伝統的な演奏から現代的アプローチまで対応する箏(琴)、低音琴、三味線の和楽器ライブラリ 『Koto Nation』レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/04/29 ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

伝統的な演奏から現代的アプローチまで対応する箏(琴)、低音琴、三味線の和楽器ライブラリ 『Koto Nation』レビューkoto700

今回は箏(琴)、低音琴、三味線、3つの音色が入っているKONTAKT用ソフトウェア音源、IMPACT SOUNDWORKSの『Koto Nation』のレビュー。

IMSWD003

販売サイトではサンプルパックという表記になってますが、きちんとパッチングされてます。

ざっくり

・使いやすく高音質
・音が硬め
・奏法が多い
・FXパッチは期待しなくていい

満足度が高い音源。トレモロの音が弱いところくらいしか弱点がないです。

公式の映像。

音質

3つとも、音質はクリアでカラッとしつつ、モチっとした感じもあり、さらにはすこしザラッとした感じが生々しく、粒立ちもよく、オケに混ぜた時の抜けもよいです。

ちょっと硬い感じもありますね。ゆったりとした曲を作る時は、耳につくサウンドにならないようプラグイン等で処理したい。

収録、パッチングも丁寧にしてある印象で、非常に使いやすい。

クローズとルームのパッチがありますが、ルームはナチュラルな音で使いやすそう。

箏(琴)の奏法

収録されている奏法は以下。
koto

文字だけだとわかりにくいものがあるので補足します。

Atonal Glissando

無調のグリッサンド。普段弾く側とは逆の弦をグリッサンドしたような、チューニングが合ってない音。

Hard Pluck

バズ音が大きく、音程感があまりない音色。ちょっと間抜けな感じもする音ですね。

Harmonics

ハーモニクスですね。わりと明瞭な音で使いやすそうです。
通常、琴ではほとんど使わないので、使いどころはハープを参考にするとよさそう。

Hits

ボディを叩く音。ギター的に使っていくとよさそうです。

Mordents

音を下げて戻すピッチベンド。押し手。モジュレーションで早さを変えられます。

Phrases

フレーズ。単純でバリエーションがほとんどないので、期待しない方がよいです。

Pizzicato

指弾きですね。柔らかい音で、琴っぽさは保ちつつ、ハープっぽいニュアンスになります。

Scrapes

弦をこすった、スクラッチ音ですね。必殺仕事人みたいな音。

Tremolo

なぜかトレモロだけ音が弱いので、トレモロを多用する人は少し考えたほうがいいかもしれないです。
弾き方自体が弱いので、フィルでよく聴かれる、トレモロからのグリッサンドがいい感じになりません。

低音琴

十七絃箏。

音域はC0~G2と結構低いです。低音域で重ねても濁りが少なく、使い勝手がよさそうです。

奏法は琴にはないものもあり、こんな感じ。
bass koto

Mutes

ブリッジミュートの音です。思いのほかリリースが長く、響きます。

Slides

下の音程からしゃくり上げる音。

Wood Hitsは箏のHitsと同じ奏法。

三味線

奏法はピッチベンドとサステインのみ。

bendはサンプル数が少なく、ちょっと不自然に聴こえる音程もあります。

FX

エフェクト等の処理がしてあるFXパッチ。

FX

リバーブやローファイ、グラニュラーシンセンスの加工がされた音ですね。加工しすぎて琴の必要性を感じないものが多い印象。Omnisphereによくありそうな音色。

特徴的なものを2つほど。

Basskoto Ambiance

スゥ~っという、リバーブがかかったホラー系の音。

Electric FM BK

ローファイに加工された、ピチカートっぽい音色。

デモ

作ってみました。

琴と低音琴を中心にして、ストリングス、笛、打楽器を加えたものです。

音が硬かったので、INのTransient Masterでアタックを柔らかくしたり、EQで高域を削ったりしてます。

次の曲は、現代的に仕上げてみました。

前半に箏、後半は三味線を使用しています。

リンク

購入はこちら。

■Koto Nation | Sonicwire

和楽器、箏(琴)の生っぽい打ち込み方法まとめ。ハープ+ギターのように考えてみる。

 
スポンサーリンク  

関連記事

実機以上の使い勝手。オルガン音源 Native Instruments Vintage Organs レビュー

CX-3を売っちゃったんで代わりになるオルガンとしてNative InstrumentsのVinta

記事を読む

StudioOneのMIDI、シーケンサー周りがどれだけダメかを自慢したい Ver.2.6.1時点

PresonusのDAW、StudioOneで100曲以上打ち込んだ僕がMIDI、シーケンサ

記事を読む

【ソフト音源】リアルなブラスセクション音源 Chris Hein Horns Vol. 2.0(クリスハイン・ホーンズ) レビュー【デモあり】

ブラスセクションの音源はChris Hein Horns Vol.2.0(クリスハイン・ホーンズ)

記事を読む

パラデータで配布している無料の生ドラムループ集「J3T Drum Tracks」を音作りの参考にしてみる

「ProducerSpot」から無償で配布されているドラム・ループ集「J3T Drum Trac

記事を読む

音作りの幅が広いタックピアノ、ホンキートンク音源『The Tack』のレビュー

タックピアノ音源『The Tack』をちょっと前に買いました。 タックピアノとは、ホン

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑