【プラグイン】 マスタリング用コンプ/マキシマイザー Slate Digital FG-X が最高すぎるのでレビュー【聴き比べあり】

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 プラグイン

スポンサーリンク  

 

【プラグイン】 マスタリング用コンプ/マキシマイザー Slate Digital FG-X が最高すぎるのでレビュー【聴き比べあり】今年一番感動した買い物だと言い切れるプラグイン、Slate Digital FG-X を紹介したいと思います。

この前まで「音圧あがらない:;(∩˃̣̣̣̣̣̣﹏˂̣̣̣̣̣̣∩);:」ってずっと言ってたこおろぎさんですが、

FG-Xを入れたらみるみる音圧が! (30才 男性)
FG-Xのおかげでお肌もつるつるになりました! (30才 男性)

Waves L316は持ってたんですが、音圧を上げすぎるとつぶれた感がすごくあったんんですよね。低音も高音もパンチがなくなるし。僕の曲だとそういう感じを出したくないので結局音圧を低めに設定したりするんですが、やっぱり迫力が・・・・

と、そこでちょうどセールをやってたんで買ってみたんですが、これがものすごくよかった。

特徴としては
・とにかくクリアに音圧が上がる
・メーターが超見やすい
・めっちゃ重い

じゃあ一つづつ解説するね。

とにかくクリアに音圧が上がる

ほんとこれ。とりあえず聴いてもらった方がいいと思ってご用意しましたよ・・・フヒヒ

先日公開した魔界探偵社のイントロをL316、FG-X、両方RMS-10dBで聴き比べてみました。ミックスの拙さはご理解をw


※FG-Xはコンプ使わず。両方ともパラメーターを弄らずにレベルだけ入れました。

L316の方が派手に聴こえますけど、アタックが潰れて汚いです。というかここまでやるとNGですねw

FG-Xだとアタックも残ってて、ダイナミクスが感じられて、クリーンです。しかもFG-Xはさらにここから音圧を上げられるので、最終的にはL316よりも大きな音になります。

音質は特に高域の伸び方が僕のツボです。透明感があるというか。

メーターが超見やすい

セクション毎にメーターがついてるんですが、コンプはVUメーターでリダクションが見やすく、アウトプットは超ロングなデジタルのメーターでシビアに。RMSも同時に。アウトはVUもついてます。

ああ最高すぎる。メーターで音圧がどれくらいかわかるとすごく追い込みやすいんですよ。ニコニコ動画は音圧大事っすから・・・・(涙)

あと1つの画面で全部完結するのが超ありがたい。

めっちゃ重い

とにかく重い。うちのPCはWindows7 Corei5 3.10GHzなんですが、1つ挿すとこのくらいまで使います。

よくわからない?Cubase付属のコンプを16個挿したのがこれです。

これは笑いましたw 重すぎるわw

僕は1曲単位で公開するときはマスタリングも一緒にやっちゃうんですけど、いつも処理能力がギリギリです(;´;´▿`;`:)

セクションを一つずつ解説しよう

ついでに。

コンプセクション
まずインプットボリュームがないので、適度にレベルを上げて突っ込んだほうがコンプをかけやすいです。
完全にマスタリング用になってて、いっぱいに効かせても音が破堤しないようになってます。本当に繊細な利き方で、レシオも細かく調整できる。このコンプ大好きです。

あと、説明書に
”ATTACKとRELEASEを両方ともとてもslowに設定すると、レベラーのように使用することが出来ます。インプット・レベルに応じてゲイン・スライダーを手作業で動かしているかのような動作をするのです

このモードでは2通りの使い方が考えられます
・RATIOとThresholdを高い値にしておき、曲の中での大音量の瞬間にRMSレベルが高くなりすぎるのを防ぐ
・RATIOとThresholdを低い値にしておき、1曲を通じてRMSレベルの変化幅を小さくする。”

ってありますね。知らんかった・・・w 使おう。

マキシマイザーセクション
最初にトランジェントセクションってのがあるんですけど、ここで低域と高域のパンチを強調できます。

なるほど、キックとハットあたりのアタックが出てくるんですけど、やりすぎるといびつになりますね。

んで、GAINで音量を調節して、そのあとDynamic Perception っていうのがすごくて、ダイナミックレンジを広げる事ができるんですね。うん。この効きもすばらしくて、ノブをまわすと余裕をもった感じに聴こえるようになります。自然です。

そのあとはITPスライダーってので、サチュエーションカーブのキャラクターを変えられます。

それでそれでConstanr Gain Monitoringボタンで同じ音量でのエフェクトのOn/Offを聴き比べられます。あら便利。

あとはディザーとアウトプットレベルの設定ですね。本当に最終段に挟むプラグインという感じがしますね。設定はデフォルトで16bit、-0.1dBにしてあるのがうれしい。旅館のおかみさんレベルの気の利き方ですよこれは。

 

こんな感じです。いかがでしょうか。僕の大好きさが伝わったかな┌└(^o^)┘┐

 

んで、これだけFG-Xがいい感じだと、同社の他のプラグインも気になり出しまして、VCCってやつがよさそうだなと。

おっと、こんなところにYuuki-Tさんのブログが!

どん底からのDTM生活 ~リターンズ~: SLATE DIGITAL VCC ファースト インプレッション

処理の重さが気になってるんですが・・・続きはよ!

※追記
この記事を見ていただいて、続きを書いてくださいましたw ありがとうございます!しかも超詳しい!

どん底からのDTM生活 ~リターンズ~: SLATE DIGITAL VCC 負荷テスト

 

Slate Digital – Home Page

 
スポンサーリンク  

関連記事

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む

ミックスにも使えるグラフィックイコライザー Waves GEQ レビュー

30バンドのグラフィックイコライザープラグイン Waves GEQ 使ってます。

記事を読む

ビンテージ・ディレイプラグイン、Nomad Factory 「ECHOES」レビュー

ビンテージ・ディレイのエミュレーション、Nomad Factory「ECHOES」のレビュー

記事を読む

【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー

勘違いしてARC1の方を買ったんですが、めげずにレビューしよう・・・アップデートした方が安いかと思っ

記事を読む

爆速でオーディオループをスライスして演奏可能にするループサンプラー『Vice』が使いやすい

New Sonic Artsのループサンプラー『Vice』を導入しました。 オーデ

記事を読む

Comment

  1. 千田 金一 より:

    音圧を上げるには

      FG-XとiLoKの両方必要でしょうか?

      宜しくお願い致します。

  2. […] ・【プラグイン】 マスタリング用コンプ/マキシマイザー Slate Digital FG-X が最高すぎるのでレビュー【聴き比べあり】 […]

  3. […] 残りとしては、「音圧上げツール」として有名なL2, L3シリーズも入っているので、今までのL1からどう変わったかも試したい。L3よりSlate Digital FG-Xの方が良いというような話も目にするけど、まぁ、まずは一歩ずつ進めていかないとね。そんな感じでちょっと中身が薄い記事で恐縮…また何か気づいたことがあれば、少しWavesに関して書くと思う。 […]

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • まだデータがありません。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑