【第四回】 「漫才、コント、テレビを見てきたことが活きている」テレビドラマ劇伴の上達方法 【スキャット後藤、こおろぎ対談】

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 音楽でメシ , ,

スポンサーリンク  

 

【第四回】 「漫才、コント、テレビを見てきたことが活きている」テレビドラマ劇伴の上達方法 【スキャット後藤、こおろぎ対談】第三回に続き、スキャット後藤、こおろぎ対談、第四回です。

今回は「音楽プロデューサーとしてのスキャット後藤さんの役割」「漫才、コントを見てきたことが仕事に活きた」「自分で作品を作ってみるのが一番いい」など、劇伴をうまく作れるようになるにはどういうことをしたらいいのか、という話が中心です。

音楽プロデューサー、スキャット後藤さんの役割

friends_hagemashi_boys

後藤アイコン_70となりの関くんって、クレジットは僕が「音楽プロデューサー」という肩書きになっていて、こおろぎ君が「音楽」ってなってるわけやん?

プロデューサーってついているけど、全然プロデューサーっぽいことしてなかった気がするけど(笑)

sam_70通常、プロデューサーって何するんですかね?

後藤アイコン_70ね。僕も、クレジットどうしますか?みたいなこと言われたときに、プロデューサーでいいんじゃないかなと思って。

sam_70でもプロデューサーとしか書きようがないような気がしますけどね。

後藤アイコン_70うーん、どっちかというと役割としては、ディレクターみたいな感じかな。音楽の演出を決めていくっていうか。

「この場面はこうしようこうしよう」みたいなことを僕は言っていたような。「こういう曲調のほうがいいんじゃないか」とか、という感じかな。

1話でだいぶ曲ができて、そのストックを2話にはめたり、2話用に作ってはめていったときに、「こことここ、曲が足りないからこういう曲調がほしい」みたいなことを。

僕が印象的なのは、将棋の回の王。倒れちゃう。

sam_70遠くからやってくる王のシーンですか?

後藤アイコン_70救世主がやってきたけども、倒れて、そのあとの悲しいピアノの曲。あとでも何回か出てくるんやけども。

ここはピアノ曲がいいと思って、いままであった僕の曲をガイドで1回あてて、そのとおりの悲しい感じの曲を作ってもらって…まあそういうことやねんね。

sam_70本当に助けられました。

後藤アイコン_70実際どう?劇伴の制作をするにあたって、最初は手探りだったわけで、どういうふうなことを考えながらやったかっていう。

sam_70そうですね。どういうことを考えてたんだろ?

もうだいぶ昔のような感じがして…何もわからないので、とりあえず把握をしていかないといけないなと常に思ってて。

それでも全然間に合ってなかったんですけど。

今までやってきた音楽と全然違う作り方をしなきゃいけない場面っていうのがあって、まず「台本を見て音をつける」っていうのがもうわからなかったりとか。

後藤アイコン_70普通はアニメだと音楽プロデューサーというか音響監督みたいな人がいて、その人が音楽のリストを作って、作曲がそれを見て作るということがオーソドックスだと思うけど。

今回は台本や映像を見たりして「なになにのテーマがいるな」とか、「毎回こういうシーンが出てくるから」、「ちょっと特殊なシーンがあるからそういう曲を作らないとだめなのかな」というのをリスト化して作ってもらって。

僕は普段そうなんやけども。それが劇伴の面白さだと思っているので。

テレビドラマの劇伴もいくつかやったけども、そこに違う作家さんを呼んできてお願いして曲を作ってもらうってことは毎回あって、それは面白いかなと。

そういうこともみんなあんまりやらないみたいだけど、僕は積極的にやっていて、いろんなカラーも出るし、っていうのもあって。

で、そのときは「この人はこういう曲を書くから」っていうのがわかっていて、全部お膳立てというか「何も考えなくてこういう曲を書いてくれればいいから」っていうか、それでも作っている本人はいろいろ考えるらしいんやけども、作ってもらって、でも普通に作ってもらうだけではまるのがわかっているから。

「ここでこういう曲調で明るい曲を作ってください」って。

「普通に作ってもらってハマるのがわかっている」っていう頼み方、それって劇伴をやっているっていうのとは、劇伴として使われているっていうだけで、劇伴の仕事をしたっていう感じではないと思うんよね。

今回は、映像に音楽がついてない状態っていうのを見てもらって。僕は「こういうシーンはこういう曲を作ったほうがいい」とは言うけれども、結局自分で考えなきゃいけない。

sam_70そうなんですよね。その考える時間が一番多かったんですよ。映像とか台本見て。

後藤アイコン_70言ってたもんね(笑)

sam_70「演出の解釈」とか「誰の気持ちなのか」とか、そういうのがまずわかんなくて、作り出す前の段階で詰まっちゃうことが多かったですね。

remote-control-825597_640

後藤アイコン_70劇伴をやるにあたって、自分の今までの経験で役に立ったことってなんかある?

sam_70そうですね、経験で役に立ったことはそんなにないですね。

曲自体を作れるっていう、それだけじゃないですかね。そんなに「やっててよかったな」みたいなのなかったような気がするんですけど。

わからないことのほうが多すぎて。編集を考えたりだとか、そういうのも今まで意識してこなかったので。

今までなかったことを取り入れることに精一杯でしたね。

後藤アイコン_70僕は劇伴をやるにあたってすごく役に立ったことがあって。

僕はそこまでドラマを見たりは普段しないんだけども、僕は京都出身、関西で、だからといって別に僕は吉本新喜劇とかあんまり見なかった。そこまで好きではなかったんやけども。

昔2丁目劇場っていうのがあって、ダウンタウンだったりとか、千原兄弟だったりとか、サバンナだったりとか、ああいう人たちが20何年前とかにネタをやっていたのを片っ端から大好きで見てて、繰り返し覚えるくらい見ていて。

コントとかって間合いとかすごく大事で、「こうなると面白い」とか、その間っていうのをすごい覚えてる。

音楽をつけるときでも、「こういうつけ方をすると笑えるけども、こうしちゃうと台無しにしちゃう」とか。

関くんのときも僕何回か言ったと思うけど、「ここで落とすためのフリなので、ここでこういうミスリードをしないと成立しないから」っていうのとか。

完全に僕は漫才とかを見て覚えて。

sam_70その演出をきちんと理解できているかという。

後藤アイコン_70バラエティ番組とか見てても、編集で面白いのや、悪意のある編集だったりとかを見ているのが役に立ってた。

sam_70後藤さんテレビ好きですもんね。結構テレビの話してますもんね。

後藤アイコン_70テレビ大好きなので。

だからどういう撮り方をしているから面白いとかっていうのは、無意識で。

「多分これ寄っているカットだと面白くないんだろうな」とか、すべてに意味があるって、僕は音楽やる前から思うことがあって。

編集でもこれはどういう意味で、「なんでこのカットが入っているのかな」とか、「このセリフがあるから」とか、そういうのが結構活きている気はするかな。

だから劇伴をするたびに、ドラマの劇伴をやりたいって思ったことってほぼなく、今やっているので、なんか研究していたわけでもない。

sam_70不思議ですね。

後藤アイコン_70イタリアとかフランスとか、60年代70年代の映画のサントラとか、そういうの好きで結構聴いてたけども、でもサントラ聴いてるけど映画は見てないみたいなやつとかもあったりとか。

そこのノウハウっていうかそこで聴いてたものはあんまり活かされてないかなあ。

やっぱりテレビ見てて、漫才、コントを見てたときのほうが、それのほうが仕事には活きているかな。

※メモ

・劇伴の仕事というのは、脚本や演出を理解すること
間合いなど、映像の事を理解しておく、というのが大事なんですねー。

お気に入りのシーン

後藤アイコン_70ちなみに、自分の音楽が流れている中でどのシーンがお気に入り?

sam_707話ですかね。折り鶴。あそこは普通の劇伴みたいな感じで長めに音楽作っているじゃないですか。

後藤アイコン_70まあいわゆる普通の人がサウンドトラックっていうとああいうイメージ。あそこのシーンは一番劇伴っぽいところだね。

sam_70そこは結構気に入ってますね。

後藤アイコン_70あれってどれぐらいの期間で作ったの?あそこの曲って。

2分ぐらい?ちょっと長めに作ってるもんね。

sam_70はい、長いですよね。演出的にブレがある感じじゃなかったので作りやすかったです。

1、2日で作りましたね。

後藤アイコン_70そうだね。あそこ想像めちゃくちゃしやすい。全8話の中でも1番2番に想像しやすい。

sam_70なので楽でした。

後藤アイコン_70それはわかる。なんか迷っている感じはないなと。

他の曲はもう途中から、僕がこういう曲を書いて、っていうのを指示待ちみたいな感じなっていったもんね、だんだん。

やっぱり難しくって当然やなと思ったし。

昨日の自分を越えていかないといけないっていう。常に

brick-wall

後藤アイコン_70どの話が一番大変やった?

sam_70やっぱり1話が一番印象には残っていますね。

あとの話は使い回しが多くなってきたんで、1話ごとに1曲、2曲を集中して力を注げばいいっていう感じでしたけど、最初はもう大変で…

後藤アイコン_70そうやな、最後のほうの6話とか7話とかはほとんど作らなくて。6話はいくつか書いたけど。

sam_701話の曲を作る時、後藤さんから前の曲のダメ出しが返ってきて、次の曲を作る前にどんどん返ってきて(笑)

後藤アイコン_70もうね、申し訳ないぐらいダメ出し多かった(笑)たぶん僕やったらすぐキレてむかついていたと思うけど。

sam_70つらい(笑)

しかも言っていることがいまいち飲み込めない。そこがもどかしくて。

後藤アイコン_70伝え方が下手だったから…

sam_70いや、そんなことはないです。

文字数がすごいあって、すごい説明してくれているんですけど、飲み込めないっていうのがつらかったですね。

昨日の自分を越えていかないといけないっていう、常に。それがきつい。

後藤アイコン_70MAまでの2週間ぐらいで、劇伴のノウハウを詰め込まないといけないっていうのがあったよね。

僕も出し惜しみなく、とりあえず伝えられることっていうのは伝えていくっていうのはあるなと思ったから、だいぶ手の内を。

そのときに、なんの曲か覚えていないけど「あれよかった」って言ったら、こおろぎ君にボソっと「初めてほめられました」って言われた(笑)

sam_70なんでしたっけね、あれ(笑)あそこら辺からだんだんよくなってきたんですかね。

後藤アイコン_70「多分、この人は耐えていろいろやる人やな」と僕は思ったから、変にほめなくてもいいっていうか、ほめている暇があるなら、どんどんと色んなことを言っていこうと。

僕は何回かやってきてそれを自分の中で「こういうときはこう」っていう実感があるもんだけど、その言葉だけポンって渡されてもピンとこないっていうのもよくわかるし、それにのっとってやったとしても、本当の意味がわからずそうしてたと思う。

※メモ

とにかくつらかった…

自分で作品を作ってみるのが一番早い

後藤アイコン_70どう?劇伴の仕事を1作やってみて、劇伴をやりたいっていう人にどういうことをやっておいたら役に立つんじゃないかみたいなのある?

sam_70これは、自分で作品を作ってみるのが一番早いんじゃないかなと思っていて。

自分でドラマみたいなのを作って音つけるっていうのを、ニコニコかYouTubeかなんかに投稿したりして、1回そういうのを実際に自分でやってみたほうがいいなって。

じゃないと多分わかんないよなーとは思いました。やってみて。

サントラ聴いて真似しているだけじゃだめだと。

後藤アイコン_70そうやね。そういう曲を作るスキルは上がるけども、劇伴ってそういうことじゃないよね。

「この映像にはピアノのこういう曲が合いますよね」みたいな話を、映像の仕事あんまりやってない人と話をするとやっぱりあるんやけども、シーンに合っている合ってないではないよね。音楽のつけ方っていうのは。

誰目線の音楽なんだとか、何に対してとか、この曲をつけることにどういう意味がつくのかとか。そこだけじゃなくて、前後がどうなっているかとか、っていうところがあるんだよね。

僕はさっきの漫才みたいなことと、あと一つは、とにかくわかんないから自分で音をつけてみて、それを見てどういう感情になるかなっていうのはすごくその仕事の中で検証したかな。

今でも「この1音があったほうがいいのかないほうがいいのか」とか、「まだあったほうがこのセリフが」とか、「こういう曲だとこのセリフがたってくる」とかっていうのがあるから、それを見つけることとかはするかな。

僕はなんか、バカな感じというか、ちょっと変わった作品が多いから、いわゆる普通の恋愛ものだったりとか、探偵ものみたいなとかサスペンスは、そんなの全然なくて、笑える要素みたいなちょっと変わったものが多いので。

※メモ

実際に作ってみないとわからない事がめちゃくちゃあるんですよね。

関連リンク

【第一回】 テレビドラマ劇伴の仕事をもらうまでの流れ
【第二回】 テレビドラマ劇伴のスケジュールについて
【第三回】 「サントラを聴いているだけでは劇伴はできない」テレビドラマ劇伴のつくりかた

【第五回】 テレビドラマ劇伴のMA、監督の違い、音楽学校について

スキャット後藤さんプロフィール

後藤アイコン_150 

スキャット後藤

 
へなちょこ作曲家。京都市出身。かわいくてたのしくてちょっといじわるな音楽をつくってます。TV :「となりの関くんとるみちゃんの事象」「太鼓持ちの達人」「俺のダンディズム」「殺しの女王蜂」「A-Studio」「きらきらアフロ」Game :「シバ・カーリーの伝説」「POSSESSION MAGENTA」

■ツイッター @scatgoto
■Webサイト http://www.cutecool.jp/

 
スポンサーリンク  

関連記事

【音楽の本】Tweet&Shout 〜 ニューインディペンデントの時代が始まる〜 読んだ感想とか色々

弟に「いい本だったよ」と言われてとりあえず買ってみたんです。 なんだか昔のロックみたい

記事を読む

曖昧になりがちな楽曲の買取契約についてこの際しっかり勉強しておきたい

  今回は作曲家と発注者の間で交わされる契約の1つ「楽曲の買取」について。 特にインスト

記事を読む

2015年12月の収益報告 収入73.1万円 半年平均32.4万円 ブログ12.3万PV 初コンシューマーゲーム

関東は雪が降らないですね。そもそもあまり寒くない。 収益合計 73.1万円 依頼

記事を読む

2016年10月のまとめ 収入19.1万円 半年平均34万円 モルモットがかわいすぎる

モルモットがかわいすぎることに気がついたのでぬいぐるみを買いました。いい感じなのがなかっ

記事を読む

2013年5月の音楽でメシ報告

6月ですね。梅雨に入っちゃいましたね。僕は外出ほとんどしないので関係ないというかむしろ好きです雨。

記事を読む

Comment

  1. kohrogi より:

    ご指摘ありがとうございます。変更しました。

  2. mar より:

    この写真はこおろぎさん本人とスキャット後藤さんですか?
    もし違うのなら使わないほうがいいと思います
    これがこおろぎさんだと勘違いする人もいると思います
    写真ではなくイラストにするとか他のやり方もあると思います

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑