【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/05/01 プラグイン

スポンサーリンク  

 

【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー勘違いしてARC1の方を買ったんですが、めげずにレビューしよう・・・アップデートした方が安いかと思ったけどアップデートめっちゃ高かったんだよバカー(☍﹏⁰)

ARC2買う人にもちょっとは参考になるだろう・・・・

 
とりあえず結果から言うと結構いいです。人によっては価格以上の効果があると思います。

音だけ聴くとそこまでたいした事ないなあと思ったんですが、実際EQしてみるとやりやすさが全然違う。とくに低音。びっくりするほど「見える」。

ベース、キックの処理が楽すぎる・・・特に僕の家は低域が乱れてるので恩恵マジ恩恵。

うちの測定結果はこんな感じ。

オレンジ:元 白:修正後 の周波数です。

5kHz、200Hzあたりが膨らんでるなーとは思ってたんですが、わりと予想通りで安心。結構左右で音が違うのね。Lの100Hzどうした・・・・

高域上がってたから地味目に仕上がるのか僕の曲(いいわけ乙

Full Range Bass Correctionがすごい

んで、Full Range Bass Correction っていうボックスをチェックすると、低音の方までガッツリ修正が入ります。

これはヤバい。「このスピーカーこの低さの音出るんだ」って思いました。ヤバい。

最初は元音と変わりすぎて違和感があるんですが、慣れてくるとこの「見える」感じが最高です。そして単純に低音上がるとかっこ良く聴こえるんでテンションも上がる。

実はサブウーファー持ってるんですが、スピーカーとの組み合わせがうまくいかなくて、マスタリング時の低音の確認くらいにしか使えなかったんですよね・・・・

うちのスピーカーくらいだと(FOSTEX NF-01A)もうウーファーいらないくらい低音出るんで、クラブでかけるような、超低音が大事な曲じゃなければまず問題ないと思います。

あと、2chにしか対応してないので、サブウーファー込みの調整は出来ません。シリアル接続にすればいいんですけど、うちは音質劣化が怖いのでやりません。

ちなみにARC2は低域の解像度が4倍らしいです・・・ぐぬう・・・

修正前にベストをつくすのが大事

色々褒めましたけど、「出音にEQするだけ」っていう感じは拭えないですね。

僕の場合は定位とか位相がもともとそこまで気にならなかったので、そっち方面の効果はよくわからないですし、音の荒さとか、奥行き感なんかはあまり変わらないです。ただ周波数がフラットになっただけって感じです。

まず、スピーカーのポジションとか、ハードウェアとか、そういう外的な要素を出来るだけちゃんと整えたほうがいいかなと思います。限界まで色々やって、最後の仕上げにARCを使う感じ。

でも部屋のチューニングがいい加減でもそれなりの音になると思うので、大雑把な人にもオススメかも←

セットアップ方法について

ソフトの説明に複数の場所で測定って書いてあるんで、部屋が広くないといけないのかなって思ってたんですが、普段自分の聴いているポジション付近を適当にバラけて測定すればいいだけなので、部屋の広さは関係ないです。

それどころか自由度が高くて、後ろに人がいる場合など、複数ポジションの測定が出来るのがいいです。狭い部屋だと壁際で低音強かったりしますからね。

測定自体は1回で30分以内。

そして一度測定してしまえば、ミキサーの最終段に挟むだけですぐ使えるんで楽です。プリセットも何種類か作れるみたいなので、一人の時用とか、人が来た時用とか作っとくといいかもしれないですね。

あと、DAWの最終スロットに挟むのですが、プラグインなので書き出しの時にはずさなきゃいけないのがちょっとめんどい。間違ってそのまま書き出さないように注意しないとね。

 

まあ大体そんな感じです!あとはMedia Integrationさんの記事も参考にしていただければ!
Review & Story » 音場補正プラグイン”ARC System”導入の一部始終 – 佐藤洋介氏スペシャル・インタビュー。

そして皆さんはARC「2」の方を買って下さい。俺の背中を超えてゆけ。本家IK MultimediaさんのARC2のページ。
ARC System 2

 
スポンサーリンク  

関連記事

ミックスにも使えるグラフィックイコライザー Waves GEQ レビュー

30バンドのグラフィックイコライザープラグイン Waves GEQ 使ってます。

記事を読む

【プラグイン】僕が超愛用している Sonnox Elite Native bundle のレビュー【再掲】

僕はSonnox Oxfordのプラグインをメインで使用しています。 今回はバンドルSonno

記事を読む

自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方

今回は、ベースの音量を自然に揃えてくれるプラグイン、Wavesの「Bass Rider」につ

記事を読む

40kHzまでブーストできる滑らかなフリーEQプラグイン「TDR VOS SlickEQ」レビュー

今回はTokyo Dawn RecordsのTDR VOS SlickEQ をレビューします

記事を読む

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む

Comment

  1. nak より:

    返信有難うございます。もしかしたら、測定方法に問題があるかもです。

    パラ出し出来ないのはキツいですね。

    とりあえず、パラ出ししてもう1台のPCにARCを入れてモニタリングするしかないですね。電気代かかりそうですが。。。。。。

  2. nak より:

    はじめまして、ARCの測定方法を検索したら辿り着きました。

    私はARC1と2両方使用しているのですが、問題が解決しません。

    今の状態は次の通りです。

    ・14ヶ所で測定した結果をインサートすると右の音量が上がる。

    これについては、部屋の右角に機材を置いているからかもしれません。

    これを補正するのがARCの仕事だろうと言いたいのですが、どうにもなりません。

    なのでその場凌ぎでソナルキスのSTEREO TOOLとやらを使用して無理やり元に戻しています。 改善策があれば教えていただけると助かります。

    もう1つあるのですが、ARCを使用するとDAWからアナログミキサーにパラ出し出来なくなりますよね?皆さんはどのような使い方をしているのでしょうか?やはりARCはPC内部完結でしか使えないのでしょうか?

    • kohrogi より:

      nakさん

      はじめまして。
      右の音量が上がるということは、普段は右の音量が低くて、上がった状態が正常だと判断されてるんでしょうかね。僕の場合はほぼバランスは変わらないですので、なにもしていません。

      パラ出しするのならARCは使えないですね。パラ出しから再度DAWに戻してモニターアウトに挿す事も出来るでしょうけど、レイテンシーやルーティングの問題がありそうですね。内部完結で作った方がよさそうです。

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑