フィドル奏法も得意な高速レガートのソロヴァイオリン音源「Friedlander Violin」のレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

フィドル奏法も得意な高速レガートのソロヴァイオリン音源「Friedlander Violin」のレビューFriedlander Violin1

Embertoneのヴァイオリン音源「Friedlander Violin」の事を書くよ。KONTAKT専用だよ。

ざっくり

・レガートが速い
・奏法が多い
・ダイナミクスでの表情がつけやすい
・発音タイミングがバラけている
・アンサンブルはあまりよくない
・コストパフォーマンスが高い

レガートが速い

1番の特徴は速いレガートが得意だということ。公式デモはとにかくその特徴を出すような曲になってますね。

弓の方向まで決めてくれるらしい。

音源のFriedlanderというのもフィドル奏法から来てるのかな。

フィドルみたいに、ピッチをしゃくりあげるダブルストップもよく似合います。

僕は放牧的な、泥臭い曲によく使います。

奏法が多い

レガート、ピチカート、スタッカート、トレモロなどに加えて、ソルディーノやスルポン、スル・タストをキースイッチで切り替えられます。なにはともあれ多いというのはありがたい。

FX的な音はないですが。

ダイナミクスでの表情がつけやすい

モジュレーションを使って、強弱とビブラートを同時にコントロールできます。モジュレーションの強弱は音色も切り替わります。
Friedlander Violin

ビブラートも機械的で不自然じゃなくていい感じです。

発音タイミングがバラけている

MIDI上でタイミングぴったりに打ち込んでもリズムがヨレて発音される時があります。

特にレガートを使った時。パラメータの左上のSpeed:Lower、Speed:Upperの値を上げればレガートのつながりの速度を上げられるので、とりあえずそこを上げます。
Friedlander Violin2

修正がめんどくさい時は、一度書き出してメロダインのようなソフトでいじったほうが早いかもしれないです。

アンサンブルはあまりよくない

Friedlander Violin3
アンサンブルモードもありますが、音色をコピペしただけっぽいので、そんなにいい感じではないです。ソロ専用音源として使ったほうがいいかなと。

コストパフォーマンスが高い

16bit版で$120、24-bit版で$125。この質なら満足できる価格だと思います。

おわりに

リズムがヨレたりして調整の手間がかかる音源ですが、なかなか生々しく表情が出せるのでわりとおすすめです。

そういえば、弓を返すタイミングを決められないって嘆いてましたが、弾く強さか何かで変わるっぽい。

リンク

購入はこちらから。

・Friedlander Violin | Embertone
 

 
スポンサーリンク  

関連記事

【ピアノ・キーボード編】NI KOMPLETE 9 ULTIMATE 全部レビュー

Native Instruments KOMPLETE 9 ULTIMATE 【ピア

記事を読む

自然なバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー

今回はWavesfactryのバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー。KONT

記事を読む

「野生のボカロ」歌声合成ソフトUTAUとは。ざっくりわかる基本から導入まで。

このブログでもたびたびUTAUに触れているのですが、全く知らないよーって方のために、ここで一

記事を読む

世界の大きなベルを丁寧に収録した音源「Toll」レビュー

世界の大きなベルをコレクションした音源、Sonokineticの「Toll」を買いました

記事を読む

Omnisphereのアコースティックギターの音色けっこういいんじゃない?っていう話

最近アコースティックギターのアルペジオはSpectrasonics / Omnisphere(オ

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑