【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

公開日: : プラグイン

スポンサーリンク  

 

【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

このEQを一言で言うならば

今現在の技術をすべて詰め込んだ超わがままEQ

と言う感じ。
・ビンテージシミュレート
・MS処理
・アナライザー
が一緒になっておりますです。

音について

肝心の音について、まず各セクション毎に英国系、米国系、デジタルのシミュレートが選べます。

シュミレート系でブーストするとざっくりした音で固めの倍音が出てきます。この前紹介したOxfordEQは高域がシルクのようでしたが、それとは方向が違う音です。

カットする時はデジタルのモードにしないとQが狭くならないので注意ですね。

右下にアナログセクションという謎のボタンが付いてるんですが、アウトプットでサチュエーションや低周波ノイズ・・・?(誰得?)を加える事が出来るようです。

かなり見やすい&機能満載のアナライザー

一番最初に目が行くのがアナライザー。最近珍しくはないけど、これはすごく見やすい。

IN/OUTやフリーズ、ピークホールド、MS時も別々に表示できたりして、もうこれ以上つける機能ないでしょ!っていう感じ。あと沢山立ち上げるとグラボが落ちました(・_・)

MSモード搭載

出ました、最近流行のコレ。センターとサイドを別々にEQ出来るアレです。JKでも知ってるソレです。

使ってみると予想以上に便利よこれ。ストリングスのサイドだけ高域上げて広がりを出したり。使ってないスペース使えるようになった気分になります。

あと、MSモードの時、アナライザーのセンターとサイドが自動で切り替わるようにして欲しかったなあ。いちいち変えないといけないのがメンドイ。そしてちょっと操作しづらいです。機能を詰め込みすぎたか・・・

鍵盤で周波数を指定できる

このプラグインの七不思議の一つとして有名なのがコレ。

鍵盤がついてて音階でEQをかけられるんですが、どの場面で使うんだろう・・・・ループ系の音楽向けな感じかな?特定の音程がピーキーな時なんかにはいいかもね。

MIDIでトリガー出来るんだったらかなりすごいと思うけど。(もしかしたら知らないだけで出来るかもしれません)謎は深まるばかりです。

まとめ

エンジニアさんだったら聞けばEQポイントとかすぐわかるでしょうけど、モニター環境もままならないDTMerにはこういう親切なEQがいいと思う!

単体トラックはもちろん、マスターでも使えまくるH-EQはミックスをもっと簡単にしたい!っていうDTMerにオススメしたい一品なのです!

ちゃんと締めた(`・ω・)

日本輸入代理店メディア・インテグレーションHP

 
スポンサーリンク  

関連記事

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む

40kHzまでブーストできる滑らかなフリーEQプラグイン「TDR VOS SlickEQ」レビュー

今回はTokyo Dawn RecordsのTDR VOS SlickEQ をレビューします

記事を読む

ミックスにも使えるグラフィックイコライザー Waves GEQ レビュー

30バンドのグラフィックイコライザープラグイン Waves GEQ 使ってます。

記事を読む

自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方

今回は、ベースの音量を自然に揃えてくれるプラグイン、Wavesの「Bass Rider」につ

記事を読む

多機能で波形が見えるし軽い、初心者にもおすすめのコンプレッサー『Manic Compressor』レビュー

多機能で波形が見えるコンプレッサープラグインエフェクト、Boz Digital Labsの『

記事を読む

Comment

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑