【教則本】R&B/ファンクスタイル レビュー【ベース】【再掲】

公開日: : 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

【教則本】R&B/ファンクスタイル レビュー【ベース】【再掲】教則本マニアの僕が、かつてこれほどまでに熟読した本があっただろうか、
いや、ない。

本日はR&B/ファンクスタイル

というベースの教則本を紹介します。内容はある程度弾ける中級者以上向けです。

収録されてる演奏のよさ

なんといってもこれ。数人のベーシストが参加してて、誰がどこを弾いてるか正確にはわかりませんが、音作り、フレーズ、グルーヴに尋常ならざるこだわりが感じられます。要するにめちゃめちゃかっこいいです。

かっこいい演奏を手本にするってのはすごく大事ね。

練習がしやすい

基本4~8小節のループなので、長いフレーズを覚えるのがメンドクサイっていう僕みたいな人でも大丈夫です。

僕の練習の仕方は、CDのマイナスワンをDAWに取り込んで、ループさせて延々と弾くっていうやり方です。

DAWだとテンポも変えられるので、難しいフレーズは遅いテンポではじめたりも出来ます。オススメ。

フレーズが多い

基本フレーズ、奏法、時代・地域別、ベーシスト別など、ほんとにフレーズが多い。CDも2枚組み。

R&B、ファンクならではのキャッチーでインパクトのあるフレーズはベーシストなら押さえておきたい所。そして理論的な説明が少なめなのが男らしい。弾いて覚えろっていう。

個人的にはアシッドジャズ系のフレーズがあったらよかったなと思いますが、この本は泥臭い系中心なので外されてるんでしょう。

情報が多い

参考音源の紹介があったり、説明がすごくきちっとしてあります。

時代背景をわかって弾く大事さを教わりました。R&B、FUNKについては大体これで知ったかぶれるはず。

他の教則本にあるような、「R&Bってこんな感じだよ~」っていうのじゃなくて、かなりガチな感じが最高です。

演奏、執筆してる方々の、本当に好きだッ!っていう感じが伝わってくる超良書です。

 
スポンサーリンク  

関連記事

作曲からビジネスのスキルまで。「ゲームサウンド制作ガイド」はゲーム音楽制作の教科書

「ゲームサウンド制作ガイド」。 著者はウィニフレッド・フィリップス(Winifred

記事を読む

本当は教えたくない。僕が今年読んだ本【2012年】

エロ本じゃないすよ。音楽ビジネス方面の本ね。 こういう本読んでるって言うと、ファンの方に「あざ

記事を読む

【教則本】「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のレビュー【再掲】

ブラス&ストリングスアレンジ自由自在という本について。 インスト用 この本を買おうかなという

記事を読む

プロデュース力は音楽を作れることと同じくらい大事だ

YUKI、中島美嘉、Superfly、ゆず、flumpool、JUJUなどの作品に関

記事を読む

音楽家におすすめのマーケティング、メディア本で打線組んだ

2ちゃんねるで古くからあるネタ、「~で打線組んだ」を音楽家におすすめのマーケティング、メ

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑