音楽制作向けにこだわって選んだマウス、エレコム『M-XGL10DBRD』

公開日: : ガジェット・PC

スポンサーリンク  

 

音楽制作向けにこだわって選んだマウス、エレコム『M-XGL10DBRD』

エレコムの『M-XGL10DBRD ワイヤレスマウス 5ボタン Lサイズ レッド』を買いました。

今までPCに繋げてツマミやボタン、フェーダーを拡張する、いわゆる「フィジカルコントローラー」を色々試してきたんですけど、

それよりも、いい感じのマウスがあったほうが生産性が高い気がしてきたんですよね。単純に触る時間が長いので。

しかし、マウスって種類がめちゃくちゃ多い。1つのシリーズ内ですらバリエーションが多い。

今回は、ビッグカメラ秋葉原店で約50個くらいのマウスをニギニギしてじっくり選びました。

選ぶポイントはざっくり以下でしょうか。

・形状
・サイズ
・静音モデルか否か
・ボタンの数
・無線か有線か

今回は

・グリップ型
・Lサイズ
・静音なし
・5ボタン
・無線

にしました。選ぶにあたって「長い時間触っていても疲れない」というのを最も重視しています。

形状は今まで使ったことのない、手の形に合わせたモデルにしてみました。

後ろから。

また、マウスが小さいと、手を握りこむ形になって疲れるな、と思い、大きなLサイズを試してみることに。

ボタンの「カチカチ」という音が鳴らない静音ボタンモデルは、クリックの感じがヌルっとしていて、感触があまり気持ちよくないんですよね。

感触だけでなく、「カチカチ」音が鳴ることによって気持ちよく作業ができると思っていますので、静音ではないモデルにしました。

ボタンの数は、人差し指に2つのボタンが追加されているモデルがあるのですが、

それだと誤クリックしてしまうかなと思い、サイドに2つだけついた、5ボタンモデルにしました。

あと、以前からマウスのケーブルが引っかかるのが気になっていて、ストレスだったので無線にしました。見た目もスッキリしてよいです。

おまけ:裏

おわりに

まだ使い込んでいないのでいいかどうかは判断つかないんですが、とりあえず違和感はないです。

今までPCを買ったときに付属していたものしか使ってなかったんですが、これを機にお気に入りのマウスを見つける旅に出ます。

自分にあったものというのは人それぞれですので、なるべくは実際に触ってみるのが一番いいかなーと思います。

 
スポンサーリンク  

関連記事

任意のキーが割り当てられるデバイス、プログラマルテンキー『NT-19UH2BK』でDAWのショートカットを使いこなす。

プログラマルテンキー、サンワサプライ『NT-19UH2BK』を買ってみました。左手側

記事を読む

モバイル用途に最適化されたシンプルなオーディオI/O『Studio 2|6』レビュー

「Studio Oneをもっとよく知ろうの会 第三回オフ会大忘年会」に参加したのですが、その

記事を読む

LINEのスマートスピーカー『WAVE』のサウンドデザインがよくないので作り直してみた

先日、LINEのClova搭載スマートスピーカー『WAVE』の先行体験版のレビューを書きまし

記事を読む

スマートスピーカーは音楽の聴き方を変えるか。LINE『WAVE』先行体験版レビュー。

音声AI「Clova」(クローバ)を搭載したLINEのスマートスピーカー『W

記事を読む

薄くて柔らかいMac Book Air用プロテクトスーツ(11.6インチワイド) IN-MAC11BK レビュー

いよいよやって参りました。年にたった2回のMac Book Airを持ち運ぶイベント「帰省」。

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑