僕がモニター用ケーブルとして絶大な信頼を寄せているOyaide ACROSS 750 のレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

僕がモニター用ケーブルとして絶大な信頼を寄せているOyaide ACROSS 750 のレビューオーディオインターフェースを買い替えたので、オーディオインターフェース – モニターコントローラー間のケーブルにOyaideのACROSS 750を買いました。

ACROSS750

ケーブル好きな僕が絶大な信頼を寄せている製品です。

「ケーブルの音がしないケーブル」として僕の中で話題に。レンジが広くて、素直な音で解像度も高く、モニター向きだなと思います。ちょっとだけ高域が出てるかな。低域も出てるっぽいですけど、それが僕の環境に合ってる感じがします。

メートルあたり2000円くらいで結構安いしね(オーヲタ特有の金銭感覚)

元々楽器用らしいんですけど、ケーブルが固いし太いので、楽器用には全然おすすめしません。あと、1芯なのでモノラルにしか使えません。注意ね。

試しにベースに使ってみた感じだと、低音の解像度が高く、スッキリしつつも太い音、といった印象。ベーシストにもいいかもしれない。固いけど。

プラグ

ACROSS 750って外径8.0mmでちょっと太いので、プラグも太めのOyaideのP285M。このプラグの特徴はレンジが広くて柔らかい所ですね。

p285

あと、ケーブルとプラグは同じメーカーのほうが相性がいい傾向。ちなみに金メッキは独特な眩しい感じがするのでモニター用としては好きじゃないです。

実は前ACROSS 750買った時にサイズの小さなP275Mを買ってしまって、入らなくて、モニターコントローラー – モニター間のケーブルはこんな状態で使ってました…

ACROSS750

熱圧縮チューブで無理矢理…w 今回はこのケーブルもP285Mにしました。気持ちいい。

作成

今回は1mの束を半分に切って50cmのペアにします。

ACROSS7501m

構造が特殊。空気層とポリエチレン、ポリオレフィンで徹底して絶縁。オーヲタが喜びそうな構造ですね。あと加工しやすい。

ACROSS750切り口

完成

ACROSS750+P285M

別角度から完成

ACROSS75050cm

うん、繋いでみたら予想通りの音だったので安心です。しばらくはモニター周りのケーブルの事は考えなくて済みそう。

ケーブルは好みもあると思いますが、これはかなりおすすめっす。

 

もっとケーブルを知りたい方におすすめの本。たくさん載ってます。ちょうどACROSS 750は載ってないので、僕のレビューを参考にしよう。ACROSS 900と似た傾向ですが。

あとは前にプラグのみの記事も書いたよ。

シールドプラグのプラグのみの音質聴き比べしたりレビューしたり【再掲】

 
スポンサーリンク  

関連記事

ポップガードは布製より金属製がいい。 STEDMAN『PROSCREEN 』で手軽に音質アップ

STEDMANの金属製ポップガードを使用しています。 布製やストッキング製に比べて音の

記事を読む

ジョージ・ハリスンが使用していたCoral Sitarのレプリカ、『Star’s Electric Sitar RD』(スターズ エレキシタール レッド)

スターズ エレキシタール レッド(Star's Electric Sitar RD)を所持しています

記事を読む

【ベース】LightWave Saber Bass SL Fretless 持ってるよ【写真あり】

もう5、6年は使ってるLightWave Saber Bass SL Fretless。 いつ

記事を読む

フェーダーで直感的にボリュームを操作できるフィジカルコントローラー、PreSonus 『FADERPORT』レビュー

エンジニアさんがモーターフェーダーをカチャカチャやってるのってかっこいいですよね。モテそうで

記事を読む

プラスチックでかわいくて初心者にも吹きやすいフルート『Student Flute』を買ってみました。

NUVO(ヌーボ)のプラスチック製 フルート『Student Flute』ホワイト。

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑