iLoud MTMにはインシュレーターが使えないからこれを敷こう!

DIY

2019年からモニタースピーカー IK Multimedia「iLoud MTM」を愛用しています。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥123,200 (2022/05/29 04:07:30時点 Amazon調べ-詳細)

自動音場補正が内臓されていたり、小型なのにレンジが広かったりと素晴らしいスピーカーです。

iLoud MTMには足がついていて、もともと設置面に振動が伝わりにくくなってはいるんですが、

下に敷くものを色々試してみたところ、サウンドがさらによくなるものを発見しました。

結論としては、

「iLoud MTM+DIYの板+AURALEX MoPAD」

iLoud MTMには足があり、外すと自立しにくいという特性上、点で支えるようなインシュレーターが使えないのですが、AURALEX MoPADであれば足を面で支えることができます。

MoPADのみだとフワフワして不安定なのですが、そこに自作の板を挟むことで安定します。

デスクの響きが収まり、シャープでドライな音像に。iLoud MTM愛用者はぜひ試してみてほしいです。

他の素材や組み合わせの感想まとめ

他の素材や組み合わせの感想も含めてまとめました。

・黒御影石 ★☆☆☆☆
・黒御影石+audio-technica AT6099 ★★★☆☆
・AURALEX MoPAD ★★★★☆
・AURALEX MoPAD+黒御影石 ★☆☆☆☆
・AURALEX MoPAD+黒御影石+AT6099 ★☆☆☆☆
・AURALEX MoPAD+DIYの板 ★★★★★

黒御影石 ★☆☆☆☆

フリマアプリで購入した黒御影石。

サイズは

幅18cm 奥行き22cm 厚み3cm
重量4kg

見た目が完全にスピーカーのお墓。

ややデスクの響きはなくなったけれど、低音がだらしなく聴こえる。シャープさはない。

リスニング的な気持ちよさが減って、モニター的にも改善していない。

黒御影石+audio-technica AT6099 ★★★☆☆

黒御影石の下にaudio-technica インシュレーター AT6099を設置。

一旦平らにしてからインシュレーターを挟む作戦。

少しサウンドのシャープさが増した。後述のMoPADと比較するとウェットでリスニング向きな印象。

AURALEX MoPAD ★★★★☆

振動がデスクに全く伝わらなくなり、デスクの鳴りがなくなります。

低音のダブつきがなくなり、音像がシャープに。

しかし、iLoud MTMだとスピーカーの接地面がフワフワするので不安定。

AURALEX MoPAD+黒御影石 ★☆☆☆☆

AURALEX MoPADの下に黒御影石。

MoPADのみからほとんど変化なし。すでにMoPADが全ての振動を吸っている印象。

AURALEX MoPAD+黒御影石+audio-technica AT6099 ★☆☆☆☆

これもMoPADのみからほとんど変化なし。

AURALEX MoPAD+DIYの板 ★★★★★

100円均一で購入した桐の板を切ってiLoud MTMとMoPADの間に挟みました。

MoPADのグラグラ感がなくなり、サウンドにも悪い変化はなし。

塗装は水性ウレタンニス つや消しブラック。

これは臭いが少なくてよかった。

塗膜が薄いほうがいいと思い、木材に染み込むニスで。
2回塗ったけど、1回でよかったかも。

・1回目

サウンドに影響がないことがわかったので、あとでもっと遊んだ色にしようかな。オレンジとか紫とか。

今回は最高に軽い桐で作っているので、もっと重い木材を試してみてもいいけど、これまでの感じからしてほとんど影響がなさそう。

おわりに

iLoud MTMの下に敷くものはほとんど選択肢がないのですが、

MoPADだと安価で効果が大きいので、とりあえずこの選択は悪くないと思います。

フローティングボードもいつか試したい。

ではまた。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥123,200 (2022/05/29 04:07:30時点 Amazon調べ-詳細)

動画