初心者からでもジャズピアノがすぐ弾けるようになりたい人には、教則本『なんちゃってジャズピアノ』がおすすめ

公開日: : 最終更新日:2017/02/15 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

初心者からでもジャズピアノがすぐ弾けるようになりたい人には、教則本『なんちゃってジャズピアノ』がおすすめジャズっぽいピアノの弾き方を覚えたいんだけど、ちゃんと勉強するのはめんどくさい。

そんな僕たちには最高の本です。

DTMをやっていて、ジャズっぽいピアノを要所に入れたいなっていう人にもいいです。CDもついています。

各ページの見出しは

■メロディをオシャレにずらす
→メロディを前か後ろにずらしてスリリングにする

■コード進行も変えてしまう。
→場面に合っているかを考えて、違和感がなければOK!

■メロディとコードが合わない時はどうする?
→迷ったら、とりあえずこの3つのどれかをあてはめる!

と、こんな感じで見るからになんちゃってです。

しかし、内容は深い所まで書いてあって、テンションの解説もわかりやすいので、きちんとコード理論が楽に身に付きます。1つ1つ参考のフレーズも用意されてるので分かりやすい。
所々に短い曲も用意されていて、心が折れずに1曲弾ききれるのも嬉しいです。長い曲って絶対挫折するもんね。

あと、この本がすごくいいのは実践で応用しやすいって事ですね。とにかく”なんちゃって”でも数をやる事が上達にも繋がるんじゃないかなあ。

著者はキーボードマガジンでスコアの採譜、解説などをしていた斉藤修さん(@ichigopiano )。なぜか一緒のステージで演奏させていただいたことがあります。

この本に大幅に加筆・修正を加えた『はじめよう!ピアノでジャズ・レッスン』というものが出ているので、購入するならこちらをおすすめします。Kindle版もあるようです。


 
スポンサーリンク  

関連記事

【教則本】洋書の良書 フレットレスベーシストのための「Fretless Bass – Hal Leonard Bass Method Stylistic Supplement」レビュー【再掲】

フレットレスベースの教則本をずっと探していたのですが、弟に薦められハル・レナード社の「Fretles

記事を読む

「原液」を作るクリエイターになる!『他動力』を読んで。

堀江貴文さんの『他動力』を読みました。印象的だった部分を書き出してみます。 ”世の中に

記事を読む

【教則本】ゴードン・ヤコブ著「管弦楽技法」レビュー

ゴードン・ヤコブ著の「管弦楽技法」読みました。 この本の特徴まとめ ・初心者用

記事を読む

「プロが教えるアニソンの作り方」はアニメ劇伴についてもかなり書いてあるということをお知らせしたい

今回ご紹介するのは、「プロが教えるアニソンの作り方」という本。 アニメの音に関わる方々

記事を読む

勝ててない人にもおすすめの本、梅原大吾著「勝ち続ける意志力」読みました。

日本人初のプロゲーマー、梅原大吾さん著の「勝ち続ける意志力」読みました。 驚いたのは、最近

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑