【教則本】プログラマーが教えるDTMテクニック99 のレビュー【再掲】

公開日: : 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

【教則本】プログラマーが教えるDTMテクニック99 のレビュー【再掲】この本のタイトルを「テクノの打ち込み小技集99」に勝手に修正します。このほうがわかりやすいです。

1980年代よりDJとして活動し、GULT DEP、Yセツ王、8bit Projectなど数々の電子音楽系ユニットに参加してきた齋藤久師さんです。Instagramにて時々”いいね!”していただくんですが、その都度ビビってます。

内容はテクノ系中心です。

基本的なパターンなどの記述は無くて、技術的というよりかアイデア的な物が多い印象ですね。

なので「小技集」の方がいいかなと。

99項目あるんで、何かしら得るものはあるんですが、知ってる事が多かったですね。特に目新しいテクニックは無いかなあ・・・・逆に始めたばかりの人はわかりやすく多くのテクニックに触れられるのでいいと思います。あとはちょっとした音源のおまけがうれしい。

今回は短くなっちゃいますけど、一言で終わるようなものが大半なので・・・内容については全く触れられないです・・・・

気になったら買っちゃえばいいじゃない!

んでわ

他の99テクニックシリーズもオヌヌメです。

【教則本】「作曲テクニック99」読み終わっての感想+その他オススメの作曲本

 
スポンサーリンク  

関連記事

「プロが教えるアニソンの作り方」はアニメ劇伴についてもかなり書いてあるということをお知らせしたい

今回ご紹介するのは、「プロが教えるアニソンの作り方」という本。 アニメの音に関わる方々

記事を読む

これからの世界を把握するための本「レイヤー化する世界」読んだ

気になったので読んでみました。 著者はキュレーターとしても有名な、佐々木俊尚(@sas

記事を読む

佐々木俊尚さんの「キュレーションの時代」を読んでからキュレーションにハマっています

  最近「キュレーション」にハマってます。 キュレーション【curation】とは

記事を読む

【教則本】ボカロ初心者にもおすすめ。ダンス系楽曲解説「VIP – Vocaloid Important Producer- ボーカロイド楽曲制作テクニック」 レビュー

浮気性(音楽)こおろぎです。ダンス系の曲を作る事になりまして、勉強してる所にこの本の情報が流れて来た

記事を読む

【教則本】和声の勉強におすすめ ピストン/デヴォート「和声法ー分析と実習」レビュー

ピストン/デヴォート「和声法―分析と実習」のレビュー。 ピストン/デヴォート和声法―分析と実習

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑