約の1つ「楽曲の買取」について。 特にインスト

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑