Q StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』のよさを教えてください。A 「音の質感を変えずにパンを振れる」というところです。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 Q&A, テクニック, プラグイン ,

スポンサーリンク  

 

Q StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』のよさを教えてください。A 「音の質感を変えずにパンを振れる」というところです。150

StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』について、

snapcrab_noname_2016-12-28_17-23-46_no-00

ブログに

「左右の信号を別々にパンできる。地味にかなり使います」

Studio One おすすめの付属プラグインエフェクトと全レビュー

と書かれていますが、何がいいのかよくわかりません。教えてください。

kohrogi_23AC0E_400
「音の質感を変えずにパンを振れる」というところですね。

例えばコントラバスなど、ステレオで収録されている音源がもともと左右に寄っているとき、

通常のパンだと、左右のチャンネルの音量バランスを変えているだけなので、パンを振ったときに音源の質感が変わってしまいます。

とりあえず聴いてみましょうか。最初がステレオで処理したのもの。そのあとがそれをモノラルにしたもの。モノラルのほうが音色の変化がわかりやすいはず。

パンは中央→右 → 左に変化します。



ステレオファイルというのは、モノラル×2のファイルなので、音源が左右に寄っていると、左右それぞれの音が違うんです。
なので、この場合、左にパンを振ると、左側に収録されている、残響が多いサウンドだけになってしまいます。音量も下がる。

Dual panだと右の音量を保ったままで左に移動できるので、音源の質感が変わりません。

さきほどと同じようにパンを振ってみます。



変わってないですよね。

ちなみに、Dual panは左右のチャンネルを独立させてパンしているだけなので、振り切ってしまうとステレオ感がなくなってしまうのですが、ステレオの広がりをを保ったままパンを振れるA.O.M.『Cyclic Panner 』のようなプラグインもあります。

■Cyclic Panner | AOM


 
スポンサーリンク  

関連記事

登場する楽譜は本物!SHIROBAKO 17話 オーケストラの考察と再現

音楽に詳しくない方でもわかるように解説してみます 1度でいいから見てみたい、僕の曲をオ

記事を読む

軽やかでポップな歌モノストリングスアレンジの打ち込みをする10のコツ

すっかり春ですね。 今回は歌モノの曲に軽やかなストリングス(ヴァイオリン)を打ち込みで

記事を読む

スタッター、グリッチ、フィルターを駆使したフィルが簡単にできるプラグイン「Glitch Bitch」がすき

  サンプル、ソフトシンセで有名なメーカーVengeance-soundの「Glitch

記事を読む

周波数の戦いは終わった!同じ周波数の音を住み分けてくれるプラグイン「TrackSpacer」 レビュー

"The fight for frequencies is over"(周波数の戦いは終わった)

記事を読む

まるで小さなL3。マルチバンドコンプ+マキシマイザーのWaves OneKnob Louder は簡単に音圧が上げられるし軽い

1つのノブだけで操作するプラグインエフェクトシリーズ、Waves OneKnob Serie

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑