【教則本】「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のレビュー【再掲】

公開日: : 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

【教則本】「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のレビュー【再掲】ブラス&ストリングスアレンジ自由自在という本について。

インスト用

この本を買おうかなという人にとって一番重要じゃないかなという情報ですね。
ボーカルに対してのアプローチの仕方が全く書いてないんです。知識自体は歌モノでも役に立つと思いますが。

DTMer用

DTMをやっている人で、ちゃんとストリングス・ブラスの基礎を身につけたいな、という人にオススメ。
シーケンスデータのTipsも書いてあるので参考になります。それぞれの章の最後に箇条書きでポイントを書いてあるのも分かりやすい。

内容はほとんどが管弦楽法

楽器自体の構造や奏法など、ポップスで使うなら十分なストリングスやブラスの知識が書いてあります。ここにほとんどのページが割いてあります。

これを読んでおけばDTMだけじゃなくて、実際に演奏可能な曲を書けるレベルになるはず。補償はしませんけどw

ストリングスにおけるハーモニーという項では、楽器法・ボイシングと同時に和声法についても言及してます。ここは取捨選択が難しかっただろうなあと上から目線で思いました。

ブラスに関しても、ボイシングや、ブラス独特の「アプローチ」といわれる和音のつけ方が分かりやすく書いてあるのがすごくいい。

ジャンルはポップス

なんだろうこのもにゃっとした感じ・・・・がっつりクラシックでもジャズでファンクでもない感じですね。

でも基本がしっかり書いてあるので、それから専門的なジャンルの音楽を分析していけばいいのかなと。

アレンジ自由自在()

はっきり言って自由自在じゃないです。ですが逆に「鉄則」という風にはっきりとルールを決めてあるので、すごく理解しやすいと思います。

そこから自分で応用を効かせていけばいいんじゃないかと。

まとめ

基本的に内容は濃いんですが、方向性がちょっと曖昧かなという印象。

とりあえず歌物について言及してないのは痛いですし、DTMer向けだったらそこまで詳細に楽器の解説を入れなくてもいいんじゃないかとか

対位法についても全くスルーなので、ちゃんとアンサンブルを考える上でそれはどうなんだろうとか。まあそれを書き出すと1冊じゃ収まらないんですけど・・・・

あと、筆者さんのオススメの曲があるとよかったかなと思います。

なんだか上から目線の文句ばっかりになってしまいましたが・・・w 管弦楽法や和声法の膨大な量をこれだけ簡潔にまとめたのはすごいなあと思いました。

あと、歌モノですが、ストリングス&ブラスのアレンジの参考曲。quasimodeさんのMusic Can Change the World feat. HanaH です。ストリングスとブラスを同時にいれるとゴージャスな印象を出すのにいいですよね。

ブラス系の関連記事
実用ジャズアレンジメント レビュー
ポップス歌モノ系ブラスの勉強には絢香×コブクロのWINDING ROADがオススメ

 
スポンサーリンク  

関連記事

【教則本】オーケストラで使う楽器についてお勉強 ウォルター・ピストン「管弦楽法」レビュー

管弦楽法とは、オーケストラの曲を書くための技法のことです。 管弦楽法posted with カ

記事を読む

プロデュース力は音楽を作れることと同じくらい大事だ

YUKI、中島美嘉、Superfly、ゆず、flumpool、JUJUなどの作品に関

記事を読む

作曲家を目指す人の教科書「職業作曲家への道」レビュー

FF12の崎元仁さんなど、気になる方々が参加しているので買ってみました。 ざっくりレビ

記事を読む

【教則本】複数のメロディを同時に美しく鳴らす謎の技術の本 ウォルター・ピストン、長谷川 良夫 対位法レビュー

対位法とは複数のメロディを同時に美しく鳴らすにはどうすればいいのか。というお話です。 和声法と

記事を読む

【音楽の本】Tweet&Shout 〜 ニューインディペンデントの時代が始まる〜 読んだ感想とか色々

弟に「いい本だったよ」と言われてとりあえず買ってみたんです。 なんだか昔のロックみたい

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑