コンボオルガンKORG『CX-3』レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

コンボオルガンKORG『CX-3』レビュー

もう売ってしまいましたが、コンボオルガンのKORG『CX-3』を所持していました。

なぜハードウェアのオルガンを買ったのかというと、ドローバーでの音作りとロータリーエフェクトが欲しかったから。これを買った当時のソフト音源は細かい音づくりができなかったんですよね。

マスターキーボードとしてもしばらく使ってました。鍵盤のタッチがすごくいいんです。トランスポーズは出来ないんですけど。上の部分が平たくなっているのでモノを置くのにもちょうどいいし。

ドローバー。これで音づくりをします。カチャカチャやるのが楽しい。

鍵盤は角が丸く、グリッサンドをしてもそこまで痛くなりません。

ロゴ。でかい。

オルガンはベロシティがつかないので、このボリュームペダルで表情をつけていきます。

売ってからはソフト音源のNative Instruments『Vintage Organs』を使っています。ハード以上の音作りができる。

実機以上の使い勝手。オルガン音源 Native Instruments Vintage Organs レビュー

オルガン参考動画

森俊之さん。ほんとすき。

ロータリーエフェクトをon/offして表情をつけていますね。

 

ロックオルガンの代名詞、ジョン・ロード。

説明不要の超有名曲。右チャンネルのギターみたいな音で鳴ってるのがオルガンです。こういう使い方もあるんですよね。

 
 

大髙清美さんもかっこいい。

 
スポンサーリンク  

関連記事

丁寧な音質の電源タップoyaide OCB-1 RXのレビュー

oyaide(オヤイデ電気)の電源タップOCB-1 RX を買いました。 このタッ

記事を読む

【オーディオ宗教】レクスト レゾナンス・チップ・ワールド ( REQST RC-WD)レビュー【再掲】

オーディオ宗教界隈ではもはや常識、レゾナンス・チップを買ってみました。エレキバンではない!マーブルチ

記事を読む

ドラムキットのような多彩な音色が出せる国産カホン、『奏-kanade-』と『鳴-naru-』

大阪にある川本楽器工房のカホンブランド「忍-shinobi- Cajon 」の 『奏-

記事を読む

ギターの余計な音をミュートしてサウンドの雑味を消してくれる『フレットラップ』は必需品なのでは。

ギターのレコーディングをするときに余計な音が出ないよう、弦にクロスを挟むことってないですか?

記事を読む

2系統の入出力をもつモニターコントローラーSPL『Model 2861 2Control』レビュー

スピーカー&ヘッドフォン モニターコントローラーのSPL『Model 2861 2Con

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑