Q.トゥルーピークはあまり気にしなくて良いのでしょうか? A.目立たない場合もありますが、一応気にかけたほうがいいです。

公開日: : Q&A

スポンサーリンク  

 

Q.トゥルーピークはあまり気にしなくて良いのでしょうか? A.目立たない場合もありますが、一応気にかけたほうがいいです。

Q.トゥルーピークはあまり気にしなくて良いのでしょうか?

最近、トゥルーピークの存在を知りました。越えないようにしようと思うのですが、一方で、CDになっている物のなかでも越えているものがあると書いてありました。あまり気にしなくて良いのでしょうか?

それが気になって頭がトゥルトゥルになってしまいました。

トゥルーピーク(インターサンプルピーク)とは

デジタル音声をアナログに変換、あるいはリサンプリングする際に発生する、デジタルよりも大きな振幅のピークのこと。

A.目立たない場合もありますが、一応気にかけたほうがいいです。


CDやオリジナルのデータの場合は再生機器のほうで音割れを回避してくれるのでほとんどの場合は大丈夫ですが、mp3に変換した時や動画にしたときなど、エンコードしたときには影響が出ます。

目立たない場合もありますが、どちらにしろ音に影響があるので、一応気にかけたほうがいいです。

簡易な回避策としては、マスタリング時に1dBほどマージンを残しておく方法があります。

それでも気になるのであれば、トゥルーピークリミッターというものを挟むと確実に抑えられます。

無料だとvladg/sound「Limiter №6」、有料だとFlux::「Elixir」Waves「Loudness Meter Plugin – WLM Plus」など、色々なものがあります。

質問はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メールは kohrogi34@gmail.com です。

 
スポンサーリンク  

  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑