幅広いスタイルのベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

幅広いスタイルのベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 レビュー教則本マニアの僕が、かつてこれほどまでに熟読した本があっただろうか、いや、ない。

ベースの教則本『R&B/ファンクスタイル』 を紹介します。内容は、中級者以上向けです。

収録されてる演奏がいい

数人のベーシストが参加していて、誰がどこを弾いてるか正確にはわかりませんが、音作り、フレーズ、グルーヴに尋常ならざるこだわりが感じられます。

音数の多いフレーズが中心で、ラインをたくさん動かしたい、という人に参考になります。

練習がしやすい

基本4~8小節のループなので、長いフレーズを覚えるのがメンドクサイ、という人でも大丈夫です。

フレーズが多い

基本フレーズ、奏法、時代・地域別、ベーシスト別など、ほんとにフレーズが多い。モータウン系からPファンク系まで、スタイルも広い。

R&B、ファンクならではのキャッチーでインパクトのあるフレーズはベーシストなら押さえておきたい。そして理論的な説明が少なめなのが男らしい。弾いて覚えろっていう。

個人的にはアシッドジャズ系のフレーズがあったらよかったなと思いますが、この本は泥臭い系中心なので外されてるんでしょう。

情報が多い

参考音源の紹介があったり、説明がしてあります。

時代背景をわかって弾く大事さを教わりました。R&B、FUNKについては大体これで知ったかぶれるはず。

他の教則本にあるような、「R&Bってこんな感じだよ~」っていうのじゃなくて、かなりガチな感じが最高です。

演奏、執筆してる方々の、本当に好きだ!っていう感じが伝わってくる超良書です。

 
スポンサーリンク  

関連記事

実践的な英会話テキストを学べる大人用教科書『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる』

誕生日プレゼントでAmzon欲しいものリストから『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英

記事を読む

無目的な勉強こそ後で活きる。『知的戦闘力を高める 独学の技法』を読んだ。

アルバート・アインシュタイン、チャールズ・ダーウィン、グラハム・ベル、ルードヴィッヒ・ヴィト

記事を読む

オーケストラアレンジをはじめたい人のための本「編曲の本」レビュー

日本作編曲家協会の回し者、こおろぎです。 この「編曲の本」はきちんとした理論書じゃない

記事を読む

パラパラ読める!『コンポーザーが教える作曲テクニック99』レビュー

どうも、教則本マニアです。 瀬川英史さん著リットーミュージックの『コンポーザーが教える作曲テク

記事を読む

【音楽の本】リスニングオーディオ攻略本 レビュー 【再掲】

音楽制作で使う機材とリスニングオーディオの物って全然違うね。 音楽制作は脚色のない正確さが要求

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑