Q StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』のよさを教えてください。A 「音の質感を変えずにパンを振れる」というところです。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 Q&A, テクニック, プラグイン ,

スポンサーリンク  

 

Q StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』のよさを教えてください。A 「音の質感を変えずにパンを振れる」というところです。150

StudioOneの付属プラグイン『Dual pan』について、

snapcrab_noname_2016-12-28_17-23-46_no-00

ブログに

「左右の信号を別々にパンできる。地味にかなり使います」

Studio One おすすめの付属プラグインエフェクトと全レビュー

と書かれていますが、何がいいのかよくわかりません。教えてください。

kohrogi_23AC0E_400
「音の質感を変えずにパンを振れる」というところですね。

例えばコントラバスなど、ステレオで収録されている音源がもともと左右に寄っているとき、

通常のパンだと、左右のチャンネルの音量バランスを変えているだけなので、パンを振ったときに音源の質感が変わってしまいます。

とりあえず聴いてみましょうか。最初がステレオで処理したのもの。そのあとがそれをモノラルにしたもの。モノラルのほうが音色の変化がわかりやすいはず。

パンは中央→右 → 左に変化します。



ステレオファイルというのは、モノラル×2のファイルなので、音源が左右に寄っていると、左右それぞれの音が違うんです。
なので、この場合、左にパンを振ると、左側に収録されている、残響が多いサウンドだけになってしまいます。音量も下がる。

Dual panだと右の音量を保ったままで左に移動できるので、音源の質感が変わりません。

さきほどと同じようにパンを振ってみます。



変わってないですよね。

ちなみに、Dual panは左右のチャンネルを独立させてパンしているだけなので、振り切ってしまうとステレオ感がなくなってしまうのですが、ステレオの広がりをを保ったままパンを振れるA.O.M.『Cyclic Panner 』のようなプラグインもあります。

■Cyclic Panner | AOM


 
スポンサーリンク  

関連記事

Q.パラデータ納品とは何ですか? A.各楽器ごとのバラバラのデータで納品することです。

Q.パラデータ納品とは何ですか? シンガソングライターです。 編曲でのパラデータ納品とは

記事を読む

ディエッサーの上位互換かもしれない。周波数追従型のカット専用ダイナミックEQ『soothe』レビュー

今回は周波数追従型ダイナミックEQ、oeksoundの『soothe』(スース)について書い

記事を読む

全力でDTMのレッスンをしてみました。4つ打ちポップの場合。

編曲のレッスンをして欲しいとご依頼がありましたので、お請けすることにしました。 例

記事を読む

多機能で波形が見えるし軽い、初心者にもおすすめのコンプレッサー『Manic Compressor』レビュー

多機能で波形が見えるコンプレッサープラグインエフェクト、Boz Digital Labsの『

記事を読む

ゲームに音楽を効果的に使うための、時間の長さの設計について

今回は、ゲームに音楽を効果的に使うための、時間の長さについて考えてみます。 曲の長さは

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑