音場補正ソフトウェア IK Multimedia ARC System 2 を導入したけどやっぱりマストですこのプラグイン

公開日: : プラグイン ,

スポンサーリンク  

 

音場補正ソフトウェア IK Multimedia ARC System 2 を導入したけどやっぱりマストですこのプラグインARC2_top

作業している部屋の音響特性を測定し、周波数と位相をプラグインで補正する音場補正ソフトウェアIK Multimedia ARC System (Advanced Room Correction) を前のバージョンから2にアップグレードしました。

64bitにしたかったのと、ローエンドの解像度が4倍になったということで、気になってしょうがなかったのです。アップグレードなのでマイクは付属せずソフトのダウンロードのみ。

ざっくりレビュー

・マストなプラグイン
・測定箇所が少なくなって設定が早くなった
・前のバージョンと比べて低音が出る
・他のスピーカーをシュミレート出来る新機能「バーチャル・モニタリング」が便利
・読み込みがちょっと遅い
・スピーカーなど機器自体の性能が上がるわけではない
・ミックスダウンの時に外さないといけないのがめんどい

やはり僕にとって無くてはならないプラグインの1つ。周波数がフラットになるので、安心してミックス出来るんですよ。ARC2は前のバージョンより低音が出る、というか分離よく聴こえる感じ。前バージョンから引き続き、ARCのおすすめなところは低音なんですよね。ローエンドがきちんと整えられて、スピーカーの性能を使い切る感じが素敵です。

測定箇所が12箇所から7箇所に。少なくなりました。

他のスピーカーをシュミレート出来る新機能「バーチャル・モニタリング」もいいですね。ずっとiPhoneのスピーカーで製作中の曲を鳴らせないかなって言ってたんですが、プリセットの「Multimedia Speakers」でそれっぽくなりますね。他のプリセットはカーステレオ、TV、クラブなど。自分でもカーブをいじれます。

読み込みが時々遅いんですけど、まあ許容範囲内でしょう。

あと、ミックスダウンの時に外さないといけないんですが、設定でわざとレベルオーバーさせることにより、プラグイン入れたままの書き出しを出来なくするという技を使ってミスを回避しております。

 
 
専用のマイクを耳の高さで天井に向けて、複数のポイントを測定します。慣れると30分もかからないです。

ARC_MIC

測定後、プラグインを最終段に挿します。

うちのセッティング。オレンジが修正前、白が修正後、緑が目標のカーブです。低音が大幅に補正され、フラットに近づいてます。ちなみにスピーカーはFOSTEX NF-01A。

ARC2_1

サブモニターにしているSONYのPCスピーカーでやってみました。元がかなりグニャグニャなカーブなんですが、ほとんどフラットになってて凄い。

ARC2_2SONY

これね。

しかしスピーカーの限界はもちろん超えられないので、120Hzあたりから急激にロールオフしてますね。フラットになってるだけで解像度なども変わらない印象。やはりそれなりのスピーカーじゃないと効果は薄いですね。

バージョン2からの新機能。カーブを変える事ができます。これでカーブを追い込んでiPhoneやMBAのスピーカーっぽくしちゃおう。

ARC2_4

ボリュームコントロール。スピーカーコントローラーっぽいですね。

ARC2_5

ボリューム設定のコツはちょっとだけレベルオーバーするようにしておくこと。そうすると、ARCを外し忘れてミックスダウンした時にした時にレベルオーバーの表示が出るので、わかりやすいんですよね。あ、StudioOneの場合ですが。

こんなエラー出ます。

ARC2_error

 

という感じで自宅をチューニングされたスタジオに近いレベルの環境にしてくれるプラグイン、かなり費用対効果は高いんじゃないでしょうか。めっちゃおすすめです。

・IK Multimedia | ARC System 2 ページ

■前回のブログ

・【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー

 
スポンサーリンク  

関連記事

【NI推し】作・編曲家の私がいつも使っちゃうプラグイン・エフェクト【2015年版】

「こおろぎさんっていろいろ買ってレビューしてるけど、実際はどれ使ってるんだよ」 って思われてい

記事を読む

2013年版 こおろぎの稼ぎ方まとめ【Frekul Talk Live Vol.4 登壇記念】

こんばんは。こおろぎ(@kohrogi )と申します。 今回は「Frekul Talk Liv

記事を読む

【プラグイン】ざっくり使いやすいコンプレッサー。NI「SUPERCHARGER」レビュー

12月31日まで無料のNative Instrumentsの新コンプレッサー、SUPERCHAR

記事を読む

ディエッサーの上位互換かもしれない。周波数追従型のカット専用ダイナミックEQ『soothe』レビュー

今回は周波数追従型ダイナミックEQ、oeksoundの『soothe』(スース)について書い

記事を読む

トラックを解析し自動で適切なコンプとEQをかけてくれるプラグインエフェクト「Neutron」でミキシング2.0の時代がはじまる

今まで、買うだけで音がよくなるプラグインエフェクトなんてなかったんですが、ついに買うだけで音

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑