手のジェスチャーによってMIDI入力ができる機器『Leap Motion』でDTMをするための設定まとめ

ガジェット・PC

手のジェスチャーによってコンピュータの操作ができる入力機器『Leap Motion』を、DTMのために導入しました。

ちょっとてこずってしまったので、DAWに入力できるようになるまでのメモを書いておきます。

環境

・Windows10 Home 64bit 1809
・DAW StudioOne

繋ぐ

まずはPCに繋ぐ。ケーブルは2本付属していますが、繋ぐのは1本だけ。

反応速度も関わってくるようなので、できるだけハブを使わず、USB3.0ポートに繋ぐ。

デスクトップのソフト

まずは以下からドライバを含むソフトをダウンロードしてインストール。

■https://www.leapmotion.com/setup/desktop/

仮想MIDIデバイス

GECOからDAWに入力するための仮想MIDIデバイスをインストール

LoopMIDIというソフトを入れました。

リンク先、右の「download loopMIDI」からダウンロード。

■LoopMIDI

MIDIコントローラーソフト

MIDIコントローラーソフト「GECO」を入れます。

リンク先、中央の「Download for Windows」からダウンロード。

■Geco MIDI – Leap Motion Gallery

GECOのエラーを解決

GECOで「Please connect your Leap Motion Controller and make sure the Leap Motion software is running」

(Leap Motion Controllerを接続してLeap Motionソフトウェアが起動していることを確認してください。)

というメッセージが出て認識されない時は、

下記からLeap Motion SDK v2.xをダウンロード、インストール。

■https://developer.leapmotion.com/sdk/v2

インストール中に

「NVIDIA、AMDまたはIntelの専用グラフィックドライバがインストールされていないようです。お使いのグラフィックハードウェアに適したドライバをダウンロードしてインストールしてください。」

というメッセージが出る場合がありますが、「無視」を押して続行。

インストール後、

C:\Program Files (x86)\Leap Motion\Core Services\Drivers

にあるdpinst64.exeを実行してインストール。

これでエラーが消えました。

他にも色々と原因があるようですが…

設定

Leap Motionを起動させ、
GECOを立ち上げて左上の「File→Document Settings」を選択。左上のMIDI settingsのOutput Portを「loopMIDI port」に。

StudioOneの「外部デバイス」で「追加」。受信元をLoopMIDIにしたデバイスを作ります。

これで各トラックのインをLeap MotionにすればOK。

ちなみに僕はMIDIを「全ての入力」にしているため、一時的に使わない時はツールバーから「Pause Tracking」で停止させています。

SWAM Violinに使用する

Leap Motionを導入したのは、特にSWAM Violinに使用するため、物理的に抜き差ししたり

とりあえず動いた動画。前半は何もしてない。後半でエクスプレッションにだけLeap Motionを使用。

物理モデリング音源の場合、生楽器を演奏したサンプル音源よりも表情がついていないので、オートメーションで細かく表情をつける必要がある。それをマウス入力でやるとめんどくさいし、機械的になってしまう。

Leap Motionであれば、有機的で感覚的に入力できる。1曲作ってみましたが、ほんとに弾いているような感覚で入力できました。

物理モデリング音源マスター、t1さん(@soppypopsy) のサイトには導入や各パラメータ等の解説があるので、参考にしましょう!

■soPpypoPsy

■Leap Motion 公式サイト