『Sunset Sound Studio Reverb』レビュー。一流スタジオの響きが手に入るリバーブプラグイン。

プラグイン

リバーブプラグインのIK Multimedia『Sunset Sound Studio Reverb』を購入。

LAの伝説的なスタジオ「サンセット・サウンド」のスタジオ、ブース、プレート・リバーブを再現するリバーブです。

ざっくり

・ナチュラルで柔らかい質感
・操作がシンプル
・好みがはっきり分かれる
・CPU負荷は軽め

現在、僕のレコーディングのほとんどは0.5畳のブースで行い、ブースはできるだけデッドにして、プラグインで部屋の響きを足しています。

その役割を今まではWaves「Abbey Road Chambers」でやっていたんですが、よりオフマイク感が出るということで「Sunset Sound Studio Reverb」に置き換えてみることにしました。

そのあとさらに長いリバーブを足してまとめる、という感じ。

サウンド

「各部屋のインパルス・レスポンスをスタジオのコンソールで収録し、コンソールの信号経路もモデリングして再構築することで暖かみのあるリアルな残響を生成」とのこと。

種類は

・チェンバー:Studio 1、Studio 2、Studio 3
・ライブ・ルーム:Studio 1、Studio 2、Studio 3
・アイソレーション・ブース:Studio 1、Studio 2、Studio 3
・プレート・リバーブ:Plate 1、Plate 2
・スプリング・リバーブ

になっています。ビジュアルも見ることができます。

それぞれWet 100%で聴いてみます。

ティンホイッスル、ピアニカ、クラップ、声、セリフ。

ドライ

Neumann M269とTelefunken V76のシミュレートで収録。+1176系コンプ。

チェンバー:Studio 1

チェンバー:Studio 2

チェンバー:Studio 3

ライブ・ルーム:Studio 1

ライブ・ルーム:Studio 2

ライブ・ルーム:Studio 3

アイソレーション・ブース:Studio 1


アイソレーション・ブース:Studio 2


アイソレーション・ブース:Studio 3


プレート・リバーブ:Plate 1


プレート・リバーブ:Plate 2


スプリング・リバーブ


ライブルームはそれぞれ質感が違っていいですね。まさにオフマイクのような響きを足してくれます。ライブ・ルームのStudio 3をよく使っています。

チェンバーやプレートも柔らかくていい響きです。

ブースはあまり使わない気もしますが、隠し味的に加えるのも面白いかもしれません。

操作がシンプル

とにかくシンプル。

1枚のGUIで完結します。「これしかできません」という潔さがよいです。

シンプルなことで、迷うことも少ないんじゃないかなと思います。

逆に、サウンドがハマる人とハマらない人にハッキリ分かれるプラグインではあるなと思います。

CPU負荷はリバーブの中では比較的軽めで、Waves「H-Reverb」の半分くらい。うちだと占有率3、4%くらいです。

パラメータ

・プリディレイ
・ディケイ
・ハイパスおよびローパス・フィルター
・ロー/ハイ・シェルビングEQ
・ステレオ・イメージ
・ウェット/ドライ・ミックス

ウェット/ドライのミックスはデフォルトがDRY0dBになっていて、インサートで使ってください、という感じ。

基本インサートで入れて、オフマイクを足していくようなイメージでWETを使う、という使いかたなのかなと思います。

インサート、センドどちらもプリセットがあり、どちらの使用でもいけるようになっていますが。

インプットで歪みやすいので、そこは注意です。

おわりに

特定の響きしかできないので、これを使い続けることで、自分の個性にできないかなーと思ってます。

こおろぎ
回り続けるgifを見てたら酔ってきた…

■T-RackS Sunset Sound Studio Reverb | beatcloud

■T-RackS Sunset Sound Studio Reverb | IK Multimedia