Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります

公開日: : 最終更新日:2017/05/19 ソフトウェア音源 ,

スポンサーリンク  

 

Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります

ラカさんがこんな事を言っていたので、何としてでもStudio Oneに乗り換えてもらえるように書いてみました。

CubaseよりStudio Oneのほうが好きだ

cubase_to_Studio_one_008
7、8年くらい使っていたCubaseから、3年くらい前にStudio Oneに乗り換えたんですが、Studio OneのMIDI機能に不満が溜まり、アップデートして再度Cubaseを使うことにしました。

Studio One2.6.5とCubase Pro 8.0.5、共に最新のバージョン(4/6現在)です。

両方のDAWで並行して曲を作っていて思ったんですが、最新のCubaseがめちゃくちゃ使いづらい。

Cubaseは、ファイルや操作の互換性を保つため、いらない機能を削れないまま新しい機能を盛り込んでいるので、どんどん複雑になってきている印象です。

一方StudioOneは、元Cubaseのエンジニアが作ったという経緯もあって、Cubaseの不便な所が積極的に解消されています。バージョンも新しいので、余計な機能もない。

そのため、Studio Oneのシンプルさ、使いやすさが際立っているのを感じます。

というわけで、今回はCubaseに比べてStudio Oneの良い所を書いていきます。

乗り換えようと思っている方は参考にしてください。むしろ乗り換える気がなくても乗り換えたくなるように書いていきます。

CubaseよりもStudio Oneの良い所

【目次】

✓早く操作できる
✓落ちづらい
✓プロジェクト管理が楽
✓フリーズ機能、瞬時にMIDIからオーディオへ書き出せる機能が便利
✓マスタリング機能、その他
✓StudioOneよりもCubaseのほうがいい所

早く操作できる

Studio Oneは曲を早く作りたい人に優しい。

Studio Oneでインストゥルメントの読み込み、エフェクトの読み込み、オーディオの読み込みをした所。

右側からインストゥルメント、エフェクト、音声ファイルを選んで何もない所にドラッグするだけです。新しいウィンドウやメニューを開いたりすることなく行えます。

これをCubaseでやろうとすると、インストゥルメントだけでもこんな感じ。

何クリックかかってるんだっていう。これだけでなく、それぞれの動作にクリックが余計にかかるんですよ。

ショートカットの設定をすればいいって言われますけど、そんなにたくさん覚えられないです(逆ギレ

DAWを開いたところですでに差がついてるんですよね。

Studio Oneのメインのウィンドウは、ボリューム、パンなどに加えて、インサート、センドエフェクト、インストゥルメント、エフェクト、プールやすべてのフォルダからの音声読み込み、さらにオーディオの書き出しまで一つの画面内であれこれできます。

cubase_to_Studio_one_005

ミキサーウィンドウも折りたたんでいるメニューがなく、スッキリとしています。

cubase_to_Studio_one_007

こちらがCubaseのプロジェクトウィンドウです。ボリュームやパンなど、この画面だけだと少ししかいじれません。

cubase_to_Studio_one_004

ミキサーウィンドウもメニューが全部折りたたまれているので、ルーティングやセンド、エフェクトが遠い。

cubase_to_Studio_one_009

左側のメニューを開くのも、チャンネル設定ウィンドウを開くのにも1手かかってしまいます。何をするにも目的に辿り着くまでが遠いです。

たかが1クリックのように思えますが、何度も繰り返される動作となると、少しづつ時間的な差がついてきます。

落ちづらい

Studio Oneはパソコンのスペックが低い人に優しい。

落ちる、クラッシュすることがCubaseに比べて少ないです。

また、インストゥルメントやエフェクト毎にどのくらいCPUを使用しているか、というのも見れるので、負荷が大きい物がすぐわかります。

cubase_to_Studio_one_006

ただ、Cubaseのほうがエフェクトを多く使ってもCPU使用率は上がらない気がします。

プロジェクト管理が楽

Studio Oneは多くの曲を並行して作っている人に優しい。

作りかけの曲はピンをしていればわかりやすいし、一度に表示される曲数が多い。

cubase_to_Studio_one_003

Studio Oneはプロジェクトを作ったら自動的にプロジェクトのファイルをまとめたフォルダを作ってくれます。曲名もDAWを開いたまま変えられます。

Cubaseは曲を開いたまま曲名を変えることができないんですけど、これの何が悪いかというと、後で変えればいいや、と思っててそのままになってしまい、長い時間が経った後でそのプロジェクトを探そうとするとみつけられなくて苦労する所なんですよね。

また、Cubaseはプロジェクトフォルダを作る場所をあらかじめ分けないと、複数の曲のオーディオファイルがごちゃまぜになってしまい危険です。

フリーズ機能、瞬時にMIDIからオーディオへ書き出せる機能が便利

Studio Oneはパソコンのスペックが低い人に優しい(2回目)

Studio Oneはフリーズさせたトラックをオーディオファイルのようにエディットできます。切り貼りはもちろん、Melodyneでのピッチ修正までできます。

フリーズ機能とは別に、MIDIをオーディオにしてDAW内に書き出せる機能もあります。

新規オーディオファイルを作成、のコマンドだけですぐ下のトラックに書き出したファイルを作ってくれます。さらに、この動画ではその音声ファイルをDAWの外に書き出してます。

ループを作った時や、シンバルロールなど、よく使う素材を書き出しておきたい時にめっちゃ早いです。

Cubaseだと、インストゥルメントのフリーズしかできず、フリーズさせた後は何もいじれない。

DAW内でオーディオにして読み込むのにも、ミックスダウンと同じ手順が必要です。

マスタリング機能、その他

✓マスタリングに強い

まずはマスタリング専用に買ってもいいかもしれません。マスタリング専用のプロジェクトがあったり、DDP書き出しに対応していたりします。

✓サンプルレートの違いを気にしなくていい
Cubaseだと、44.1kHzのプロジェクトで48kHzのオーディオファイルを読み込ませるとピッチやテンポが変わっちゃうんですよね。

これでファイルのピッチが変わったまま作業を進めてしまって失敗したという方も多いんじゃないでしょうか。

StudioOneだと、プロジェクトと読み込ませるファイルのサンプリングレートが違っていてもきちんと読み込み、再生されます。

✓ドングルがいらない

CubaseはPCに挿し続けるUSBのドングルが必要ですが、Studio Oneはオンラインでアクティベートするだけです。しかも5台まで同時に入れられる。ドングルが壊れる、なくすリスクがないです。

✓サンプルを選ぶ時、リズムに合わせてループしてくれる。

DAW内に読み込まなくても、音を選ぶ段階で同期して再生してくれます。ループを多用する人はめっちゃ助かると思う。

右下のボタンで音を出してみてください。途中からでもループがクリックに同期されてます。

✓タイムストレッチが楽

Alt+クリックだけでタイムストレッチができますし、タイムストレッチしている途中の波形も見えるので目的のリズムに合わせやすい。

✓クオンタイズせずにタイミングとベロシティをバラけさせることができる「ヒューマナイズ」が便利

Cubaseではクオンタイズにランダマイズを適用することで、打ち込みで人間っぽい揺れを表現していると思います。

StudioOneだと「ヒューマナイズ」というものがあり、クオンタイズせずにタイミングとベロシティをバラけさせることができます。

これの良さは、クオンタイズから外れている連符などの部分もそのままヒューマナイズできるという事なんですね。
ショートカットボタンに設定しておけばボタン1つでできますし、長押しすると連続して適用され続けてどんどんバラバラになっていきます。

✓単機能サンプラー「SampleOne」が音色差し替えに便利

付属のサンプラー「SampleOne」で、キックを後で差し替える、ということが簡単にできます。

他のサンプラーでも同じことは出来るんですが、1つの音だけならこれのほうが圧倒的に早い。

✓上下にコピー&ペーストした時に位置がズレない

グリッドに合ってないMIDI、オーディオを上下にコピー&ペーストした時にタイミングがズレないんです。

効果音みたいにグリッドにきちんと合ってないものをコピペする時など、地味にめっちゃ助かります。

✓サードパーティ製のサイドチェインが使える

Cubaseはサードパーティ製のサイドチェインが使えたり使えなかったりするんですが、StudioOneは使えます

✓付属サウンドがいい

ダンス系に強いデベロッパー、Vengeanceのライブラリなどがついてくるんですがクオリティめちゃめちゃ高いです。

✓mp3にメタ情報を埋め込んでくれる

Studioonepro
mp3に書き出す際、名前、サムネイル、サイトなどのメタ情報を決めておけば自動で入れてくれます。

mp3で配布しているほぼすべてのファイルにメタ情報が埋め込んであるので、僕の曲を使ってる人にはこのアイコンが刷り込まれていることでしょう。

✓安い

Cubaseはアップデートがくる度に数万円かかりますが、StudioOneではほとんどかかりません。というか大幅アップデートが少ないんですが…

StudioOneよりもCubaseのほうがいい所

cubase_to_Studio_one_001

逆に、StudioOneに比べてCubaseが得意な事を書いてみます。

✓機能が多い

Cubaseの方が圧倒的に機能が多いです。

Studio Oneではステップ入力ができない、譜面がない、など、Cubaseにあるものが色々とないので、乗り換える際には、自分が絶対必要な機能がStudio Oneにあるのか調べて買いましょう。

✓オーディオのクオンタイズができる

Studio Oneでもオーディオクオンタイズはできるのですが、アタックを検出したタイムストレッチになってしまうんですよね。ほとんどの場合、音質が劣化してしまいます。

Cubaseだと、オーディオをMIDIと同じようにグリッドに合わせるクオンタイズができます。

✓映像に強い

StudioOneは映像を扱うのが苦手です。必ずプロジェクトの頭に読み込まれます。時間指定で調整はできますが。

Cubaseだとどこにでも読み込めるし、サムネイルもトラック上に出ます。

✓小節数のオフセットができる

StudioOneでは小節数のオフセットができないので、小節数で指示をもらうプロジェクトがつらい…

✓トラックのロックができる

間違っていじっちゃわないように、トラックにロックをかけれます。

StudioOneって、オーディオの後にMIDIを録音すると、両方のRECボタンがオンになっててオーディオが上書きされる、という事故が結構起こるので、この機能は欲しかったりします。

✓ノートのレガートができる

ノート間の隙間を埋める、レガートができます。

✓色がカラフル

彩度が高いので、DTMブログを書く時に映えます。Studio Oneは全体的に地味で波形も見づらい。

あと、前にStudio Oneはクオンタイズがひどいと書きましたが、Cubaseも変な時があるので気にならなくなりました。

おしまい

とにかく曲を作るのが早くなるので、フルで仕事をしながら3ヶ月で100曲作れたのもStudio Oneのおかげだなあと、今になっては思います。

操作がシンプルで安いので、中、上級者だけでなく初心者にもおすすめです。とにかく全員におすすめです。

まずはフリー版を試してみるとよいかもしれません。

PreSonus | Studio One FREE – その名の通り無償のDAW – MI7 Japan

購入

買い替えはクロスグレード版がお得。Cubaseのアップデートより少し高いくらいの値段で買えます。

CubaseをアップデートするならStudio Oneにクロスグレードしたほうがいいんじゃないかな!!!全部の機能が使えるProfessionalがおすすめ。

関連記事

まだ悩んでいる方はこちらもどうぞ。こちらも基本はCubaseより便利な部分、ダメな部分を書いてます。

あなたも絶対欲しくなる。StudioOneの神機能6つ (Ver.2.6.1)

StudioOneのMIDI、シーケンサー周りがどれだけダメかを自慢したい Ver.2.6.1時点

付属エフェクトもなかなかいいんですよねー。

Studio One おすすめの付属プラグインエフェクトと全レビュー

 
スポンサーリンク  

関連記事

音質も機能も最強。ナイロンギター音源『NYLON GUITAR』と『NYLON STRUM』レビュー

Ilya Efimov Productionのナイロンギター音源『NYLON GUI

記事を読む

【ソフト音源】ProjectSAM ORCHSTRAL BRASS CLASSIC のレビューと全音色解説やるよ その2【デモあり】

その1からの続きです。今回はバストロンボーン、テナートロンボーン、トロンボーンセクション、チューバ、

記事を読む

僕はへたっぴリコーダー音源『POOR RECORDER SOPRANO&ALTO』を使いすぎている

サークル「世界のすみっこでうさぎは空を眺める。」のKONTAKT用のソプラノ&アルトリコーダ

記事を読む

DTMにおける「違法コピーソフト」を使ったことがある人は17%というアンケート結果に

DTMにおける「違法コピーソフト」もしくは「割れ物」、「クラック」について、 なぜか突然思

記事を読む

ナチュラルを極めたエレピ音源。ウーリッツァー『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』

今回はPREMIER SOUND FACTORYのエレピ、ウーリッツァーの『Wurly Premie

記事を読む

Comment

  1. noir より:

    私はStudioOne3Primeを使っていますが、色が地味なのは問題に感じませんね
    逆にごちゃごちゃしすぎるのは好きでは無いのでシンプルなデザインで気に入っています
    (物は言いようですね)

  2.       より:

    >サンプルを選ぶ時、リズムに合わせてループしてくれる

    あれ?Cubaseにもある機能じゃないでしょうか?
    Cubaseから別のDAWへの乗り換えを検討しているので読ませていただきました。
    Cubaseが直感的なUIじゃないというのは同意しますが、レンダーインプレイスの件も含めて不正確な情報に基づいた記事だったので読んで損をしました。

  3. 匿名 より:

    なるほど。できないことが随分あるんですね…
    参考になります

  4. […] こおろぎさんの「Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります」とか […]

  5. 通りすがり より:

    cubaseを使いこなせてないだけじゃないでしょうか。
    多分この内容だとショートカットや設定で大分解決できると思います。

  6. gzagza3 より:

    midi→audioはcubase pro 8から楽に出来る様になっています。
    グリッド云々はctrl押しながらで解決出来ます

  7. mtp より:

    いつもブログやツイッター等楽しく見させていただいてます。

    >>StudioOneって、オーディオの後にMIDIを録音すると、両方のRECボタンがオンになっててオーディオが上書きされる、という事故

    ↑この部分ですが、自分は「オプション」の「インストゥルメント入力は選択に従う」と「オーディオ入力は選択に従う」の項目のチェックで対処しております。

    それとノートのレガートはStudioOneでも「アクション」→「長さ」のところにレガートの項目がありますのでこちらをショートカットで設定すればわりと簡単にできます。

    ご存知でしたらすみません。


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑