ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

公開日: : ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

ウーリッツァー音源Waves『Electric 200 Piano』のレビュー。

Wurlitzer Electronic PianoのModel 200をサンプリングしたバーチャル・インストゥルメントです。

ざっくり

・ふくよかでクセのない音
・ヌケがよくフレーズが見えやすい
・音づくりの幅が広い
・動作が安定している
・Kontaktがいらない

セールで安かったのでなんとなく買ってしまったのですが、思いのほかよくて少しずつ使ってたら、実はものすごくよいことに気づいてしまいました。

今はウーリッツァーを使うときは基本これです。

公式デモはこちら。

音はふくよかで柔らかい。プリセットが豊富

音がふくよかで柔らかく、雰囲気が出しやすいです。かつ、ラインが曖昧にならず見えやすい。

ウーリッツァー特有の泥臭さが少ないんですが、きちんとウーリッツァーっぽい、という絶妙な感じ。

ベロシティによる歪みも気持ちいいです。急激に歪まないし。

パラメータやエフェクトも多く、音づくりの幅が広いです。

パラメータは以下

・ベロシティカーブ
・フォルマント
・ノイズ
・コンプ
・アンプ
・トーン
・トレモロ
・オートパン
・フェイザー
・コーラス
・リバーブ

特に、フォルマント(FORMANT)は自然に音色の柔らかさを変えられるので使い勝手がよいですね。

プリセットはこんな感じ。

安定感がある

全く変な動作をしないです。サンプルの読み込みが若干時間がかかりますが。

あと、Kontaktベースじゃないので、Kontaktを持っていない人にもおすすめです。

おわりに

Wavesってプラグインのイメージが強いんですが、インストゥルメントのサウンドもかなりいいんですよね。安いですし。

ローズの『Electric 88 Piano』もちょっと固いですが悪くないです。

■Electric 200 Piano | Waves

 
スポンサーリンク  

関連記事

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む

Studio One 3 で新たに追加されたプラグイン・エフェクトとインストゥルメントのレビュー

  今回はStudio One 3 にて新しく追加されたプラグイン・エフェクトとインストゥ

記事を読む

無料で高品質なKontakt用ギター音源「Junk Guitar」をみんなで使おう

JunkGuitarとは NIのKontakt向けの高機能なエレキギター音源です。ミュート

記事を読む

キースイッチなし!シンプルな操作性で元気な曲に最適な金管音源『Caspian』レビュー

今回はPerformance Samplesのオーケストラ系金管音源『Caspian』の

記事を読む

ドライでポップ系にも使いやすいストリングス音源『LA SCORING STRINGS2.5 』 のレビュー

今回はストリングス音源『LA SCORING STRINGS2.5 』 のレビュー。

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑