【第三回】 「サントラを聴いているだけでは劇伴はできない」テレビドラマ劇伴のつくりかた 【スキャット後藤、こおろぎ対談】

公開日: : 最終更新日:2015/10/19 音楽でメシ , ,

スポンサーリンク  

 

【第三回】 「サントラを聴いているだけでは劇伴はできない」テレビドラマ劇伴のつくりかた 【スキャット後藤、こおろぎ対談】bsAME_3J0A2466

第二回に続き、スキャット後藤、こおろぎ対談、第三回です。

今回は「劇伴の音楽を作る時に考えること、実際の作り方」についてのお話です。

アニメと実写の劇伴は違う

後藤アイコン_70
まず、日常の普通のシーンで流れる曲を作らないと、と思って。

最初に作ったやつはマンガチックというか、カチカチな感じで、実写の雰囲気をちょっと壊してしまう感じで。

結局、最初にいろいろ作ったやつがほぼボツやったね。

sam_70そうですね(笑)

後藤アイコン_70そういうことがあって、今聴くと曲として、劇伴としてどうかな?っていうのがわかる気がするんじゃないかなと。

sam_70それはすごくわかります、自分で。

後藤アイコン_70実写に音をつけるっていうところってきっと難しいやろなと僕は思って。

特にゲームの音楽とかやっている人だと、アニメのほうがやりやすいんじゃないかな、

sam_70アニメと実写の音のつけ方って違いますよね。

※メモ

・アニメと実写に合う音は違う

実写のほうが映像の情報量が多いことと、会話や演出のテンポが違うこと。アニメは装飾、デフォルメが多いので、音楽もそういったものが合うということがあると思います。

監督の狙いを想像する

鍵盤ハーモニカ

後藤アイコン_70で、1回聴かせたら、ちょっとふざけすぎというか、ゆるすぎ、ってきたよね、監督から。

関くんの隣の、横井さんが真面目なので、もうちょっと真面目なほうがいいかなって言って、じゃあピアノかな、みたいな話をしたのかな。

で、ピアノの、「ちゃら ららん…」関くんと言えばあの曲。

sam_70はい、やたら使いましたね(笑)

後藤アイコン_70で、ピアノを作ったんやけども、たぶん真面目すぎたのかな。「メロディーをピアニカにしたらどうかな」みたいな提案が監督からあって。

sam_70はい。そこら辺がMAの1週間前だったような気がします。(5日前でした)

後藤アイコン_70そんな直前やったっけ?

sam_70そんな直前でした(笑)

後藤アイコン_70でもピアニカ吹いてきたの早かったよね?

sam_701日中、朝起きて寝るまでピアニカ吹いて仕上げました、その日は。

後藤アイコン_70そのときに、メロディーをリコーダーにしたバージョンも作ってほしいって僕は多分お願いをしたと思うんだけど。

監督のイメージの中ではピアニカって思ってるんだけども、それが音楽的に正解かどうかわからないのと、「ピアニカって頼むってことは、こういう狙いのものがほしいんやろな」って僕の中で想像があって、それを落とし込むというか、こういうのもあったほうがいいんじゃないかっていうバリエーションかな。

監督の注文どおりメロディーだけをピアニカにするってことは、ピアノが残るっていうこと。

ピアノが残ると、ピアノって正装している感じというか、正しい感じがあるので、せっかくのピアニカが本当にゆるくならないから、ピアノないほうがいいんじゃないかと思って。

結局、やっぱりピアノがない、ピアニカだけのやつをよく使ったよね。

sam_70相手の狙いを想像する能力が必要ということですね。

後藤アイコン_70そう、仕事ではね。

今回の場合のように、打ち合わせをちゃんとしてなくって初めての監督で、どういうところを狙っているのかわからないときには、「ちょっと激しくする」とか、「ちょっと優しくする」みたいな、中間のデモを作って相手に想像させて「こっちがいい」っていう意見をもらう。

これは極端によっていると作り直さないといけなかったりするから、そのデモを出すときも僕はCMとかでも、提案というか、質問事項を音楽の中に入れておくの。

sam_70ああ、音楽の中に入れるんですね。

後藤アイコン_70あとは「これを出したときにこういう返しがくるやろうな」という想像で、何か違うものを準備してたりとか、そういうことはやるかな。

※メモ

・相手の狙いを想像する能力が必要
・音楽の中に質問事項を入れておく

どの仕事もそうですが、相手の言葉と、本当に欲しい音が違っている場合があるんですよね。

「中間のデモ」という話がありましたが、後藤さんは1度作ったものが完全にボツにならないように、どういう注文がきても対応できるような素材を作っていくそうです。

そうやって、作業の手間を減らして効率をあげていくと。

10分ものはつながった映像を見ないと作りづらい

domino-665547_640

後藤アイコン_701話、ドミノの話のとき、あれはどこが一番難しかった?

sam_70ドミノの倒れ始めたところからです。

後藤アイコン_70CM明けの最後の、花火のところまでってこと?あれ苦労した?

sam_70あそこはものすごーく苦労しました。

後藤アイコン_70結局、映像を見て作ることが多かった?

sam_70多かったですねー

後藤アイコン_70劇伴でも、1時間ものと違ってこういう10分ものって、曲がころころ変わるのと、特殊な演出があって、つながった映像を見ないと書けないところがあって。特にコメディものは。

ドミノは事前に用意をしておいて、曲をそこにあてるやり方ももちろんあったとは思うけど。

そういう曲だと、1分半ぐらいの中で感情の変化だったりとか仕掛けの変化によって曲の展開を変えるって難しいと思うの、多分。

事前に用意するものだと「Aメロ、Bメロ、サビ」みたいな流れの曲がどうしてもついてしまって、あんまりグッとこない。

テレビの放送を見ると、あそこのシーンの音楽が小っちゃかったからそれほど効果的にならなかったのが残念やけども。

あれも結局何回か、「メリハリがないからもうちょっと展開作って」とか、いろいろ指示したよね。

sam_70あそこでだいぶ鍛えらえれた感じがします…(笑)

後藤アイコン_70大きく修正してもらわないといけないと思って、デモが送られてきてすぐ聴いて、映像にはめて見てみて。

普通は「こういうふうにしてくれ」って文章に書いて説明するんやけども、もう実際にやったれと思って(笑)

それで僕はこおろぎ君の曲をもとに肉付けをしていったんやね。「こういうふうにメリハリをつけてくねん」っていうのを。

sam_70そうやって実際映像についた音が返ってきて。

後藤アイコン_70そうそう。

ドミノが一瞬途切れて、ボタっと下に落ちて「あっ」ていうところの緩急だったりとかをメールで書くと、「うわ、めちゃくちゃ大変な作業」って思うやろなと思ったから、「これぐらい簡単に効果的なことができる」っていうのを身をもって示すってことをやってみようと思って。

メールが送られてきて30分後とか、結構短い時間で送ったもんね、あれ。

sam_70そうですね。「早すぎる!?」と思って(笑)

後藤アイコン_70結局、僕が肉付けして編集したものがテレビで流れて。若干修正というか調整はしたけども。

やっぱり劇伴が初めてっていうのがあったから、しかも僕がお願いしているっていうのがあったから、1話のMAが終わるまでドキドキで、曲が合うのかな?大丈夫なのかな?とか。

事前に細かい監督チェックとかしてなかったから、MAで始めて見るような状態で音楽持っていったから。

2話、3話を1週間後に控えていたし、しかも2話、3話って台本見るとすごかったからこれは大変だぞと。

1話は最悪MAの1日2日前に突貫で僕が入って、っていうことをちょっと考えていたけど。まあ1話はちょろちょろっと僕の曲が流れているくらいにできて。

っていうのがね、まだそんなにたってないけど、えらい昔の話で(笑)

sam_70そうですね。凝縮した時間を過ごしました…

※メモ

・1時間ものと10分ものの劇伴の作り方は違う

短いドラマだと展開が早いので、映像に合わせたり、編集をしやすくしておく必要があります。

1時間ものは1つの展開の尺が長いので、ざっくりと変化をつけていけば、大体合うみたいですが。

僕が作った曲を後藤さんが肉付けと編集をして、1話のドミノシーンは共作という形になりました。

「緊張感を持続させたまま曲を展開させていく」というのも、この仕事をやっている間ずっと課題でした。

自分でメリハリがつけられなくて、ほんと悔しかったです。

微妙なニュアンスの曲が一番難しい

bsN912_atamawokakimushiru
sam_70後藤さんが仮で曲つけてくれたじゃないですか。映像に。

緊張したシーンに明るい曲がつけられてても「あ、こういう演出で正解なのかな?」って思って、明るく作っちゃって「それ違う」みたいな(笑)

後藤アイコン_70そうね、ドンピシャなものをはめてたわけじゃないから。

sam_70やっぱり「このシーンはどの曲をつけるのか」みたいなところが難しいです。

後藤アイコン_70僕は一通り仕事をしてみて、空白の作り方が難しかったんじゃないかなっていう。盛り上げ方というか、すぐ繰り返さないで、とか、譜割りを変えて、みたいなのも。

sam_70はい。空白の作り方は難しかったですね。

あと、感情の変化に対して音をつけるっていうのは今まであまりなかったので、その難しさと、さらにそこから展開していく難しさと、展開せずに音は変化させる難しさとか、いろんな難しさがあって。

後藤アイコン_70あ、そうだね。みんな曲つけるのにやりやすいのって、話が進行していく感じ、例えば「甲子園に向かって頑張るぞ、おー」って言った瞬間から、頑張る感じの曲がだーんと流れて、練習風景がばんばんと出てきて、で、曲が鳴り終わったら地方大会の当日みたいな画のところで音楽が切れる、みたいな、

そういう長いところの、話がどんどん進んでいって映像がバババと変わっていくようなところはみんな作れるけども、なんでもない話のときに無音だと成立しないけど、とか、悲しいでもそこまで深刻ではなくて、ちょっとしんみりするぐらいの音楽が難しい。

sam_70微妙なニュアンスが。

後藤アイコン_70そういう微妙なニュアンスのところっていうのは、一緒に仕事する人はみんな悩むかな。

僕は一緒にいろんな人と仕事をしてて、J-Popを作っている人にお願いすると、バラードでの「メロディーに対してどうすると泣けるか」っていうコードのつけ方はすごく研究しているからうまいんやけども、そこまでいってほしくないときっていうのはあるわけで、そうなったときのコードのつけ方っていうのはすごく苦手やねんな。

そんな感じはしたかな。そこまでいかなくていいのに、って。

sam_70そうですよね、歌モノを作っていると、どうやって展開させてグッとこさせるか、ということばっかり考えて、微妙な気持ちのときの音楽なんか作らないので。そこは難しかったです。

後藤アイコン_70そういうのはあるね。同じメロディーでもコードのつけ方で印象が違ったりとか。

なんか悲しいでもいろんな段階を自分で設定して使いわけて1回作ってみるとか。なんかお気に入りにグラスを割っちゃったぐらいの悲しい感じとか。

sam_70そうですね。感情に紐づけてやるといいですよね。

後藤アイコン_70誰か親しい人が亡くなったとか、悲しいでも全然違うわけで。帰ってきたら洗濯物が濡れていた悲しみとか。

sam_70何種類も悲しみがあって。

後藤アイコン_70そうそう、悲しみの度合いっていうのを使い分けれるようになったりすると面白いかな。

あとは、その場で足踏みをするぐらいの曲と、タッタッタって気分よく歩いて行く、話が進んでいく感じの2種類をちゃんと使い分けるとか。ベースの音を入れると途端に話が進んじゃう。

そういうときってあんまりベースを入れないほうがいいとか、感情入れないようにウワモノを、とか、あと僕が意識するのはリズムで押すのか、ここはメロディーがあったほうがいけるとかっていうのはすごく感じるかな。

メロディーが入っていると話が追いやすくなるものって結構あって、そういうこととか考えるかな。

※メモ

・うまく空白を作る
・繰り返さない、譜割りを変える作り方
・感情の変化に対して音をつける作り方
・感情の度合いを使い分けられるようにする
・その場で足踏みをするぐらいの曲と、話が進んでいく感じの2種類を使い分ける
・メロディーが入っていると話が追いやすくなる

具体的な音楽作り方の話ですね。歌モノやゲームだとやらない作りかたが多かった。

空白を作るのは特に難しくて、どうしても音を詰めすぎてしまって。

うまく空白を作ってやると、セリフの呼吸に合ったり、カブらなかったり、編集しやすい曲になるんですよね。

あとは、前後の流れを考えて作る、というのも。考えること多すぎないですか…

サントラを聴いているだけでは劇伴はできない

picjumbo

後藤アイコン_70関くんの仕事をしながらよく話していたのが、いわゆる「サントラ」、サウンドトラックの話。

劇伴をやりたい人が「こういうの作りたい」っていうのって、映画でも1時間半とか2時間あるうちのすごく一番いいシーン、ドラマの一番いいシーンの音楽のイメージしかないのね。

何気ない会話のときの曲、関くんで言うと最初の、「関くんが隣の席でいろいろ変なことをしてる」みたいなところにつくような曲って、ちょっと作り方が違うわけよ。

僕は何回もこおろぎ君の曲が上がってきたのを聴いて、音数が多すぎるとか、間合いがなさすぎるっていうのを何回も言ってたけども。

sam_70「呼吸が」っていう。

後藤アイコン_70そう。映像の雰囲気を壊しちゃうというか。どうしてもみんなそうなっちゃうみたいで。

ピアノで1音、鳴っているだけでも、映像につくとそれで十分っていうか意味がちゃんと出る。緊張感が出たりとか、悲しい雰囲気になったり、ってなるわけで。

だけどみんなピアノの曲っていうと、感情の入った抒情的な曲を作る。それをすると台無しになっちゃうっていう。

sam_70CDでしか聴かなかったりするんで、どの場面についているかがわかってなかったり。

後藤アイコン_70そうだね。CDなんか、曲として成立しているようなものばっかりだから。こういう短編の短いものってあんまりそういう曲がつくシーンがないよね。

※メモ

音と映像と合わせて1つの作品になるよう、音楽が語りすぎないよう、
映像やセリフとの呼吸と合うように作るのが劇伴。

サントラだけで聴いてると、音楽だけで成り立ってる、かっこいいものに耳がいってしまう。
映像込みで音楽を聴かないと劇伴の参考にはならない。

関連リンク

【第一回】 テレビドラマ劇伴の仕事をもらうまでの流れ
【第二回】 テレビドラマ劇伴のスケジュールについて

【第四回】 「漫才、コント、テレビを見てきたことが活きている」テレビドラマ劇伴の上達方法
【第五回】 テレビドラマ劇伴のMA、監督の違い、音楽学校について

スキャット後藤さんプロフィール

後藤アイコン_150 

スキャット後藤

 

へなちょこ作曲家。京都市出身。かわいくてたのしくてちょっといじわるな音楽をつくってます。TV :「となりの関くんとるみちゃんの事象」「太鼓持ちの達人」「俺のダンディズム」「殺しの女王蜂」「A-Studio」「きらきらアフロ」Game :「シバ・カーリーの伝説」「POSSESSION MAGENTA」

■ツイッター @scatgoto
■Webサイト http://www.cutecool.jp/

 
スポンサーリンク  

関連記事

【第四回】 「漫才、コント、テレビを見てきたことが活きている」テレビドラマ劇伴の上達方法 【スキャット後藤、こおろぎ対談】

第三回に続き、スキャット後藤、こおろぎ対談、第四回です。 今回は「音楽プロデューサーとしてのス

記事を読む

2013年1月の収入状況ご報告

1月冒頭に「音楽でメシが食えるか?やってみます。」という恥ずかしいブログを書いてしまったので、ちょく

記事を読む

2014年11月の収益報告 収入13.4万円 平均11.1万円 ブログ月間10.5万PV PVが1段階上がった。

  月末は弟の結婚式で熊本に行ってきました。阿蘇山が噴火しちゃいましたが、飛行機はなんとか

記事を読む

2016年8月のまとめ 収入 30.3万円 半年平均 30.7 万円 新たな戦いかたを考える

実家に帰省したんですけど、台風の影響で滞在期間が延びて1週間くらいお休みしてました。

記事を読む

2014年9月の収益報告 収入8.3万円 平均10.4万円 ブログ月間7万PV

秋ですね。 収益合計8.3万円 依頼 1.3万円 + アフィリエイト+オーデ

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑