ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

ソフトウェア音源

ウーリッツァー音源Waves『Electric 200 Piano』のレビュー。

Wurlitzer Electronic PianoのModel 200をサンプリングしたバーチャル・インストゥルメントです。

評価★★★★★

・ふくよかでクセのない音
・ヌケがよくフレーズが見えやすい
・音づくりの幅が広い
・動作が安定している
・Kontaktがいらない

セールで安かったのでなんとなく買ってしまったのですが、思いのほかよくて少しずつ使ってたら、実はものすごくよいことに気づいてしまいました。

今はウーリッツァーを使うときは基本これです。

公式デモはこちら。

音はふくよかで柔らかい。プリセットが豊富

音がふくよかで柔らかく、雰囲気が出しやすいです。かつ、ラインが曖昧にならず見えやすい。

ウーリッツァー特有の泥臭さが少ないんですが、きちんとウーリッツァーっぽい、という絶妙な感じ。

ベロシティによる歪みも気持ちいいです。急激に歪まないし。

パラメータやエフェクトも多く、音づくりの幅が広いです。

パラメータは以下

・ベロシティカーブ
・フォルマント
・ノイズ
・コンプ
・アンプ
・トーン
・トレモロ
・オートパン
・フェイザー
・コーラス
・リバーブ

特に、フォルマント(FORMANT)は自然に音色の柔らかさを変えられるので使い勝手がよいですね。

プリセットはこんな感じ。

安定感がある

全く変な動作をしないです。サンプルの読み込みが若干時間がかかりますが。

あと、Kontaktベースじゃないので、Kontaktを持っていない人にもおすすめです。

おわりに

Wavesってプラグインのイメージが強いんですが、インストゥルメントのサウンドもかなりいいんですよね。安いですし。

ローズの『Electric 88 Piano』もちょっと固いですが悪くないです。

■Electric 200 Piano | Waves