ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい【第四回】実際に曲を作ってみる

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 テクニック ,

スポンサーリンク  

 

ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい【第四回】実際に曲を作ってみるSoundcheck 3 - Random Moving Saxes (with a trumpet)

「ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい」

【第一回】ざっくりと全体を把握する
【第二回】使用されている楽器の事を知る
【第三回】楽譜を分析してみる

今回は最後「【第四回】実際に曲を作ってみる」です。

作曲、編曲、打ち込みまでやります。

目次

■テーマはクリスマス!
■ピアノスケッチ
■ホーンセクションを想定したヴォイシング
■前半をきっちりアレンジ
■完成
■各パートについて
・ホーンセクション
・ピアノ
・ベース
・ドラム
・ギター

テーマはクリスマス!

christmas849x565

作るからにはBGMとして使ってもらう事を前提に作っていきたいと思います。

ビッグバンドが使われるシチュエーションってクリスマスとカジノの場面しか思いつきませんでした。

というわけで、クリスマスっぽい曲を作っていきますね。店内で流すような、明るくて華やかな感じを目指します。

ピアノスケッチ

Worms piano

本当はセクションとしてまとまっている音色を使いたいところですが、なんと、うちのホーン音源は和音を発音させるのが難しいので、最初にピアノだけのスケッチを作ってから、全部できた後でホーンの音色に差し替えていきます。

まずはざっくりと構成を作ってみました。

テーマ1 – テーマ2 – テーマ3 -(ソロ)- テーマ1 – テーマ2 – テーマ1 – テーマ1′

という簡単な構成です。

ドラムはとりあえずチーチッキチーチッキ…で鳴らしておきます。この段階でホーンアレンジを想定してリズムとハーモニーをつけておくと楽そうなので、そうしてみました。

また、キーもよく楽器が鳴る音域を意識したいですね。一番盛り上がる所で低いメロディラインにならないように、など。

イントロのテーマ1はベースラインを固定して上の和音を変化させるパターン。

テーマ2は単音のメロディにバッキングが絡むパターン。

テーマ3はソリにしてみました。

ソロはこの段階では入ってなかったのですが、後で足しました。

この段階でめちゃめちゃ時間かかってます。キーをあわせるのと、ソリのハーモナイズが難しかった…

ホーンセクションを想定したヴォイシング

さらにブラスアレンジをピアノだけで詰めていきます。

横の繋がりを考えながら、実際にどの音がどのパートに振り分けられるのかを考えながらヴォイシングしていきます。

まずは1コーラス目だけ。ハーモニーやリズムもブラスっぽく直してます。

ブラスのシミュレートなのでピアノではありえない弾き方になってますね。これは最初の派手な所なので、上から下まで音域をフルに使ってます。

前半をきっちりアレンジ

ここまで出来た所でテーマ1 – テーマ2 – テーマ3まで、ピアノをホーンセクション、ベースに割り当てました。

テーマ1、ここは最初なので全員参加で盛り上げています。

トランペット、サックスの下にトロンボーンが入って支える感じ。
クリスマス_2_ブラスシミュレート

テーマ2はサックスの主旋律とトロンボーンのバッキング。メロディの上にバッキングを載せない、というルールを守ります。主メロの裏で半音ずつ上がっていくトロンボーンのメロディがこだわりポイント。このスクショはベースが入ってません。
Horn_1

テーマ3のサックスソリ、後半にトランペットが入ってきて盛り上げます。全パートのスクショです。

Horn_2

チューブラーベル、鈴、スナップ、主メロにビブラフォンを入れてクリスマス感を足してます。

各パートをバラバラに打ち込んでいるんですが、いまいち打ち込みっぽいですね。フルを作ったあとで音色などを研究することにします。

すでにめっちゃ時間かかって心が折れそうです。

完成

さらにすすめて、こちらが完成したものになります。

心が折れたので2コーラス目はほとんどコピペになっております。許して。

物足りないのでソロを足したんですが、サックスやトランペットだと打ち込みくさくなっちゃうよなーと思ってピアノソロにしました。

エフェクトはなるべくナチュラルに。マスターにテープシミュレータのNomad FactoryのMAGNETIC II を挿して雰囲気を出してます。

Magnetic2

恥ずかしいですがMIDIデータも配布してみますね。参考になれば嬉しいです。

・ダウンロード | Christmas tree MIDI

各パートについて

打ち込みにおいての音作り、フレージング、使用音源など。

ホーンセクション

Blow that horn.

・♭キーにしよう
・音色を頻繁に切り替えてメリハリを出す
・音量のオートメーションを書く
・特殊奏法を織り交ぜたい

音域がうまくハマらなくて、キーをいじくりながら思ったのですが、キーでサンプルの鳴り自体が結構違う。
得意とされている♭キーのほうがリッチな響きになるような気がします。

キースイッチで音色を頻繁に切り替えたほうがメリハリがついていいですね。やさしめのレガート、最初が強いレガート、スタッカートなど、メロディ、場面に合わせて。

もちろんベロシティ、ヒューマナイズでの表情付けも大事。

特に伸ばす場面ではオートメーションを書いて表情をつけたほうがよいですね。今回の曲ではやりませんでした。反省。

あと、今回は奏法を全然使わなかったんですが、サンプルのフォール等を入れるだけでもかなり生っぽさが増します。

音源 | Chris Hein Horns 2

音はかなり気に入ってるんですが、常にレガートになってしまうので、ほとんど単音でしか鳴らせません。

また、クレッシェンドの使い勝手が悪く、トロンボーンのクレッシェンドはノイズみたいなものが入っていて使えません。

Chris Hein Horns Compactなら、ミュートもあるのでこちらのほうがいいのかもしれない。

これを買うならもう少し新しい音源のほうが良さそうです。

ピアノ

the pianist and the little kid

今回はホーンを補強する形で、ちょっとだけしか入ってません。

ソロを入れちゃっておりますが、頭のなかで考えたフレーズをそのまま打ち込んでいます。ホーンセクションと違い、ほぼ単音なので楽ですね。

音源 | Ivory II

大定番。柔らかくて表情がある音です。

普通に使うとメモリ使用量がすごいので、設定で反響などを削って軽くして使ってます。

ベース

Paul is Upright Citizen

・ピアノロールに音を並べていくより鍵盤で弾きながら音を探ると早い

ウォーキング+コードトーンということで間を埋めるように音をマウスで置いていけばそれっぽくなるかなと思いきや、案外なりません。鍵盤で弾きながらのほうがラインが浮かびますね。僕がベーシストだから、というのもあるのかも。

とにかくウォーキングラインさえ組み立てられるようになれば大丈夫でしょう。

音源 | Kontakt factory library 

スクリーンショット_2015-01-27_22.10.21_012715_101107_PM

Native Instruments のサンプラー「Kontakt」の標準ライブラリーのものです。Upright Bassという音色。

やはり打ち込みだとどうしても偽物っぽくなりますね。

Lightwave のフレットレスベースを持っているので、割とアコースティックなベース音を録音できるのですが、今回は気力がなくて諦めました。

ドラム

taye drums 8

・スネアは木製のものがよさそう
・フィルは全部変える
・リムショットを使うとかっこいい

キットの点数は少なく、シンプルに。木製のスネアの音のほうがビッグバンドっぽいですね。

ちょっと調べたのですが、やはり、ジャズはメイプルやバーチあたりの素材のものを使うようです。

・ドラム自習室 スネアのシェル 材質の違い

フィルインや、ゴーストノートはコピペしないで毎回変えたほうがいいですね。

オープンリムショットを要所で入れるとカッコイイですね。音源に入っているはずなので使いましょう。あと、キックの使いドコロが難しいのですが、色々なものを聴いて覚えるしかないのかな。

音源 | Superior Drummer 2.0

ジャズ用ではなく、通常のキットです。どんな曲にでも対応出来るので愛用しています。

ギター

Aria TA 80

ギターは入れるの忘れて…いや、セミアコの音色がないので…この曲には入っておりませんが、ハムバッキングのギター音源で、設定を詰めればなかなかいいトーンにはなるのではないでしょうか。

ひたすらジャズのコンピングしてくれるギター音源ないのかな。

おしまい

四回に渡るビッグバンド特集、いかがでしたか?

四回目はざっくりした説明になってしまいましたが、曲の作り方等で知りたい事があったらコメントで質問してください。

あと、僕のセオリーとして「未知のジャンルは2回作ると、2回目のクオリティがグッと上がる」というのがあります。こおろぎ先生の次回作にご期待ください!

実は、仕事でビッグバンドの楽曲をいくつか作る事になりまして、調べているうちにきちんと勉強してみようという考えになり、この記事を書いてみました。

早速書き下ろしたビッグバンドの楽曲を使用してもらってます。このスマホアプリのミニゲーム「ぷちドラソリティア」というコーナーです。カジノを想定した曲になってます。頑張ったので聴いてあげてください。他にもメインテーマをはじめ、7割くらいは僕の曲です。

あ、これ全然広告記事ではないですからね。それっぽくシメちゃいましたけど。

ではでは。

 
スポンサーリンク  

関連記事

sax_400

ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい【第二回】使用されている楽器の事を知る

「ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい」前回は「【第一回】ざっくりと全体

記事を読む

Hamburger_sam

ハンバーガーでよくわかる コード構成音それぞれの役割

音楽で使われるコード(和声)を構成する音にはそれぞれ役割があります。 構成音の役割がハ

記事を読む

UTAU_sam

StudioOneで簡単にUTAUをフェイクさせた歌いまわしにする方法

今回はUTAUをフェイクさせた歌いまわしにする方法について。 フェイクとは、本来のメロディから

記事を読む

violinist-154219_640

オーケストラ編成の基本を知ってリアリティを出そう | オーケストラ打ち込みの技

  今回はオーケストラの編成について。 DTMではどの楽器の組み合わせも制限が無いん

記事を読む

ケーン

簡単!雅楽で使用される管楽器『笙』の打ち込み方法まとめ

打ち込みでの再現度 ☆ 簡単 サンプルさえあればかなり本物っぽくできます。

記事を読む

Comment

  1. MickyUnitSeven より:

    ビッグバンドのアレンジをしようと思いこのサイトが見つかりました。音色が良いのでびっくりしました。現在MuseScoreと言うフリーソフトを使ってサノババンド(編成:ボーカル、フルート、ピアノ、ギター、ベース、パーカッション他)のアレンジをしています。
    打ち込みが出来ない(ソフトや機材も持っていない)ため、五線紙を使って楽譜を書いていますが、ビッグバンド用のフリーソフトがあれば教えていただければ幸甚です

  2.  ぽこた より:

    いつもサイト拝見しております。こおろぎさんが作った曲が私好みのものが多く、私も打ち込みまたやりたいなぁと思いました。(初心者ながらCubaseで趣味で既存の曲を打ち込んだりしてました。こおろぎさんのように自作のものも打ち込んでみたいなぁ、、、)
    私はコード(白玉)にメロディ ーをつけて弾く程度はできるのですが、こおろぎさんのように、ひとつのコード内でいくつかの声部を動かす事が出来ません。オーケスとレーションの本や和声も読んでみたりはしたのですが、なかなか理解できず、、、、この曲の上にフルートなどでキラキラした音つけたいななど思うのですが、音のチョイスが難しく、声部の動かし方や、音チョイスについてアドバイスがありましたら教えて下さい><

    • kohrogi より:

      曲を聴いていただきありがとうございます。

      「フルートでキラキラ」であれば、トリル+駆け上がり+かけ下がりの組み合わせで、ヴァイオリンと合わせて後ろでうっすらと、伴奏的に鳴らすのが王道ですね。

      しっかりしたメロディで入れるのであれば、それこそ対位法を勉強したほうがいいのですが、あまり自作曲を作った事がないとの事ですので、深くは考えずに、とりあえず自分の頭で鳴っているキラキラした音を入れてみるとよいと思います。音がぶつかる所は適当に動かして、それで完成させてみる。

      あとは参考になる曲を探して真似してみる、その楽譜を読んでみる。理論の本も、数曲作ってから読んだほうがハラオチすることが多いです。

      とにかく、まずは完成させてみると、曲を作るのが楽しくなると思います。


  • フリーランス3年目の作・編曲家。映像やアプリのBGMを作ったり、編曲したり、ワインを飲んだりニコニコ動画で遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑