【音楽の本】リスニングオーディオ攻略本 レビュー 【再掲】

教則本・その他本

音楽制作で使う機材とリスニングオーディオの物って全然違うね。

音楽制作は脚色のない正確さが要求されるのに対して、リスニングオーディオは自分好みの音で聴くために色づけしていくものを使うからだと思う。あとは用途が違うから、ハードウェアがそれ用のつくりになってるってのもあるわな。特にオーディオインターフェイス。

しかし「いい音で聴く」っていう根っこは一緒なわけで。

そこでこんな本読んでみました

ミュージシャンも納得!っていうフレーズにビビビʅ(´⊙ਊ ⊙` ʅ っと来ちゃった。

キャラクターを登場させて会話なんかを入れながら和気あいあいと進んでいくんですけど、内容がマニアックすぎる( ゚౪゚ )だけど難解じゃない (☉౪⊙)ところがすごくいいです。特にスピーカー調整の追い込み方が半端じゃない。これで入門用・・・・?

赤川新一さん著の「赤川式自宅スタジオ構築バイブル」を読んだ事がある方なら自宅モニタリングと共通する事が書いてあるので、妙な事でも納得出来るはず。

専門的な用語もちらほら出てくるんですけど、そこはググれば初心者でも大丈夫でしょう。

この本のさらにすごいところは、サウンドチェック用CDが付いてる事。

まあCDぐらい今の時代普通なんですけど、この本のために新録音したヴァイオリン、チェロ、ピアノのトリオの音源、さらに製作風景のレポート、アーティストの対談、インタビューもあります。これはリスニングオーディオの本だよ・・・ね?

レコーディングはサンレコ等でおなじみ赤川新一さん。なぜか使ってるマイクや機材も書いてある・・・これ、リスニングオーデ(ry

というわけで、いつもとは違う視点で面白い本でした。

 

関連記事

赤川新一さん著の本
【本】自宅スタジオ構築バイブル レビュー 【再掲】

ルームチューニングめんどくせえって人はこれ
【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー