自然な和太鼓音源『Japanese Taiko Percussion』レビュー

公開日: : ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

自然な和太鼓音源『Japanese Taiko Percussion』レビューbonodori_taiko
和太鼓音源、SONICA INSTRUMENTSの『Japanese Taiko Percussion』のレビューでござる。

BFDの追加音源です。BFD、もしくはBFDecoがないと動作しません。なので、このためにBFDecoも一緒に購入しました。

ざっくり

・ドライで自然な音質
・かけ声がほとんど使えない
・サンプルを割り当ててあるキーがバラバラ
・インストールがつらい

収録されているのは、

大桶胴太鼓A、B、長胴太鼓A、B、附締太鼓1・2A、1・2B、当り鉦、かけ声A、B、C

大体それぞれ2種類といったところ。編成としては中規模ですね。

ドライで自然な音質

余計な響きがなくて誇張された部分がない、ドライで自然な音質です。

革の音が結構入ってますね。低音はちょっと少なく感じます。

早速デモを作ってみました。

大太鼓のパートにActionStrikesの和太鼓音色を足して低音を補ってます。

ActionStrikesのほうが現代的な音色で、迫力と響きがありますね。

元がドライなので、迫力を出すのにはリバーブがかなり重要。IRリバーブを結構かけてます。

きちんと音を作っていかないと、迫力を出そうとしても弱く聴こえそうです。

こちらは公式デモ

かけ声がほとんど使えない

かけ声も収録されているんですが、使いづらいものがほとんどですね。

怒声のようなものが多いです。

単純な「ハッ」「ソイヤッ」とか、そういうバリエーションがもっと充実してたらよかったんですが。

女性のものもあります。

割り当ててあるキーがバラバラ

BFDecoだけかもしれないですが、楽器ごとにキーの割り当てがバラバラです。

例えば、

・大太鼓Aは、Dが通常の打音、C#がロール。リムはなし。
・大太鼓Bは、Eが通常の打音、ロールはなく、D、C#はリム

というふうに、音色を割り当ててあるキーがバラバラなので、フレーズをコピペしてもそのまま鳴りません。

楽器によって奏法も偏っていて、使いづらいです。

インストールがつらい

インストールが上手くいかなくて5時間くらいかかってしまいました。一度諦めかけました。

何回もインストールしたり、あらゆるフォルダにデータをコピーしたので、なぜ成功できたのかわかりません。

これからインストールされるかたは頑張ってください。

おわりに

使いづらいんですが、純粋な和太鼓音源ってこれしかないので、余裕が出たらBFDへのアップグレードをしたいです。

■Japanese Taiko Percussion | Media Integration

 
スポンサーリンク  

関連記事

新しいスタンダードになる予感がするフィジカル・モデリングのベース音源『MODOBASS』

IK Multimediaの『MODOBASS』は、フィジカル・モデリングによるエレクトリッ

記事を読む

ナチュラルを極めたエレピ音源。ウーリッツァー『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』

今回はPREMIER SOUND FACTORYのエレピ、ウーリッツァーの『Wurly Premie

記事を読む

8種類のマイクで音作りをしていく明るいピアノ音源、Waves『Grand Rhapsody Piano』レビュー

Waves『Grand Rhapsody Piano』を導入しました。 世界で最も高額

記事を読む

モダンでソリッドで効果音も使えすぎるソフト音源『Omnisphere 』レビュー

”ディープなシンセシス能力を備えた現在考えうる限り最も強力なシンセサイザー” SPECTRASON

記事を読む

質感のよい民族楽器の総合音源「MOTU Ethno2」

実はこの音源しょちゅう使います。 基本的にはインスト曲で使うような音が多いんですが、歌

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑