ピッチ修正ソフトでボーカルレッスンをして生歌を上達させる方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/08 テクニック

スポンサーリンク  

 

ピッチ修正ソフトでボーカルレッスンをして生歌を上達させる方法sing

レコーディングの時、「キレイな波形してるね」と女性ボーカルの方を褒めたら「気持ち悪い」と言われました。こおろぎです。

ピッチ修正ソフトの波形を見ると、歌のうまさが大体わかるんですよね。

なので、逆にピッチ修正ソフトの波形から歌い方を分析することで元の歌を上達させることができるはず。

というわけで、今回はピッチ修正ソフトのどこを見たらよいか、そして歌い方をどう直せばよいか、というのを書いてみます。

公式で小林幸子様の歌う「千本桜」のボーカルが配布されているので、そちらと、僕が歌ったゴミボーカルをStudioOne付属のピッチ修正ソフト「Melodyne」で読み込み、比較しながらやっています。

・【小林幸子】千本桜(アカペラ)【職人歓迎】 | ニコニ・コモンズ

波形の見かたは、フワッとしていてオレンジのグラデーションのところがボリュームで、細い1本の線が音程(ピッチ)です。この1つの塊が基本的に一音、一言になってます。

Melodyne_1

ビブラートは一定の周期で

ビブラートの波が一定の周期で、ピッチの波が安定していると聴いていて気持ちがいいです。

ビブラートは修正するのが難しい部分ですので、生声できちんと歌えるようになりたいですね。

僕のビブラート。線がガッタガタ。

Melodyne_2

幸子様のビブラート。短い音価にもかかわらず、後半で美しい曲線になっている。
Melodyne_3

こちらは長い音価の場合。一定の周期を保ちながら後半になるほど広がっていく。美しすぎる。
Melodyne_4

全体のピッチが若干低めなのもポイントですね。ピッチが高い方に振れると、音が外れたような印象になってしまいます。

そして、長いビブラートでは、最後のほうでピッチが上下しちゃったりもするんですよね。幸子様はそれもない。

音程を安定させる

フレーズのピッチを1音1音安定させて歌わないと、音程が合っていてもふにゃふにゃした印象になります。

悪い例。音程の線が斜めになっているのがわかるでしょうか。特にひどいところは矢印で指してみました。
Melodyne_5

細かく音程が変わるフレーズで多いですね。こうなってしまうと、ソフトでもめちゃくちゃ修正しづらいです。

幸子様。一つ一つがきちんと真横に向かった波になっています。
Melodyne_6

音量を一定にする

ある程度音量を一定に保ちながら歌うと、安定して聴きやすい歌になります。歌詞も聴き取りやすい。

音量は収録後に修正できるのですが、元の音量が小さいところは声の出かたまで違うので、チグハグな声色になってしまいます。

悪い例。オレンジの帯の太さ=音量がまちまちですね。特に速い部分が声を出しきれてません。
Melodyne_7

幸子様。音量が一定です。
Melodyne_8

必要以上にしゃくらない

音程の「しゃくり上げ」は歌に表情をつけるためには重要ですが、必要以上にやらないほうがいいです。

サビの頭がしゃくり上がっていると、サビらしいガツンとした迫力が出なくなりますし、速い曲ではしゃくり上げる事によってスピード感が失われます。アコースティック系のシンガーの方は必要以上にしゃくっている事が多いですね。

幸子様の場合。先ほどのものと同じですが、細かいフレーズではしゃくり上げず、頭からきっちりと音程に合わせてます。
Melodyne_6

「しゃくり」の音程を正確に

意図的に音程をしゃくりあげて歌う場合にも、しゃくる前の音程をキーに合わせると曲の響きを損ないません。

ここが適当な人がかなり多い印象。

これは僕の歌を修正したもの。キーの音であるC#に合わせてます。
Melodyne_9

幸子様のしゃくり上げ。ビブラートの項目のものと同じです。
Melodyne_4

おわりに

いかがだったでしょうか。

小林幸子様のほうは、すでに色々と補正済みな可能性が高いですが、それでもダメなものとの比較としてはよいサンプルです。また、今回書いたことはどのジャンルの歌い方にも共通だと思っています。

当たり前ですが、録音した時点でよくないものは補正しても大したものになりません。あくまで補正なので。ソフトがあるからといって安心せず、元々の歌を上達させていきたいところです。

 
 

自分で録音して分析すると、波形で見ないと気づかないような、感覚とのズレや、悪いクセも見つかるかもしれません。

録音ソフトを持ってない方もいるとは思いますが、ピッチ補正ソフト付きのDAWを買うのも悪くない選択肢じゃないかなと思います。デモも作成できるし。

もちろんおすすめはStudioOne。最上位版にMelodyneが付属してます。

Pitch Monitorなどのフリーソフトもあるようなので、パソコンだけあればなんとかなるかもしれません。

・Pitch Monitor

知り合いにお願いして、自分の歌をピッチ修正ソフトで読み込んだ時の画像を送ってもらうのも手かもしれないですね。

music school M-Bank STUDIOさんでは歌のレッスンにピッチ修正ソフトを取り入れているようです。この記事を張り切って書きましたが、僕が知らないだけで一般的だった可能性があります。

 
スポンサーリンク  

関連記事

これだけは抑えておきたい!ミュージシャンのブログタイトルのつけ方 機材編

ミュージシャンの皆様、「検索流入が期待出来るブログタイトルをつける」事を意識しましょう。

記事を読む

アニメ劇伴の参考作品【劇伴まとめ第三回】

アニメの『劇伴』(ゲキバン)についてのまとめ。 三回目は僕が勝手に選ぶアニメ劇伴の

記事を読む

楽器らしい打ち込みがうまくなるコツ、それは実際に楽器を触ってみることだ

楽器を買うのにハマってます。 直近ではフルート、トランペット、ヴァイオリンを買いました

記事を読む

ハンバーガーでよくわかる コード構成音それぞれの役割

音楽で使われるコード(和声)を構成する音にはそれぞれ役割があります。 構成音の役割がハ

記事を読む

3ヶ月で100曲作った僕の早作曲メソッド

この間3ヶ月で100曲を作ったんですが、このペースで作る人は少ないのではないでしょうか。

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑