幅広いスタイルのベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

幅広いスタイルのベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 レビュー教則本マニアの僕が、かつてこれほどまでに熟読した本があっただろうか、いや、ない。

ベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 を紹介します。内容は、中級者以上向けです。

収録されてる演奏がいい

数人のベーシストが参加していて、誰がどこを弾いてるか正確にはわかりませんが、音作り、フレーズ、グルーヴに尋常ならざるこだわりが感じられます。

音数の多いフレーズが中心で、ラインをたくさん動かしたい、という人に参考になります。

練習がしやすい

基本4~8小節のループなので、長いフレーズを覚えるのがメンドクサイ、という人でも大丈夫です。

フレーズが多い

基本フレーズ、奏法、時代・地域別、ベーシスト別など、ほんとにフレーズが多い。モータウン系からPファンク系まで、スタイルも広い。

R&B、ファンクならではのキャッチーでインパクトのあるフレーズはベーシストなら押さえておきたい。そして理論的な説明が少なめなのが男らしい。弾いて覚えろっていう。

個人的にはアシッドジャズ系のフレーズがあったらよかったなと思いますが、この本は泥臭い系中心なので外されてるんでしょう。

情報が多い

参考音源の紹介があったり、説明がしてあります。

時代背景をわかって弾く大事さを教わりました。R&B、FUNKについては大体これで知ったかぶれるはず。

他の教則本にあるような、「R&Bってこんな感じだよ~」っていうのじゃなくて、かなりガチな感じが最高です。

演奏、執筆してる方々の、本当に好きだ!っていう感じが伝わってくる超良書です。

 
スポンサーリンク  

関連記事

【スコア】ポップス歌モノ系ホーン・セクションの勉強には絢香×コブクロのWINDING ROADがオススメ

ポップス歌モノ系ホーン・セクションの勉強に、絢香×コブクロ「WINDING

記事を読む

佐々木俊尚さんの「キュレーションの時代」を読んでからキュレーションにハマっています

  最近「キュレーション」にハマってます。 キュレーション【curation】とは

記事を読む

ピアノが弾ける人向け!『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』レビュー

岡 素世さん著の『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』を読みました。

記事を読む

オーケストラアレンジをはじめたい人のための本「編曲の本」レビュー

日本作編曲家協会の回し者、こおろぎです。 この「編曲の本」はきちんとした理論書じゃない

記事を読む

「取り柄がない」「能力はあるはずなのに上手くいかない」と思っている人はマーケット感覚を身につけよう

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読みました。 マーケット感覚を身につけようpo

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑