「音の悪い」小型スピーカーを探し続けています。試したものをレビューする。

楽器・ハードウエア

普段、音楽制作をするときは「モニタースピーカー」と言われる、原音の再現度が高いスピーカーを使っているのですが、

制作した音楽は、最終的にテレビやスマホ、ノートPC他、いろいろなスピーカーで聴かれるので、制作中の聴こえ方と、最終的なユーザーへの聴こえ方が違う場合が多い。

なので、最終的に聴かれる環境を再現し、チェックするため、聴きやすくて”音の悪い”サブモニターを探しています。

せっかくなので、今まで試したものをレビューします。

SONY『SRS-A1』★★★★☆

うちのメインサブスピーカー。周波数レンジがそこそこ広く、ダイナミックレンジが狭い。

音が柔らかく聴きやすい。ちょっと音がよすぎる。

今回紹介した中で、リスニング用途ならこれを使いたい。

生産完了しているみたいだけど、似たようなモデルなら傾向は同じだと思う。

BUFFALO『BSSP29UWH』★☆☆☆☆

紹介する中では最安。

高域にジャリジャリした成分があり、ホワイトノイズが乗っていてSN比が悪い。

さらに、音量の大小が極端なので、かなり聴きづらい。

音の悪さ自体はいい感じなんだけど、聴いていて不快なのでつらい。どんな用途でもおすすめしない。

created by Rinker
バッファロー
¥564 (2019/02/19 16:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

LOGICOOL『Z120BW』★★★★☆

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

適度に音が悪く、かつ聴きやすい。

リスニング用にもおすすめ。うちのは壊れてしまった…

created by Rinker
ロジクール
¥1,620 (2019/02/19 16:41:34時点 Amazon調べ-詳細)

ANKER『SoundCore mini 』★★★★★

Bluetooth搭載。

手元に置いて音が出せるので、スマホ感をチェックしたいときはいい。

音質は中域に寄っていて、声が聴きやすく、気持ちよさもある。見かけによらず、低音が出る。

リスニング用途なら声中心のライブ配信におすすめ。

ラグが体感で40msくらいあるので、そこは注意。

2があるみたい。

Noise Ash『Speaker Sim』★★★☆☆

スピーカーのシミュレートをするプラグイン。悪くないが、やはり現物から音が出ていないと気分が出ない。

テレビの音がシミュレートされてないのが不満。

■SpeakerSim | NoiseAsh

おわりに

昔は紙みたいなペラペラなスピーカーも多かったんですけど、最近のものはどれを買っても音がそこそこよくて、スピーカー単体でスマホやテレビのような音が出るような、音の悪いものはほぼないですね。

テレビの音に近いスピーカーを探すより、小さいテレビを買って、モニター専用にしたほうが早いのかもしれない。

スタジオのサブモニターとしては、SONY「ZS-M5」も有名ですね。

サブモニター用途のスピーカーならフリマアプリ「メルカリ」で探すのもよさそう。

■メルカリ