余韻が長くポテンシャルのある赤ワイン『クリスチャン・ムエックス』

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 家呑みワイン

スポンサーリンク  

 

余韻が長くポテンシャルのある赤ワイン『クリスチャン・ムエックス』J.P.ムエックス・ボルドー・シューペリュール 2005年・クリスチャン・ムエックス(J.P.Moueix Bordeaux Superieur [2005] Jean Pierre Moueix )を飲みました。名前が長いですね。


2005年と言えばボルドー最高の当たり年なんですが、果たして僕にわかるのでしょうか。

ラベルはわりと地味ですね。色は若干薄め。

開けてすぐは酸が強くて素っ気ない味なので、あれ?っと思ったんですけど、しばらく時間を置くと酸が落ち着いて香りが立ってきました。これがポテンシャルというやつなんでしょう。ほんとはデキャンタ使うといいワインなんだろうなあ・・・・

メルロー75%、カベルネフラン25%らしいですけど、僕の知ってるメルローとちょっと違う印象です。カベルネフランの影響でしょうか。

口当たりは柔らかいんですけど、余韻がむちゃくちゃ長い。味わいは複雑で穏やか。果実味も結構ありますね。これぞボルドーって感じの味。

値段を考えるとコスパがよいワインなんじゃないでしょうか。

ボルドーが好きな人にはなかなかいいかもですが、僕はグッとくる感じじゃなかったですね。

 
スポンサーリンク  

関連記事

庶民のパーティーを辛口スパークリングワインで乗り切ってみよう

日本の家庭にワインをとけ込ませたい、こおろぎです。 今回登場するスパークリングワインというのは

記事を読む

夏におすすめの冷やしておいしいワインを書いていく。初心者向け。

「夏におすすめの、冷やしておいしいワインを教えてほしい」と言われたので書いてみます。

記事を読む

【ワイン】王様の涙(赤)飲んだ 【愉悦】

スペインワインなのに商品名が日本語の「王様の涙」飲みました。 ”日本で一番売れているスペイ

記事を読む

おいしいワインをホットワインにして飲むとおいしい

僕のおすすめの飲み方の一つがホットワイン。 「ワインをホットで飲む」っていうと変な顔されるんで

記事を読む

【本】おうち飲みワイン100本勝負 読んだ

著者はワインに年200万円以上使うという、ワイン・ジャーナリスト山本昭彦さん。 ”初心

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑