【プラグイン】ボーカルの音量変化を自然にしてくれるWaves Vocal Rider(ボーカルライダー)のレビューと使い方

公開日: : 最終更新日:2013/10/30 プラグイン

スポンサーリンク  

 

【プラグイン】ボーカルの音量変化を自然にしてくれるWaves Vocal Rider(ボーカルライダー)のレビューと使い方ボーカルのオートメーションを自動で書いてくれるプラグイン、WavesVocal Rider(ボーカルライダー)。うまく使えると自然に音量を平均化できます。
ボーカルライダー

大まかなレビュー

まず、このプラグインに向いている曲調はポップ系のミドル〜ファーストテンポ。アタック、リリース共に遅くて、自然に優しく効く感じです。

バラードなど、ボーカルの音量がかなり上下する曲はうまくいかないです。その時はトラックを分けた方がいいかも。

ボーカル以外だとアタックが早すぎない楽器、例えばフルートなどの木管楽器とは相性がいいです。ギター、ピアノなどのアタックが早い楽器には有効ではないですね。

ボーカロイドの場合は、ボリュームを平均化する用途じゃなく、逆にアタックをつけるようにして使うといい感じです。

あと、とにかく軽いです。

使い方

vocalrider

✓ Target(上の黄色い帯の所)をフェーダーが0を中心に均等に上下する値にする。

ここで値が低すぎると音量が大きくなった時にキツめにかかってしまうし、高すぎると音量が低い時にうまく上がってきません。

ピークを叩く感じにしたい時は高めに設定して、マイナス方向だけにかかるようにします。その時はRangeの上値を0に。

✓ Vocal Sensitivity(左上のツマミ)をプラグインが作動する値にします。

低すぎると音量の小さい所がひっかかりませんし、高すぎるとノイズがひっかかります。

✓ Fast/Slow でかかり方のスピードを決める。

どっちにしろアタック、リリースはかなり遅い感じですが。

✓ Range Min/Max(左の2つ付いてるやつ)でどれくらい上下させるか決める。これは作動した時の圧縮率ですね。広くすればするほど音量が平均化します。

あまり広いと不自然になりますが、激しめのロックやかなり潰した音源、例えば歌ってみた用のマスタリング済み音源などは全開にしてもいいと思います。

ちなみにRangeを全開にして「歌ってみた」のミックスした音源はこちら。ちょっとだけフェーダー操作を足して、コンプもあまりかけてませんが、いい感じだと思います。たぶん。

 

基本的な設定はこんな感じです。

アタックが遅くて頭が上がってこない時があるので、追加のオートメーションは必須です。

その他の機能

・オケとの兼ね合いでバランスをとってくれる

サイドチェインをオンにして、オケをセンドで送ってMusic Sensitivityで調整。これは特に弾き語りの曲に有効です。楽器が色々入ってたりダイナミクスが大きいオケだとうまくいかないです。

あと64bit環境でv8を使うとサイドチェイン出来ないみたいです。wavesのバージョンをv9にしましょう
・オートメーションを書き出す機能

Cubase(5.5)だとちゃんと動作しません。この動画みたいに細かく記録されない感じに・・・・どうしてこうなるんや・・・・

 

どんどん安くなってきて泣いちゃいそうですけど、特にポップ系の曲を制作してる方にはおすすめです。

Vocal Rider – Vocal Mixing Plugin | Waves

 
スポンサーリンク  

関連記事

ぼかりす を購入する前に読みたいレビュー【VOCOLOID】【デモあり】

録音された人間の歌声からその歌い方を真似て歌声を合成できる謎の技術を使ったソフト、ぼかりす(voca

記事を読む

理想的なモニター環境を構築してくれるヘッドフォン用プラグイン『Reference 3 Headphone Plugin』レビュー

Sonarworks(ソナーワークス)のキャリブレーションプラグイン『Reference 3

記事を読む

周波数の戦いは終わった!同じ周波数の音を住み分けてくれるプラグイン「TrackSpacer」 レビュー

"The fight for frequencies is over"(周波数の戦いは終わった)

記事を読む

【プラグイン】ざっくり使いやすいコンプレッサー。NI「SUPERCHARGER」レビュー

12月31日まで無料のNative Instrumentsの新コンプレッサー、SUPERCHAR

記事を読む

Studio One2.6 新付属プラグイン「Fat Channel」がなかなかよさげなのでレビュー

Studio One 2.6 で追加されたプラグイン「Fat Channel」ですが、なかな

記事を読む

Comment

  1. […] ・【プラグイン】ボーカルの音量変化を自然にしてくれるWaves Vocal Rider(ボーカルライダー)のレビューと使い方 […]

  2. kohrogi より:

    ありがとうございます。

    オートメーションの削減に関する項目は見つけられませんでしたが、久しぶりに確認したらきちんと記録されるようになっていました。

  3. よっしー より:

    動画がうまく見られなくて、推測で書いて申し訳ないのですが、Cubaseでオートメーションが細かく記録されないのは、Cubase側の設定で改善できます。
    Cubaseの環境設定の中に、オートメーションの削減に関する項目がありますので、削減レベルを少なくしてみてください。
    すでに解決していたらすみません。気になったもので。

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑