【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

公開日: : プラグイン

スポンサーリンク  

 

【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

このEQを一言で言うならば

今現在の技術をすべて詰め込んだ超わがままEQ

と言う感じ。
・ビンテージシミュレート
・MS処理
・アナライザー
が一緒になっておりますです。

音について

肝心の音について、まず各セクション毎に英国系、米国系、デジタルのシミュレートが選べます。

シュミレート系でブーストするとざっくりした音で固めの倍音が出てきます。この前紹介したOxfordEQは高域がシルクのようでしたが、それとは方向が違う音です。

カットする時はデジタルのモードにしないとQが狭くならないので注意ですね。

右下にアナログセクションという謎のボタンが付いてるんですが、アウトプットでサチュエーションや低周波ノイズ・・・?(誰得?)を加える事が出来るようです。

かなり見やすい&機能満載のアナライザー

一番最初に目が行くのがアナライザー。最近珍しくはないけど、これはすごく見やすい。

IN/OUTやフリーズ、ピークホールド、MS時も別々に表示できたりして、もうこれ以上つける機能ないでしょ!っていう感じ。あと沢山立ち上げるとグラボが落ちました(・_・)

MSモード搭載

出ました、最近流行のコレ。センターとサイドを別々にEQ出来るアレです。JKでも知ってるソレです。

使ってみると予想以上に便利よこれ。ストリングスのサイドだけ高域上げて広がりを出したり。使ってないスペース使えるようになった気分になります。

あと、MSモードの時、アナライザーのセンターとサイドが自動で切り替わるようにして欲しかったなあ。いちいち変えないといけないのがメンドイ。そしてちょっと操作しづらいです。機能を詰め込みすぎたか・・・

鍵盤で周波数を指定できる

このプラグインの七不思議の一つとして有名なのがコレ。

鍵盤がついてて音階でEQをかけられるんですが、どの場面で使うんだろう・・・・ループ系の音楽向けな感じかな?特定の音程がピーキーな時なんかにはいいかもね。

MIDIでトリガー出来るんだったらかなりすごいと思うけど。(もしかしたら知らないだけで出来るかもしれません)謎は深まるばかりです。

まとめ

エンジニアさんだったら聞けばEQポイントとかすぐわかるでしょうけど、モニター環境もままならないDTMerにはこういう親切なEQがいいと思う!

単体トラックはもちろん、マスターでも使えまくるH-EQはミックスをもっと簡単にしたい!っていうDTMerにオススメしたい一品なのです!

ちゃんと締めた(`・ω・)

日本輸入代理店メディア・インテグレーションHP

 
スポンサーリンク  

関連記事

ミックスにも使えるグラフィックイコライザー Waves GEQ レビュー

30バンドのグラフィックイコライザープラグイン Waves GEQ 使ってます。

記事を読む

スタッター、グリッチ、フィルターを駆使したフィルが簡単にできるプラグイン「Glitch Bitch」がすき

  サンプル、ソフトシンセで有名なメーカーVengeance-soundの「Glitch

記事を読む

爆速でオーディオループをスライスして演奏可能にするループサンプラー『Vice』が使いやすい

New Sonic Artsのループサンプラー『Vice』を導入しました。 オーデ

記事を読む

【プラグイン】僕が超愛用している Sonnox Elite Native bundle のレビュー【再掲】

僕はSonnox Oxfordのプラグインをメインで使用しています。 今回はバンドルSonno

記事を読む

2015年9月の収益報告 収入13.9万円 半年平均25.4万円 ブログ8.9万PV スプラトゥーン関連のお仕事を頂きました。

gif画像の一部だけが動く「シネマグラフ」に挑戦しましたが無理でした。ただのgifです。

記事を読む

Comment

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑