編曲とは、アレンジとは…音楽を作っていない方にもできるだけ分かるように書いてみました

公開日: : 最終更新日:2017/12/16 ゲーム、動画製作者向け, その他

スポンサーリンク  

 

編曲とは、アレンジとは…音楽を作っていない方にもできるだけ分かるように書いてみましたSurnatural Orchestra
Photo:Surnatural Orchestra By undefined

音楽における編曲とは、

端的に言えば、楽曲の主旋律/歌メロを作る事を「作曲」、それ以外の音を作る事を「編曲(アレンジ)」という。

編曲とは (ヘンキョクとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

そうなんです。ですが、この説明だけで理解できた人を僕は知らない。

もうちょっと分かりやすくならないかなあと思って、いろいろ書いてみます。

ジャンルによっても定義が違うので、今回は「パソコン完結(DTM)で作る歌モノ」限定で説明しますね。

とりあえず聴こう

今回は日本古謡の「さくらさくら」(作詞・作曲者不明)を編曲してみます。

✓まずは作曲の部分。こんな感じで、歌う部分のメロディを作るまでが作曲・作詞です。

メロディの音そのもの(ボカロの声)じゃなくて、メロディのラインを作る所までが作曲です。思いついたメロディを楽譜に書いてもその時点で作曲です。

✓つぎは編曲の部分。歌う部分のメロディ以外の音を作ります。

メロディの後ろに音がつきましたよね?これが編曲です。

わかんない?じゃあちょっと大人な感じにしてみますか。

どうでしょ?歌う部分のメロディは同じでも編曲次第で全然違った雰囲気になりますよね。

ですよね。これでもわかんないですよね。

じゃあさらに詳しく、実際どういう行程があるのか書いてみよう。

編曲でやっている事

じゃあさっきのこの曲で解説しますね。

曲調(ジャンル)を考える

激しくするのか、優しくするのか、楽しくするのか。ロックなのかダンスなのかクラシックなのか。

歌うアーティストやどういう場面で使われるのかに沿って考えます。大体は作曲者かプロデューサーに指定されます。

テンポやキーも曲調に合わせて決めます。

「この曲はバラードでクラシックの感じを入れたポップ。テンポは♩=120で、キーはオリジナルからちょっと下のFマイナーで優しめに歌わせようかな」っていう感じにしました

ハーモニー(コード・和音)を考える

ハーモニー(=縦に詰む音の組み合わせ)を考えて、曲の雰囲気を作っていきます。編曲において一番楽しい行程ですが、作曲家さんに指定される事が多いので悲しい。

こんな風にどこでどのハーモニーを使うのか決めます。今回の曲とは関係ない楽譜ですが。
コード譜

今回の曲は、切なくて美しくて儚い感じのハーモニーをつけてみました。僕はいつも捻りすぎだと怒られております。

楽器編成を考える

楽器編成

どの楽器を入れるのか考えます。バンドやオーケストラなど、ジャンルによって決まってたりもします。

今回はピアノ、ベース、ドラム、ホルン、ストリングス(ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの総称)にしてみました。

アンサンブルを組み立てる

ここが編曲者の一番の腕の見せ所ですね。どのパートをどういう風に演奏させるか細かく決めていきます。

この曲の場合

ピアノ – 伴奏の軸にして、メロディを支える。イントロもピアノを主役にする
さくらピアノ

ベース – ドラムと一緒に盛り上がる所で入る。このパートだけ自分で演奏して録音してます。
さくらベース

ドラム – ベースと一緒に盛り上がる所で入る。大きなリズムで壮大な感じを出す。
さくらドラム

ホルン – 中音域にアクセントをつける
さくらホルン

ストリングス – 弾かせ方を工夫して楽曲に変化をつける。盛り上がる所で力強く。
さくらストリングス

ストリングスを弾き方、パート別にして、ウインドチャイムも入れて、全部合わせるとパソコンの画面上はこんな感じになります。ごめん全然わかんないかもしれない
さくら全部

今回は自分一人で完結させてますけど、演奏を他の方にお願いする時もあります。その場合は編曲者が楽譜を書いて指示します。

楽器によって指示の細かさが違っていて、ヴァイオリンなどのオーケストラ系は出来る限り細かく書かないといけないんですけど、ギターやピアノの場合は「ハーモニーに沿って勝手に弾いてね」で大丈夫だったりします。

ちなみに、イントロはほぼ100%編曲者が作っているので、イントロがよかったら作曲者じゃなくて編曲者を褒めてあげましょう!!!!

わかったよね?わかったよね?

…うん、じゃあ次にいこう

曲作りの行程で見る編曲

作曲から音源(CDやmp3)にするまでの行程を分解してみますか

✓作曲・作詞
– 歌うメロディを作る

✓編曲
– 歌うメロディにどういった伴奏をつけるか考える。そして実際伴奏をつける。

✓レコーディング
– 編曲に沿ってギター、ボーカル等を録音する

✓ミックスダウン(ミキシング)
– 各音のバランスをとる

✓マスタリング
– 仕上げ

作曲・作詞の段階で、歌うメロディと歌詞を作ります。この時、軽く伴奏をつける時もあります。

編曲段階では、軽い伴奏を一旦破棄して作業します。

生楽器を入れる時にはレコーディングが発生します。家でやる事もあるし、スタジオでやる事もあります。

編曲者がレコーディングすると、編曲作業の中に入るのでややこしい。

今回のさくらさくらはベースの録音を編曲者の僕がやっているので、編曲にくくってあります。でもクレジットになると分ける時もあるからやっぱりややこしい。

ミックス・マスタリングはざっくり言うと音量バランスと音色を整える作業です。

■【音楽用語】ミックスとは。やり方や機材をざっくり説明。

最近はこの行程を一人で全部やる方も多く、その場合ほとんどの作業を平行して進めていったりもします。

その他編曲のわかりくい所まとめ

・作曲者が編曲すると「作曲」としてまとめてクレジットされる時がある
・編曲者が演奏すると「編曲」としてクレジットされる時もある
・編曲者によって出来たり出来なかったりする事の幅が大きい
・コード譜までしか書かなかったり、ほとんど完成の所まで作り込んだりと、どこからどこまで曲に関わっているのか曖昧

編曲家とは

ついでに「編曲家」についても言及しときますね。

編曲家とは編曲を専門とする人で、

管楽器、ストリングス、コーラスを三つ揃ってこなせるようになれば、一人前の編曲家として認められるとされることもある

wikipedia -編曲

「認められるとされることもある」って曖昧すぎる…まあ大体あってますね。「こなせる」のレベルはあるでしょうけど。「最低限生演奏に耐えうるスコアを書ける」ことなのかな。

あと編曲家に必要なスキルとは
・様々なジャンル・曲調のアンサンブルを把握している
・メロディに適切なハーモニーをつけられる、それを論理的に説明出来るとなおよい。
・様々な楽器の奏法、音色、音域について精通している
・演奏者用のスコアを書ける
・出来れば楽器が演奏出来るといい
・パソコンも出来る方がいい

あたりかな。

僕も上記の事が出来るので編曲家を名乗っております。お仕事下さい。

おわりに

曲の出来って

作曲・作詞>>>>>>>>>>>>>編曲

なんですよね。芯になる曲がよくなければどんなにいい編曲をしても駄目だし、曲がよくなければ編曲自体に広がりが出せないし、曲が良ければ編曲が適当でも人気が出る時があるのです。つらい。

あと編曲は大体において印税は発生せずに単価なので、編曲家は死ぬまで作り続けないといけません。つらい。

こんな記事が。

作詞家・作曲家に比べて「編曲家」が冷遇されてる – NAVER まとめ

 

と、こんなわけで編曲とはなんなのか、分かったもらえましたでしょうか?

もっと実際の、具体的な流れを知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ!

実際のやりとりでわかる歌モノの編曲の流れ【螺旋状のスクリーン編曲 | 前編】

 
スポンサーリンク  

関連記事

Kontaktがライブラリを読み込まず「no Library found」と表示される時のざっくりな解決方法

Native Instrumentsのソフトサンプラー、Kontaktで新しい音色を読み込む

記事を読む

メールの返信が1時間以上かかってしまう人も早く返せるようになる、男のメール術

どうも、長橈側手根伸筋です。 メールの返信をしようと思って画面を眺めてたら1時

記事を読む

WAV、mp3、Ogg Vorbis、AAC。楽曲、動画制作やゲーム、アプリ開発に使う4つの音声ファイル形式の基礎とその特徴

春です。色々と新しい事を始めたい季節ですね。 今回は楽曲、動画制作、ゲーム、アプリ開発

記事を読む

Q.DOVAの曲を使ったYouTube動画が著作権侵害の申し立てをされました A.問題がなければ「異議の申し立て」をしていただいたうえで運営にお問合せください

Q.DOVAの曲を使ったYouTube動画が著作権侵害の申し立てをされました 私はYouTub

記事を読む

曖昧になりがちな楽曲の買取契約についてこの際しっかり勉強しておきたい

  今回は作曲家と発注者の間で交わされる契約の1つ「楽曲の買取」について。 特にインスト

記事を読む

Comment

  1. 大西 洋子 より:

    小節数100前後でリコーダー編成のアンサンブルの曲を管弦楽団のアンサンブルに編曲しなおすといくらぐらのお値段ですか?リコーダー編成はソプラノ、アルト、テナーとバイオリン、ギター、ベース、から管弦楽はフルート、クラリネット、バイオリン第一と第二、チェロ、ギター、キーボード8パートです。

    • kohrogi より:

      大西 さま

      編曲料金は編曲者によってかなり違います。

      なので相場はいくら、ということは言えません。どんなに高くてもその内容で100万円を超えることはなかなかないと思いますが。

      私の場合、BPM100として考えますと、2016年3月現在、完成品WAVでの納品で6万円です。スコア作成はプラス1万円になっています。

  2. feyakunn より:

    まるっきりの音痴でメロディーも口ずさめないのに歌が上手い下手はよく分かります。今までずっとつく楽器は誰がどの様に決めるのかと思い続けていました。
    この説明を聞いて初めて納得しました。
    私の場合は印象的な歌はほとんどイントロと楽器の使われ方に惹きつけられて記憶に残っています。
    時々最後に編曲と書いてあって、ただチョットイメージをアレンジするのかなと思っていました。これからは編曲者に注目して音楽の楽しみたいと思います。
    長年の疑問が解けました。ありがとうございました。

  3. mariya より:

    J-popを、Hip Hop もしくは、R&B に編曲をしたいです。
    Kohrogiさんに、お願いする事は、出来ますか?

  4. Konishiki より:

    音楽に関してはど素人なんですが。
    一つの曲を作るときに作詞・作曲・編曲の順番はいつも決まっているのでしょうか?

    • kohrogi より:

      決まっていません。どこからでも作ることがあります。ただ、作曲から始めるのが一番多いですね。

      編曲から作る、というのはあまりないようなイメージがありますが、ダンスミュージックでは伴奏(トラック、オケ)から作り始めることもあります。

      ちなみに、作詞が先だと「詞先(しせん)」、作曲が先だと「曲先(きょくせん)」といいます。

      • makoto より:

        はじめまして。ひとつ疑問に思ってることがあるので質問させてくださいm(__)m

        たまに「この曲のアレンジがヤバイ」的なこと言ってる人がいるんですが、アレンジ前の曲を聴く機会って一般の人間はないと思うんですが、アレンジも全て終わっている完成品を聴いてどこがアレンジされているのか聴いただけでわかるんでしょうか?変な質問だったらすいません(^_^;)

  5. miyu より:

    はじめまして。
    DTMを勉強中なので、さくらさくらアレンジ、すごく参考になりました。
    ストリングスアレンジも参考になりました。
    ストリングスアレンジのように、MIDIデータ付きの講座だと、すごく打ち込み方法がわかりやすいです。
    他の楽器の講座も開いてくれると嬉しいです。

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑