【教則本】実用ジャズアレンジメント レビュー【再掲】

公開日: : 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

【教則本】実用ジャズアレンジメント レビュー【再掲】

実用ジャズアレンジメントとありますが、ブラスのアレンジのみについての本です。

目次

1 ジャズアレンジメントの特徴と基礎知識
2 少数パートのハーモニゼイション
3 4パートのハーモニゼイション
4 5パートのハーモニゼイション
5 6パート以上ののハーモニゼイション
6 トゥッティ
7 スコアリング

目次を見てもわかりますが、ほぼハーモニゼイション(主にソリ)についてしか書かれてません。

歌モノに対してのアレンジは出てきませんし、各パートがバラバラに動くアレンジもほとんど出てきません。他のパートに対するアプローチも最後の1曲だけしか載ってないというすごくニッチな本。

スコアの分析と一緒にやった方が絶対いいです。これだけ読んでも実践ですぐ使える感じではないです。

そのかわりすごく・・・濃いです///お腹いっぱいです/// ”ハーモニゼイションの教科書”っていう感じで、本気でやろうとしてる人じゃないと心が折れるレベル。

ハーモニーの名前は「俺のフォース・インターバル・ビルドをくらえ!」とか「ラスト・リズミック・アタック!」とか、必殺技みたいな感じで厨二っぽく覚えると覚えやすいです(華麗な嘘

 

「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のような楽器についての解説はないので、楽器の知識、和音に対する知識があらかじめ必要です。平行して勉強してもいいですね。

という感じで、覚悟して買わないといけない本です。

ではでは。

 

ブラス系の関連記事
【教則本】「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のレビュー
ポップス歌モノ系ブラスの勉強には絢香×コブクロのWINDING ROADがオススメ

 
スポンサーリンク  

関連記事

技術はあるのに楽曲がウケない人は「企画力」が足りない

AKB48をはじめ数々のヒットを生み出している秋元康さんの「企画脳」を読みました。 企画脳 (

記事を読む

【教則本】オーケストラで使う楽器についてお勉強 ウォルター・ピストン「管弦楽法」レビュー

管弦楽法とは、オーケストラの曲を書くための技法のことです。 管弦楽法posted with カ

記事を読む

【音楽の本】Tweet&Shout 〜 ニューインディペンデントの時代が始まる〜 読んだ感想とか色々

弟に「いい本だったよ」と言われてとりあえず買ってみたんです。 なんだか昔のロックみたい

記事を読む

DTMerが生産性を高めるためにはどうしたらよいか。「 自分の時間を取り戻そう 」を読んで考えてみた。

ちきりんさんの著書『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』を読

記事を読む

勝ててない人にもおすすめの本、梅原大吾著「勝ち続ける意志力」読みました。

日本人初のプロゲーマー、梅原大吾さん著の「勝ち続ける意志力」読みました。 驚いたのは、最近

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑