LINEのスマートスピーカー『WAVE』のサウンドデザインがよくないので作り直してみた

スポンサーリンク  

 

LINEのスマートスピーカー『WAVE』のサウンドデザインがよくないので作り直してみた

先日、LINEのClova搭載スマートスピーカー『WAVE』の先行体験版のレビューを書きました。

■スマートスピーカーは音楽の聴き方を変えるか。LINE『WAVE』先行体験版レビュー。

そこでサウンドがよくないと書いています。音のみのデバイスなのに、肝心の音がだめ、というのはほんとうにダメだと思うんですよね。

まだ先行体験版ということでテキトーなのかもしれませんが、僕も批判しているだけにしたくないので、修正案を出してみたいと思います。

サウンドの役割とは

まずはおさらい。

サウンドをつける時は

・状況を知らせる
・気持ちをコントロールする
・単純に聴いていて気持ちがいい

おおざっぱにこの3つを常に意識しなければいけません。

WAVEにはその基本ルールから逸脱しているものがいくつかあります。

WAVEを探すときの音


一番最初にスマホがWAVEを探し、Wifiを設定するときの音。シンセベルのアルペジオです。

ナレーションに対して音量も大きく、テンポが早いサウンドによってパスワードの入力に集中できず、せかされているような気持ちになりイライラします。

最初の部分なのに印象が悪いんですよね。

ここは、パッドのようなフワッとした、ゆっくりなサウンドでせかさない。

これからの体験を想像させる、期待感のある明るいハーモニー、音色にしたい。

こんな感じ。これよりもうちょっとふわっとさせたい。



 
意識がいかないようにあまり目立たせない。時間経過を感じさせないよう、決まったリズムや進行感のあるハーモニーを使わない。

かつ、はしゃぎすぎない、落ち着いたあかるめのサウンドで気分をコントロールする。というところを意識しています。

そもそも、BGM的な音が必要なのかどうか、というところから考え直してもいいかもしれません。

アラーム、タイマーの音

アラームやタイマーはなぜか琉球風のメロディのアルペジオ。

これはほんとうに適当につけたとしか思えない。

アラームやタイマーは、日常を中断し、ユーザーにはっきりと意識させるものでなければならない。

日常に溶け込むような「BGM」ではダメなんですよね。

炊飯器でお米が炊けた時のようなどうでもいいメロディを流すくらいなら、

『ピピピ、ピピピ』という平凡なアラーム音のほうが100倍ましです。

ピピピ、ピピピという規則的なデジタル音は、非日常をはっきりと意識させてくれます。

そもそも、WAVEはアラームやタイマーとして使われることをあまり想定してないのかもしれない。

物理ボタン


音量を上げるボタンと下げるボタンの音が同じ。

おまけに、ボタンを押してから鳴るまでにラグがあり、音もブツブツ途切れるので気持ちよさもありません。

ボタン自体も視覚的にわかりにくいのに、サウンドも今何をしているのかを知らせていない。

音量を上げる時と下げる時で音を変えるべきです。

音程を変更するだけで効果的なはず。

こんな感じ。



 
音のバリエーションが少ないのは本体の容量を節約するためでしょうか。そこまでシビアな容量じゃないと思うんですが…

水滴音


ショートカットを実行するボタンの音が水が落ちたようなサウンド。

WAVE(波)だからということで水の音だと思うんですが、他のサウンドとの整合性がとれていない感じがして違和感があります。

BGM系の音はベルっぽいシンセが中心なので。

それをやるんだったら、BGMも波感をもっと出したほうがおもしろいんじゃないかなーと。

他の名前の製品ラインナップが出たときにサウンドを流用できなくなっちゃいますが。

おわりに

WAVEに限らず、家電のサウンドってテキトーですよね。

やはり、サウンドデザインはゲームが一番進んでいるなと思います。特に任天堂のものはシンプルで最大限の効果を出していてすばらしい。

 
スポンサーリンク  

関連記事

音によって気分や行動に影響を与える、サウンド・マーケティングとは。『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』レビュー

ハンス・ジマーにインタビューした際、彼は冗談まじりにこう言った。「観客はホラー映画を見て恐怖のあまり

記事を読む

編曲とは、アレンジとは…音楽を作っていない方にもできるだけ分かるように書いてみました

Photo:Surnatural Orchestra By undefined 端的に言え

記事を読む

曖昧になりがちな楽曲の買取契約についてこの際しっかり勉強しておきたい

  今回は作曲家と発注者の間で交わされる契約の1つ「楽曲の買取」について。 特にインスト

記事を読む

フリーの作曲家へ制作依頼をする場合のメールの書き方 【テンプレートあり】

  SNSで魅力的なフリーの作曲者を見つけることも多くなってきましたね。 今回は、フリー

記事を読む

WAV、mp3、Ogg Vorbis、AAC。楽曲、動画制作やゲーム、アプリ開発に使う4つの音声ファイル形式の基礎とその特徴

春です。色々と新しい事を始めたい季節ですね。 今回は楽曲、動画制作、ゲーム、アプリ開発

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑