フェーダーで直感的にボリュームを操作できるフィジカルコントローラー、PreSonus 『FADERPORT』レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/03/03 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

フェーダーで直感的にボリュームを操作できるフィジカルコントローラー、PreSonus 『FADERPORT』レビューPreSonus FADERPORT

エンジニアさんがモーターフェーダーをカチャカチャやってるのってかっこいいですよね。モテそうです。なのでモーターフェーダーの『FADERPORT』を買いました。

結果的には最高の使い心地だったんですけどモテませんでした。なぜなら使っている所を誰も見ないからです。

モーターフェーダーがすばらしい

フェーダーでボリュームをいじるのがこんなに楽だとは。もうこれがないと生きていけません。

選択したトラックに自動でフェーダーがアサインされるので、作業しているトラックの音量を上げ下げしたり、パンを振ったりがすぐ出来る。数値を見ずに操作出来るので、すごく感覚的な感じがします。

0.5dBくらいの、マウスでやるとつらくなる数値も余裕で調整出来ます。。標準的なミキサーのフェーダーと同じ100mmストロークなので操作しやすいのです。

あと大事なのが、モーター搭載のフェーダーが上下するムービングフェーダーだという事。

これじゃないとトラックを切り替えた時にフェーダーの位置が変わらないので、その度にボリュームを確認しなきゃいけないんですよね。切り変えた時の「カシャ」っていう音もモテる男を演出します。

大きさがちょうどいい

縦18cm、横13cmとパソコンのテンキーよりすこし大きいくらいなので、ちょうどPCのキーボードの横に収まるサイズです。キーボード(鍵盤)が正面なのですごく助かります。

ボタンはあまり使わない

色々ボタンがついてますけど、僕はほとんど使いません。これはキーボードのショートカットに慣れてるのと、ボタンが硬いせいもありますね。巻き戻しを押すだけでぐぬぬ…ってなります。

Cubaseのインストールについて

Cubaseだとインストールがうまくいかない場合があるようです。

Program Files⇒Steinberg⇒Cubase⇒componentsフォルダ内に

FaderPort.dllをペーストすると動くようです。

リンク

StudioOneバンドルもありますね。

 
スポンサーリンク  

関連記事

モバイル用途に最適化されたシンプルなオーディオI/O『Studio 2|6』レビュー

「Studio Oneをもっとよく知ろうの会 第三回オフ会大忘年会」に参加したのですが、その

記事を読む

制作のスキマ時間に、各指を独立して動かすことができるハンドエクササイザーでギター筋を鍛える。

こっそりとハンドスピナーを買ってみたんですよね。 しかし、これをくるくるやるなら同じ時

記事を読む

ストラトやレスポール、アコギ、シタールまで…色々なモデルの音が10万円で出せるギター「Variax Standard」レビュー

最近なんとなくギター熱が高まってきてたんですが、 Line6から新しいギター「Vari

記事を読む

DTMにも使いやすいコンパクトな卓上アンプシミュレーター、マルチエフェクター『AMPLIFi TT』

ギター、ベースに力を入れていこうと思っています。こおろぎです。 DAWにギター

記事を読む

【マイク】クリアな音質の Blue Dragonfly レビュー【単一指向性コンデンサー】

箱が高級感あります。 元々BlueというメーカーはBottleというマイクがすげーいいよっ

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑