シールドプラグのプラグのみの音質聴き比べしたりレビューしたり【再掲】

公開日: : 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

シールドプラグのプラグのみの音質聴き比べしたりレビューしたり【再掲】シールドケーブルのプラグ(フォーンプラグ)で音質は変わるんですけど、あまり注目されてないので悲しい。

前に紹介した「ミュージシャン、クリエイターのための電源&ケーブル入門BOOK」でも触れてなかったです。

というわけで、僕が試した範囲で熱い感想を書いていきますよ。メーカーでほぼ音質は同じだと思うので、型番は省略します。

あとシルバーと金メッキは音の傾向が明らかに違うので、把握しておくといいと思います。

SWITCHCRAFT(スイッチクラフト)

いつものやつですね。無難だけどガッツがある音。

NEUTRIK シルバー(ノイトリック・シルバー)

レンジが広く中低域が豊かに感じます。アコースティックな音に向く印象。あと作りやすくて壊れにくそう。

アコースティックギタープレーヤー松井祐貴くんや弟、興梠孝也も愛用してるようです。

NEUTRIK GOLD(ノイトリック・金メッキ)

低音が重厚で高音のきらびやかさが増します。管楽器、ボーカルに使うとよさげですね。

ちょっと前のインタビュー記事でゴウ・ホトダさんが「機材を繋ぐケーブルは全部このプラグで作る」っておっしゃってましたね。

G&H (ジーアンドエイチ)

G&H Plug

SWITCHCRAFT系の音ですが、エッジ感や抜けはこっちの方があります。とりあえず自作派の人はSWITCHCRAFTからこっちに変えてみるとわかりやしーかと。

OYAIDE (オヤイデ)

これまたSWITCHCRAFT系の音ですが、カドが取れてレンジが広い丁寧な音がします。繊細、とはちょっと違うかな。僕が自作する時は大体このプラグを使用してます。

ZAOLLA GOLD(ザオラ・金メッキ)

ZAORRA GOLD

低音が濃密で、高域がかなり暴れてる印象。メタル系の人には合いそう

この金メッキのものは販売終了してるみたいです。

 

んで、プラグ、ケーブルの音を吟味し続けた結果、僕のベースのシールドはMONSTER CABLE SP1000です・・・・・自作じゃないっす← ま、まあ楽器との相性や、自分の理想の音ってありますからね・・・・・

自作して思ったのは、プラグ、ケーブルが同メーカーだと相性がいいですね。当たり前だね。

完成品のケーブルについてのレビューだったらこの本がおすすめです。

面白い事に電源ケーブルも素材の音の傾向は同じなんですよね。でわでわ

 
スポンサーリンク  

関連記事

わりとコンパクトなアナログシンセKORG monotribeのレビュー【再掲】

ソフトシンセじゃ物足りない! と思ってて、ツマミがたくさんあるアナログシンセが欲しかったん

記事を読む

DTMにも使いやすいコンパクトな卓上アンプシミュレーター、マルチエフェクター『AMPLIFi TT』

ギター、ベースに力を入れていこうと思っています。こおろぎです。 DAWにギター

記事を読む

オーケストラのソロ楽器演奏者は自分の録音環境を持ち、仕事の幅を増やすことをおすすめしたい

楽器演奏者は自分の録音環境を持っていると仕事の幅が増えます。 ギターやベース奏者はライ

記事を読む

フットスイッチで音楽制作が捗るかもしれないと思ったので導入してみました。

弟がスーファミのコントローラーを利用したフットスイッチを自作してたんです。エミュレーターにキーを割り

記事を読む

RME Fireface UCの電源アダプタをYAMAHA PA-6に交換したら滑らかな音質へ改善したかもしれない話

  オーディオインターフェイスは音の出入り口。電源を良いものにすると、システム全体の音質改

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑