音源メーカー「Output」が作るミュージシャン用デスク『Platform』の魅力をただ語る。

公開日: : 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

音源メーカー「Output」が作るミュージシャン用デスク『Platform』の魅力をただ語る。ある時、「REV」などで有名な音源メーカー「Output」のミュージシャン用デスク『Platform』の画像がツイッターで回ってきたんです。

■『Platform』 | Output

直感的に、「これは絶対欲しい」となりました。

それはなぜか。じっくり説明したいと思います。

ざっくり

・機能的
・シンプルなデザイン
・わりと安い
・日本では買えません(2017年8月現在)

音楽制作用に作ってある、というのが何より魅力的で、そのこだわりが色々なところで見られます。

トップの板

まずはトップの板から。

ここにはディスプレイとスピーカーを置くことができます。

作業スペースよりも一段高くなっており、ちょうど耳のところにスピーカーがくるようになっています。

スピーカーを置く台は、安定感、サウンド両面からも一枚板のほうがいいんですよね。

スピーカースタンドだと不安定なので地震もこわいし、きちんとしたものを買おうとすると結構高い。

ラックスペース

3Uのラックスペースが三つあります。

音楽制作をやっていると、電源、プリアンプ、インターフェイス、エフェクトなど、何かしらラック機材があるわけですが、それをスマートに収納できます。

横に置いたりすると、結構スペースをとるんですよね。

鍵盤収納スペース

平たい机に鍵盤を置く場合、文字を打つキーボードの後ろにしなければいけない。

そうすると、かなり弾きづらくなってしまいます。

鍵盤をどの位置にするのか、というのは長い間DTMerを悩ませている問題なわけです。

『Platform』は鍵盤を手前に収納できるので演奏しやすく、文字も打ちやすい。

機能的

・作業机
・鍵盤を載せる机
・ディスプレイを載せる机
・スピーカースタンド
・ラック

が一つの机にまとまっています。

価格も$549~と、普通のしっかりした家具くらいの値段です。

すべて木製

木製は反射音がいいんですよね。金属が使ってあると固い響きが混じってしまいます。

板も厚そうで強度も期待できます。

デザイン

好き嫌いもあるでしょうが、デザインがいいんですよ。

他にも似たような机はあるんですが、仰々しいというか、大げさな感じがあるんですよね。

『Platform』はシンプルで、ホームスタジオのリラックスした、コンパクトな空間になじみそうな雰囲気があります。

スタジオ機材というよりも、家具のような感じ。実はその点が一番好きだったりします。

掃除も楽そうですしね。

作ってもらった!

残念なことに、『Platform』は日本国内では販売していません。しかも、結構サイズがでかいんですよね。アメリカン。

というわけで、サイズなど、色々直したものを作ってもらっちゃいました!

究極のわがままDTM用デスクを作ってもらった!

 
スポンサーリンク  

関連記事

シールドプラグのプラグのみの音質聴き比べしたりレビューしたり【再掲】

シールドケーブルのプラグ(フォーンプラグ)で音質は変わるんですけど、あまり注目されてないので悲しい。

記事を読む

はじめてのボーカル用コンデンサーマイクにもおすすめ。MXLの『V67G-HE』

MXLのコンデンサーマイク『V67G-HE』を買いました。 仮歌やコーラス、Skypeなど

記事を読む

Cubaseでマウスオーバーしたパラメーターを操作出来るフィジコン Steinberg CMC- AI を買う前に読んで欲しいレビュー

マウスのポイントを乗せるだけでそのパラメーターを操作できるフィジカルコントローラーSteinberg

記事を読む

音楽製作にもペンタブレットを使うと捗ります

音楽制作の時、ペンタブレットも使っています。   数年前に音楽関係者ではない知人

記事を読む

僕の使用感から導き出した最強のギター・ベーススタンド特集

気分転換に模様替えをしてみたんですよね。 そしたら僕の家って色々なギタースタン

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑