スコットランドの伝統的な木管楽器『バグパイプ』の打ち込み方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 テクニック

スポンサーリンク  

 

スコットランドの伝統的な木管楽器『バグパイプ』の打ち込み方法まとめbagpipe

オーボエのような、オルガンのような、時にはヴァイオリンのような音を出す、バグパイプ(bagpipe/bagpipe)の打ち込み方法について。

打ち込み難易度 ☆☆ やや簡単

強弱がなく、ドローン音を除けばソロのみ。
装飾音を含む、メロディの組み立て方に気を配りましょう。

バグパイプ(bagpipe/bagpipes)とは

bagpipe2

リードの取り付けられた数本のパイプをバッグに繋ぎ、溜めた空気を押し出す事でリードを振動させて音を出す。

バッグの押圧でパイプに送る空気の量を調節し、区切りなく音を出し続けることができる。旋律を演奏するチャンターの他に、しばしば一本ないし数本のドローンが付き、同時に鳴奏される。

楽器の起源は定かではないが、古くはローマ時代にまで遡ると考えられている。日本ではスコットランドのものが有名。

SCOTLAND THE BRAVEという曲が有名っぽいですね。勇敢で荘厳な雰囲気。

フィドル奏法っぽい音使いをすると放牧的で楽しい、民族的な響きになります。

2:00あたりから。

ギターのチョーキングのような音も出せるようです。最後の手全体を使ったトリルも印象的。

打ち込みのポイント

・音域をうまく使う
・息継ぎがないフレージングをする
・ミクソリディアンスケールを使う
・強弱はつけない
・頭の音を引っ掛けるような、装飾音符を入れる

音域はB♭2からD4までと、1オクターブちょっと。かなり狭いので、バグパイプを中心にキーやフレーズを組み立てていくことになります。

区切りなく音を出し続けることができる、というか、止めるのが難しいらしいので、音を出し続けるフレーズを作る。

これは色々な曲を聴いての憶測になりますが、一度キーを決めたら、そのキーのミクソリディアンスケール以外の音階が出せない。逆に、ファンタジー作品向けの曲だったらスケールを変えて、その縛りから外れてみると面白い効果が出せそうです。

音域も狭く、フレージングも幅がなく、強弱もつかないので、バグパイプ自体よりも、アンサンブルでサウンドを差別化していくことになりそうです。

装飾音符については、こちらの動画が参考になります。

かなり入れるようですね。装飾音符の入れ方を身に付けるのが一番大変そう。

打ち込んでみたもの

Wavesfactryのバグパイプ音源「W-Bagpipes」を使用して作ってみました。リコーダーと重ねてます。

おわりに

なかなか取り入れるのが難しいですが、音が特徴的なのでうまく使っていきたいですね。

リンク

自然なバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー


 
スポンサーリンク  

関連記事

ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい【第一回】ざっくりと全体を把握する

ストリングス、ブラス、コーラスのアレンジができれば一人前のアレンジャーと言われています。

記事を読む

クラシックを通ってない人も覚えておきたい第一転回形の和音についての真実。例えばC/E。

回転でもいいからお寿司が食べたい。どうも、こおろぎ(@kohrogi34 )です。 今

記事を読む

登場する楽譜は本物!SHIROBAKO 17話 オーケストラの考察と再現

音楽に詳しくない方でもわかるように解説してみます 1度でいいから見てみたい、僕の曲をオ

記事を読む

ポップな曲のブラス打ち込みのコツ【イントロ編】 feat.残響Pさん

まとめから。 ポップな曲のブラス打ち込み【イントロ】のコツざっくり ・パートは基

記事を読む

オーケストラ編成の基本を知ってリアリティを出そう | オーケストラ打ち込みの技

  今回はオーケストラの編成について。 DTMではどの楽器の組み合わせも制限が無いん

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑