遊郭で実際に演奏されていた音楽について調べてみた。

公開日: : 最終更新日:2017/10/07 その他

スポンサーリンク  

 

遊郭で実際に演奏されていた音楽について調べてみた。

遊郭に絡んだ作品で音楽を作ることになりまして、いい機会なので遊郭の音楽について調べてみました。

遊郭や遊女をテーマにしたものではなく、実際に流れていた音楽についてです。

遊郭とは

遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画のこと。広義には、芸妓を含んだ花街や、私娼街も含めた通称である。■Wikipedia | 遊郭

1589年ごろ、豊臣秀吉が天下統一をするあたりからはじまって、1872年ごろ、明治あたりまで続く。

歴史は長いですね。

遊郭で音楽は流れていたのか

そもそも、実際の遊郭で音楽は流れていたのか。

時代劇などでは必ずといっていいほど流れていますが、実際には流れていなかったのかもしれないと思い、そこから調べてみたところ、良いページを発見。

・質問 明治30年以前の吉原遊廓について、深夜に三味線の演奏が可能であったかどうか知りたい。

・回答 「戌の刻 張見世は午後六時ぐらいから十二時ぐらいまで」
「吉原の引け(終了)は表向きは午後10時ごろであるが、実際はこの時間になる」(午後12時頃)との記載がある。

■リファレンス協同データベース

実際に、営業時間にはずっと演奏されていたようです。

「そういう音」をマスキングするという点でも演奏形態とうまくマッチしたんでしょうね。

遊郭での音楽のバリエーション


・唄なしの三味線である「すががき」
・2人1組で流して歩く「新内流し」
・それが座敷に招かれて演奏されるもの

この3つが代表的な音楽とそのシチュエーションですね。

すががき

往来に面した店先に遊女が居並び、格子の内側から自分の姿を見せて客を待つ「張見世の間」ではすががきと言われる唄なしの三味線が演奏される。

新内流し

粋な着流しに男は吉原冠り、女は吹き流しの手拭いで三味線を弾きながら廓や花街を流して歩く。客の求めに応じて屋外から、ときには座敷に招かれて演奏する。

この動画は実際のシチュエーションを再現していてわかりやすい。

歌なしでポロポロやりながら歩いて、リクエストがあったときに唄を歌う形。

新内流し(しんないながし)とは

遊郭の音楽「新内流し」をもう少し掘り下げて調べてみました。

まとめ

・江戸時代の末期頃から
・新内流しは新内節の演奏家の営業方法の1つ
・新内節は三味線音楽で、元々は歌舞伎の伴奏音楽として演奏されていた
・浄瑠璃と言われる語り物
・浄瑠璃は物語を叙情的に語り、感情移入が多くドラマチック

■参照 新内節 – 人間国宝鶴賀若狭掾

新内節とは

鶴賀新内が始めた浄瑠璃の一流派。

浄瑠璃の豊後節から派生したが、舞台から離れ、花街などの流し(門付け)として発展していったのが特徴。哀調のある節にのせて哀しい女性の人生を歌いあげる新内節は、遊里の女性たちに大いに受け、隆盛を極めた。 ■新内節 | Wikipedia
 

新内流しとは

新内節演奏家の営業法の一つ。普通2人1組となって、普通三味線の手と、それより高い調子の三味線(上調子といいます。)この2丁の三味線で合奏し三味線を弾きながら、街頭を歩いていきます。

上調子の人は小さいバチで演奏します。この2人で、あの流しの音色は奏でられます。

よばれた時のみ座敷に上がって、または屋外に立って芸を聞かせる。また、流しをすることは、修行の一つでもあった。 ■新内節 富士松延治太夫

三味線について

・普通三味線と、高い調子(上調子)の三味線2台を使う。
・使用される三味線は新内節のために作られた、チューニングされたものを使う。

打ち込む場合は、サンプリングされた楽器を見つけるのが難しいです。

一般的に音源化されているのはほとんど津軽三味線なので、こういう語り物の三味線と比べて音が固い。

厳密な時代設定の作品だったら偽物だとバレてしまうはずです。

三味線という楽器そのものに関してはギターと感覚がかなり近い。

ジャカジャカ弾くからギブソン系を使うとか、優しく弾き語るからマーチン系を使うとか、弦が太いとか細いとか。

流派と違った三味線を使うと、ヘヴィメタルをフェンダーのストラトで演奏してる、みたいな違和感がでてくるわけですね。

歌もあるし、こういう曲調を打ち込みでやるのは難しいということがわかりました。ただ、型は決まっているので、ライブラリの音源でなんとかなりそうです。

おわりに

ここまで遊郭の音楽を調べてきたんですが、

今回の作品は実際に演者が歌ったり、何度も形を変えて登場するという、記号のようなわかりやすさが必要だったので、新内流しというコンテキストを全部無視して、かごめかごめのような、わらべ歌みたいな曲にしました。

歴史としては嘘なんだけど、作品としてはよいものにできたなと思っています。元々作品自体がファンタジーなんですけどね。

という流れで、リーディングライブ『冷華~ソレハ舞イ散ル桜ノ様ニ~』の主要な音楽を制作しました。よろしくお願いします。

リーディングライブ『冷華~ソレハ舞イ散ル桜ノ様ニ~』の主要な音楽を制作しました。


 
スポンサーリンク  

関連記事

ブログのメインイラストを描いていただいたので、せっかくだから制作のやりとりを晒してみた

  イラストレーター、スギタさんにこのブログ「こおろぎさんち」のイラストを描いていただきました。

記事を読む

市販の音声素材でも不適切なことがある?イスラム教と音楽制作の関係についてのまとめ

しばしば、イスラム教のことに触れた楽曲で問題が起こっていますね。 ■『ストリートフ

記事を読む

Q.NIの規約にサウンドライブラリへの使用はダメだと書いてあるのですが、ストックサービスへの登録はできますか?A.できます。

Native Instrumentsの規約を読むとサウンドライブラリへの使用はダメだと書いて

記事を読む

不思議な、怪しい雰囲気のクラシック曲まとめ

不思議だったり、怪しい雰囲気のクラシック曲が好きなのでまとめてみました。 『 金平糖の

記事を読む

同じ音のくり返しで発生する「マシンガン効果」とは、脳のエラーではないか。

マシンガン効果とは 同じサンプル、波形の音が連続で発音されると不自

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑