初心者からでもジャズピアノがすぐ弾けるようになりたい人には、教則本『なんちゃってジャズピアノ』がおすすめ

公開日: : 最終更新日:2017/02/15 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

初心者からでもジャズピアノがすぐ弾けるようになりたい人には、教則本『なんちゃってジャズピアノ』がおすすめジャズっぽいピアノの弾き方を覚えたいんだけど、ちゃんと勉強するのはめんどくさい。

そんな僕たちには最高の本です。

DTMをやっていて、ジャズっぽいピアノを要所に入れたいなっていう人にもいいです。CDもついています。

各ページの見出しは

■メロディをオシャレにずらす
→メロディを前か後ろにずらしてスリリングにする

■コード進行も変えてしまう。
→場面に合っているかを考えて、違和感がなければOK!

■メロディとコードが合わない時はどうする?
→迷ったら、とりあえずこの3つのどれかをあてはめる!

と、こんな感じで見るからになんちゃってです。

しかし、内容は深い所まで書いてあって、テンションの解説もわかりやすいので、きちんとコード理論が楽に身に付きます。1つ1つ参考のフレーズも用意されてるので分かりやすい。
所々に短い曲も用意されていて、心が折れずに1曲弾ききれるのも嬉しいです。長い曲って絶対挫折するもんね。

あと、この本がすごくいいのは実践で応用しやすいって事ですね。とにかく”なんちゃって”でも数をやる事が上達にも繋がるんじゃないかなあ。

著者はキーボードマガジンでスコアの採譜、解説などをしていた斉藤修さん(@ichigopiano )。なぜか一緒のステージで演奏させていただいたことがあります。

この本に大幅に加筆・修正を加えた『はじめよう!ピアノでジャズ・レッスン』というものが出ているので、購入するならこちらをおすすめします。Kindle版もあるようです。


 
スポンサーリンク  

関連記事

DTMerが生産性を高めるためにはどうしたらよいか。「 自分の時間を取り戻そう 」を読んで考えてみた。

ちきりんさんの著書『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』を読

記事を読む

プロデュース力は音楽を作れることと同じくらい大事だ

YUKI、中島美嘉、Superfly、ゆず、flumpool、JUJUなどの作品に関

記事を読む

音によって気分や行動に影響を与える、サウンド・マーケティングとは。『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』レビュー

ハンス・ジマーにインタビューした際、彼は冗談まじりにこう言った。「観客はホラー映画を見て恐怖のあまり

記事を読む

「取り柄がない」「能力はあるはずなのに上手くいかない」と思っている人はマーケット感覚を身につけよう

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読みました。 マーケット感覚を身につけようpo

記事を読む

【教則本】ゴードン・ヤコブ著「管弦楽技法」レビュー

ゴードン・ヤコブ著の「管弦楽技法」読みました。 この本の特徴まとめ ・初心者用

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑