1962年製ギブソン ハミングバードを丁寧にサンプリングしたアコースティックギター音源「Sunbird」が自然すぎてすごい。

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 ソフトウェア音源 ,

スポンサーリンク  

 

1962年製ギブソン ハミングバードを丁寧にサンプリングしたアコースティックギター音源「Sunbird」が自然すぎてすごい。sunbirdbanner

どうも。ギターから音楽をはじめたのに、すっかり弾かなくなったこおろぎです。はじめてアコースティックギター音源を買ったんですけど、リアルすぎてびっくりです。時代はここまで来たのかと。

今回は1962年製ギブソンハミングバード(Gibson Hummingbird)をサンプリングしたアコースティック・ギター音源「Sunbird」のレビュー。

メーカーはAcousticSamples。Windows/Mac対応、無償のUVI Workstation 2に読み込んで使います。iLokも必要。

まずは3曲作ってみましたので聴いてみましょう。

・ピックのストローク&ミュート

・早いピックのストローク。低音弦。

・指弾きアルペジオ&ソロ

うん、アコギが全面に出てるのに打ち込みの違和感がほとんどないですね。

2曲目はコードをエディットしましたが簡単でした。

3曲目はChordモードとSoloモードを組み合わせてます。ハンマリング&プリングとダブルストップがSoloです。

ざっくり

✓音が良い&繋がりが自然
✓ヴィンテージ感が合わない場面があるかも
✓U87をはじめ、3本のマイクの豪華さがすごい
✓パラメーター多すぎ
✓パラメーターを全てMIDI CCに割り当てられる
✓ギターを弾いたことがないと追い込むのは難しいかも
✓ループは使いづらい
✓CPU使用率が高い

音が良い&繋がりが自然

それぞれの音もかなり良いのですが、それに加えて、コードをアップ&ダウンストロークで弾く音がめちゃめちゃ自然です。いわゆる「マシンガン」になりません。

加えてたくさん用意されてるパラメーターを追い込んでいくことで相当生っぽくできますが、ギターを弾いたことがないと追い込むのは難しいかもしれません。

奏法は、アップストローク、ダウンストローク、ラウンドロビン、リリース、スタッカート、ミュート、パーム ミュート、ハンド ブロック、スライド、ハンマーオン、プリングオフ、リトリガー、フレット ノイズ、パーカッションなどが収録されてます。

実際に使ってみるとよくわかるんですが、サウンドといい、機能といい、良いギターとマイクを使っているだけじゃない”こだわり”を感じます。

1962年製、ギブソンと言うだけあって、ビンテージ風味で泥臭さは感じるので、マーティンなどのクリーンな音が好きな人は合わないかもしれないですね。特にアルペジオはちょっと荒く聴こえる時があります。

ちなみにCPU使用率は僕の環境で20~40%を行き来する感じですね。めっちゃ使います。

ギブソンハミングバードとは

Music Machines, December 17, 2012 Maggie Osterberg via Compfight

ギブソンハミングバード(Gibson Hummingbird)は、1960年から発売された、美しいハチドリが描かれた鮮やかなピックガードが印象的なアコースティック・ギター。

材質はトップがスプルースで、サイドとバックはマホガニー。”ハニートーン”と呼ばれる倍音成分の多い音色。

使用者はジョン・レノン、キース・リチャーズ、長渕剛、北川悠仁(ゆず)、大森靖子など、昔から現在、海外および日本でも愛用しているアーティストが多い。

サウンドを一言で言うとガッツがあるジャカジャカ系の音です。

– wikipediaより編集

マイクの豪華さがすごい

マイク


✓ペアのDPAマイク(Overheads)
✓U87(Close)
✓ピックアップ(Pickup)

この3つのマイクがあり、さらにそれぞれの音を混ぜる事ができます。豪華過ぎる…。
3つとも大きく音色が違う、という事もなく、それぞれ丁寧に収録されている印象です。

デフォルトは一番右のDPAマイク(Overheads)になっています。クリアな音でステレオになっていて気持ちがいい。

真ん中、U87(Close)はモノラルで、DPAに比べると「コワッ」とした音になりますね。マイクの位置も近いです

NEUMANNのU87といえば、スタジオ大定番のマイク。現行品のU87 Aiだと30万くらい。これですね。

現行品のものではなく、Aiが付かない「U87」ってかなり高いよな確か…

左、ピックアップ(Pickup)について、僕はアコギのピックアップの音って嫌いなのですが、これは聴けます。というかこんないいアコギピックアップの音、今まで聴いたことない。自然で素朴な音です。

公式によるとエフェクトをかける場面にいいみたいです。

パラメーター多すぎ

ざっくりと説明したいと思います。

大きくSolo、Chord、Patterns、MIDI Guitarの4つのモードがあります。

Solo

solo

Soloモードは割と単純で、レガートの方法を切り替えるのが主な操作になっております。

ハンマリング(Hammer)、スライド(Slide)、レガート(legato)、なし(off)の4種類ですね。

特に、スライドが自然なので感動です。このために収録されてないとピッチベンドでやることになるので、不自然になっちゃうんですよね。

この音源、コード弾きが気に入ってるんですがギターソロもいけそうです。

Chord

chord

最も使うのがChordのモード。このパラメーターが異常に多い。

・「Guitar」はコードを押えるだけじゃ鳴らなくて、鍵盤のC4~C5を弾いて音を出します。ギターを弾くように鳴らす感じですね。

・「Piano」はコードを押さえただけで音が出ます。
・「STRUM SPEED」は「ジャラーン」って弦を弾き下ろす/上げる速度

など、あとは自分で確認してください(めんどくさくなった)

デフォルトでは出来る限りローコード(低いポジション)で弾くようになってます。弾き語り設定ですね。「AUTO VOICING」をオフにしてハイポジションで弾いたり、ポジションはカスタマイズもできます。細かい。

カポ(CAPO)設定ができるのもすごい。ローコードで弾きにくいキーが出てきた時に使えそうですね。ってギタリストしかわからないよなこれ。

Pattern

Pattern

67種類のパターンが収録されてますし、自分でパターンを作ることもできますが、正直MIDIで打ち込んだほうが早くないかな…。

パターン自体もいまいちしっくりこないので、結局自分で打ち込んだほうが早そうです。自然だし。

MIDI Guitar

MIDI Guitar

もう意味がわからないですね。

エレキギターでライブしてて、持ち替える事無くMIDIでこれを鳴らす、という芸当もできるのでしょうか。

Preferences

Preferences2

各プレイモード共通の細かい設定画面。なんか色々いじれます。

鍵盤を離した時の音「Fret Noise」と、ピック/指が選べる「Play Mode」の所を一番使うかなと。

なんかピック弾きに違和感があるなと思ったら、デフォルトでピッキング(picking)だけが指弾き(Finger)になってるんですよね。なんで…気をつけましょう。

指弾き

以上のように、色んなパラメーターがあるのですが、右クリックで全てMIDIに割り当てられるので、打ち込みで微妙な調整をして追い込むといい感じになります。

僕の調整

ベタで打ち込むだけでなく、細かく調整することでより生っぽくなります。今回の曲で僕がやった方法を書いてみます。

MIDI CCにパラメーターを割り当て、オートメーションを書いて音色を変化させる技を多用してます。

Palm Muteを駆使してニュアンスを変化させる

手の側面でミュートしたり外したりしてニュアンスを変えてます。この曲では、途中から全部ミュートにしたり全部外したり、ということをやってます。なぜかこの音源では布になってますけど…

MUTE

CLEAN PLAYをコードチェンジ前に下げて弾ききれてない感じを出す

実際にアコギを弾くときには、コードチェンジの際に綺麗に音を出し続けることは不可能なので、音が綺麗に鳴らなくなるパラメーター「CLEAN PLAY」を下げます。

これはストロークの画面。下の線がオートメーションのラインですね。

CLEAN

STRUM SPEEDを細かく調節する

コードのストロークのスピードを曲のテンポや構成に合った速度にします。

例えば曲の始まりの「ジャラーン」、と曲中の「ジャラーン」と、曲の最後の「ジャラーン」は速度がそれぞれ違いますよね。

この曲では、ミュート解除した後のストロークでは少しだけ遅めに設定してます。こういう風にパターンの中で変化させるのも面白いです。

STRUM

Preferences→Fret noiseのゲインを下げる

離弦した時のフレットノイズ、「キュッ」ってやつが鳴り過ぎなので、下げたほうがよさそうです。実際ローポジションだけで弾いてるのに、毎回こんなに鳴らないので。

あと、ボディを叩く音の後にフレットノイズが入ってて、これはミスですかね…

ローカット

多分ローカットをしてなくて、20Hz付近まで鳴ってます。適度なローカットが必要ですね。これはプラグインでやりました。

他にも、パラメータがたくさんあるので、いじるのが好きな人は色々遊べそうです。そうじゃない人もそれなりに鳴らせる音源だと思います。

おわりに

いやー、アコースティック・ギターの録音ってめんどくさいですよね。

マイクを用意して、マイク位置を調整して、プリアンプを暖めて、DAWでトラックとか用意して、昼間に汗だくでOKテイクが出るまで何度も録音しなければいけない…僕は自分で弾けて録音できるのに、他の人に有料で頼んじゃうくらいめんどくさいわけです。

それでも今までは自然なアコギ音源がなくて敬遠してたわけなんですが、このSunbirdくらい自然だと簡単なものならこれでよさそうです。めっちゃ使っていきます。

購入とか

代理店FOMIS SWLのサイトで日本語の説明が見れます。若干見づらい…

・FOMIS SWL | Sunbird

元のサイトでもかなり詳しい説明がされているので、英語読める方はどうぞ。あと、購入はこちらからだと119€です。

・acousticsamples | sunbird

 
スポンサーリンク  

関連記事

低音が心地いい。最高の無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Organ」レビュー

今回はSamplephonicsの無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Org

記事を読む

StudioOne3.5への要望を送ります。クオンタイズの問題など。

このブログでStudioOneのことを色々と書いてきましたが、こんなところで書いて終わる

記事を読む

モダンでソリッドで効果音も使えすぎるソフト音源『Omnisphere 』レビュー

”ディープなシンセシス能力を備えた現在考えうる限り最も強力なシンセサイザー” SPECTRASON

記事を読む

ピアノ、ハープ、音程打楽器がおすすめの無料オーケストラ音源「VSCO」【デモあり】

Versilian Studiosが配布している無料オーケストラ音源「VSCO」のレビューです。

記事を読む

使えるブラジルパーカッション音源「Samba Drums」レビュー

今回はKontakt用ブラジルパーカッション音源「Samba Drums」のレビューです。

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑