日本産ファンク、ダンス系ドラムループ集『EDOMAE LOOPS』レビュー

公開日: : ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

日本産ファンク、ダンス系ドラムループ集『EDOMAE LOOPS』レビュー

なんだかお寿司が食べたくなってくるドラムループ集『EDOMAE LOOPS -RYO KANDA & TRIP edition-』のレビュー。

先日、ドラムの音作りのお話を聞かせてもらった「神田リョウ」さんの生ドラムと、「TRIP」さんのヒューマンビートボックスのループ集。スタジオ「江戸前レコーディングス」で収録されています。

ざっくり

・ファンク、ダンス系のタイトめなサウンド
・収録の量が多い
・フィルのバリエーションが多い

ファンク、ダンス系

タイトでドライな音。ある程度処理されつつも、ナチュラルめの加工になっています。

フレーズは16分を感じさせるものが多い、ファンク、ダンス系。テンポはBPM70~180。早いテンポのファイルは少ないです。

■公式デモ

曲中に使うのもいいし、アレンジの仮リズムに使うのもよさそう。気分が乗る仮リズムを入れると作業が進むんですよね。

ファイルフォーマットは96kHz、24bitと高レートなだけあって、ハイハットがきれいに響きます。

音づくりのバリエーションが多い

キックのリリースが長いものとか、普段は楽曲の制約であまりできないような音づくりの遊びが入っていて面白いです。ループからインスピレーションを得て曲を作っていくのもよさそうですね。

キット自体の種類は多くない印象。

収録されている量が多い

公式サイトだとアナウンスされてないんですが、収録されている量がなかなか多いです。

・ドラムは1155ファイルで、5.5GB程度。
・ボイスパーカッションは452ファイルで1.5GB程度

特に、フィルインのバリエーションが多いのが嬉しい。内容の3分の1くらいはフィルインになっています。

ヒューマンビートボックスについて

加工したものと、加工前のものが収録されています。

わりとシンプルめなフレーズが多いですね。使いやすそうな感じはあります。

ヒューマンビートボックスって、ティンバランドに憧れて隙があれば入れたいなとずーーーと思っているんですけど、なかなか曲にハマりづらかったりするんですよね。

おわりに

実際のところ、フレーズのループで一番使うのってドラムですよね。

そういえば、このループを使ったメトロノームアプリが出るとか出ないとか。

購入はこちらから。

■EDOMAE LOOPS -RYO KANDA & TRIP edition – 江戸前レコーディングス

 
スポンサーリンク  

関連記事

作曲家のための自動作曲ソフト『ORB COMPOSER Pro』レビュー

2018年4月2日に発売された、作曲家のための自動作曲ソフトHexachordsの『ORB

記事を読む

StudioOne3.5への要望を送ります。クオンタイズの問題など。

このブログでStudioOneのことを色々と書いてきましたが、こんなところで書いて終わる

記事を読む

進化しすぎたOmnisphere 2の検索機能で未知の音を発見できそう

Omnisphere 2の検索機能すごすぎませんか。ありとあらゆる方法で検索できるようになっ

記事を読む

音質も機能も最強。ナイロンギター音源『NYLON GUITAR』と『NYLON STRUM』レビュー

Ilya Efimov Productionのナイロンギター音源『NYLON GUI

記事を読む

ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

ウーリッツァー音源Waves『Electric 200 Piano』のレビュー。 Wu

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑