「人生を変えられるかどうかでコンテンツの価値は決まる」 川上 量生さんの『ルールを変える思考法』からクリエイターの戦い方を読み解く

公開日: : 教則本・その他本, 音楽でメシ

スポンサーリンク  

 

「人生を変えられるかどうかでコンテンツの価値は決まる」 川上 量生さんの『ルールを変える思考法』からクリエイターの戦い方を読み解くニコニコ動画を作った、株式会社ドワンゴ代表取締役会長、川上 量生さんの『ルールを変える思考法』を読んでみました

コンテンツの価値は 、誰かの人生を変えられるかどうかで決められる

_泥濘。 eliot. via Compfight

「コンテンツの価値は 、誰かの人生を変えられるかどうかで決められる 」

これはかっこいい。確かに、特定のコンテンツにハマるほど、その人の人生を変える。これを意識してコンテンツを作れるか、と言ったら微妙かもしれないけど。

コンテンツとは、わかりそうで、わからないものである

僕が見つけた答えがあります。それは「コンテンツとは、わかりそうで、わからないものである」という定義。

人間は、「わかりそうでわからない事が気になって興味をもつ」という本能を進化の過程で獲得したんじゃないか、それがコンテンツに興味を持つ源泉じゃないかというのが、僕の仮説なのです。

理解できそうで理解できないぎりぎりの境界線上に答えがあるというのが僕の結論です。

どこかに「何かわからないもの」「説明のつかないもの」を残しておくことは大切です。クリエイターは、そこに対して自覚的であるべきなのでしょう。

これは音楽だけでなく、文学、絵、ファッション、あらゆるコンテンツに言えるなと。

逆に言うと、自分が理解している(知っている)ものや全く理解できないものについては興味を持てないということ。微妙な場所にスイートスポットがあるわけですね。

「プロデュース力は音楽を作れることと同じくらい大事だ」でもとりあげた「②毒を盛れているか」と同じ意味なのだと思います。

あとは、そのスイートスポットを世の中のどのレベルに合わせるのか。という事。

ビジネスを考えるときは「格好いい物語になるか」を考える

book

僕の仕事に対する最大の問題は「仕事へのモチベーションの維持」

僕は常に「どうすれば、その仕事が自分にとって面白いものになるか」を考えながら仕事をしているのです。

そのためのひとつが「自分にとっての”物語”をいかに大事にするか」というスタンスで仕事をやることです。

それはつまり、これからやろうとしているビジネスが「社会や業界にどんな意味や役割を持っているか」、あるいはそれが「歴史的に見てどういう意義が見出せるものか」を考えるということです。

ここは痺れました。

例えば、nanapiのけんすう(@kensuu )さんも「お金も大事だけど、世界平和のほうが重要」と言っています。

そういった、社会貢献のようなマインドのほうが成功しやすいんじゃないかなー。と。なんとなく思ったり。

前に書いた「”物語”を作り、巻き込むという方法」も繋がりましたね。自分の物語を作っていきましょう。

ビジネスは世の中でいちばん「リアル」なゲームのひとつ

game_700

この本は元々4Gamer.netというゲームの連載なので、ゲームとビジネスを関連付けた話が多いんですよね。

僕もゲーム好きとして、うなずく所がたくさんありました。

結論を先に書いてしまうと 、テレビゲ ームの致命的な欠点は以下の 3つです 。
①人間が 、コンピュ ータ ーの決めたル ールに従ってゲ ームをプレイする
②反射的な思考能力の早さを競うゲ ームがほとんどである
③コンピュ ータ ー相手にゲ ームをやっても人間との付き合い方は学べない

人間社会の競争は 、基本的には人間同士で行われます 。つまり 「目的を達成するために他の人間とどうコミュニケ ーションを取るか 」が 、現実社会での最重要テ ーマなのです

結局問われてくるのは、「自分で考えながらゲームをしているか」という部分じゃないですか。

「考えるゲーム」「ルールを変えられるゲーム」をやるのがいいわけです。

頭の良くなるゲーム、またゲームのやり方があると。最近のゲームは、長時間の思考を必要とする戦略的なものが少なくなっている、という事も書いてあります。

そういえば僕も最近は反射的な思考のゲームしかしてないなと。特にアプリだと、細切れの時間で楽しめるようにしてありますからね。

最近のものだとGTAとかマインクラフトみたいに、プレイヤーの自由度が高く、創造的になれるようなゲームのほうがいいんでしょうね。

業界の習慣のようになっているルールを変える

ビジネスをする場合にしても 、ゲ ームと同じように 、勝つためにはまず 「ル ールの検証 」から始めるのがいいのです

既存のルールにただ従っていたのでは、新規に参入した者は絶対に勝てないシステムになっていることがある。

「変えたほうがいいルール」として、「業界の習慣のようになっているルール」が挙げられています。先人とライバルが山ほどいる音楽業界だとなおさらだと思うんですよね。

ルールを変えて戦う、という事。どうでしょう。

おわりに

全体的に読み応えがありました。面白かったです。

ブロマガについても触れられてますけど、ニコニコ動画って色々なマネタイズ方法があって、クリエイターにとってはすごくいいサービスですよね。僕もニコニ・コモンズにかなりお世話になってます。

川上さんのcakesでの連載も面白いです。特に第8回は興味深い。今、課金して全部見てます。

【第8回】いま、好きなアニメをつくれるのはジブリくらい。|川上量生の胸のうち|川上量生|cakes(ケイクス)

ニコニコ動画のように、ユーザーがいつでも作品を発表できる場ができて、より世界はクリエイティブになっていくんじゃないかという説もありますが……。

川上量生 「まあ、ウソですよね。」

 
スポンサーリンク  

関連記事

ミュージシャンが収入を得るための主なwebサービスまとめ【2014年5月版】

ミュージシャンがお金を稼ぐ手段はCDやライブだけじゃありません。直接楽曲を売るのも含め、ミュ

記事を読む

2014年1月の収益報告 収入14.6万円 平均10.5万円

2014年も12分の1が終わってしまいましたね。はええ。 収入 14.6万円 ・依頼

記事を読む

2016年4月のまとめ 収入3万円 半年平均22.7万円 振り込み申請を忘れた男

 収入合計 3万円、半年平均22.7万円 依頼(作曲、編曲、ミックス等)合計1万円

記事を読む

作曲からビジネスのスキルまで。「ゲームサウンド制作ガイド」はゲーム音楽制作の教科書

「ゲームサウンド制作ガイド」。 著者はウィニフレッド・フィリップス(Winifred

記事を読む

2013年1月の収入状況ご報告

1月冒頭に「音楽でメシが食えるか?やってみます。」という恥ずかしいブログを書いてしまったので、ちょく

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑