【教則本】洋書の良書 フレットレスベーシストのための「Fretless Bass – Hal Leonard Bass Method Stylistic Supplement」レビュー【再掲】

公開日: : 最終更新日:2013/07/07 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

【教則本】洋書の良書 フレットレスベーシストのための「Fretless Bass – Hal Leonard Bass Method Stylistic Supplement」レビュー【再掲】フレットレスベースの教則本をずっと探していたのですが、に薦められハル・レナード社の「Fretless Bass – Hal Leonard Bass Method Stylistic Supplement(CD付き、洋書)」を購入。

教則本きた

結論からいうと、めちゃめちゃいいっす。

まず音色がいい ◠‿◠

これだよこれ!っていうベースの音が収録されてます。ビヨーンっていうの!ビヨーンって!・・・・・表現力がない事はわかってるよ!

フレージングがいい ◠‿◠

マネしたくなるようなフレーズ!これってかなり重要で、義務的に練習するような淡々としたフレーズって絶対身に付かないんですよね。ベーシックなフレーズから、ダブルストップやハーモニクスまで詳しく解説が載ってます。

有名曲がすげー載ってる ◠‿◠

さすが超大手出版社ハル・レナード。ジャコ、クリーム、レッチリまで。でもジャパンはない・・・実際の曲でどう使われてるかっていうのはかなり勉強になるんじゃないすかね。

さらに各曲にベーシストと使用しているベースが書いてある所に愛を感じますよ。ひしひしと。

この本英語なのですが、そこはGoogle先生とともに頑張るとして、写真、CD付きなので、ざっと見ても大体わかる・・・かもしれない。

この本の内容が充実しすぎてて、他のシリーズも欲しくなってしまいました。

 
スポンサーリンク  

関連記事

電源で音質を改善!『ミュージシャン、クリエイターのための電源&ケーブル入門BOOK』レビュー

電源ケーブルやアクセサリーの本って、 ほとんどが一般リスナーのための、リスニング系の書籍なん

記事を読む

実践的な英会話テキストを学べる大人用教科書『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる』

誕生日プレゼントでAmzon欲しいものリストから『ミライ系NEW HORIZONでもう一度英

記事を読む

勝ててない人にもおすすめの本、梅原大吾著「勝ち続ける意志力」読みました。

日本人初のプロゲーマー、梅原大吾さん著の「勝ち続ける意志力」読みました。 驚いたのは、最近

記事を読む

音楽家におすすめのマーケティング、メディア本で打線組んだ

2ちゃんねるで古くからあるネタ、「~で打線組んだ」を音楽家におすすめのマーケティング、メ

記事を読む

収入が月3000円になったら音楽のプロへの折り返し地点である。そして毎日6時間を投入しよう。

石田ごうきさんの「音楽で一生食っていきたい人のための本 あなたの音楽収入を10倍にしよう!」

記事を読む

Comment

  1. […] 【教則本】洋書の良書 フレットレスベーシストのための「Fretless Bass – Hal Leonard Bass Method Stylistic Supplement」レビュー【再掲】 | こおろぎさんち […]

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑