ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

公開日: : ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

ふくよかなウーリッツァー音源『Electric 200 Piano』レビュー

ウーリッツァー音源Waves『Electric 200 Piano』のレビュー。

Wurlitzer Electronic PianoのModel 200をサンプリングしたバーチャル・インストゥルメントです。

ざっくり

・ふくよかでクセのない音
・ヌケがよくフレーズが見えやすい
・音づくりの幅が広い
・動作が安定している
・Kontaktがいらない

セールで安かったのでなんとなく買ってしまったのですが、思いのほかよくて少しずつ使ってたら、実はものすごくよいことに気づいてしまいました。

今はウーリッツァーを使うときは基本これです。

公式デモはこちら。

音はふくよかで柔らかい。プリセットが豊富

音がふくよかで柔らかく、雰囲気が出しやすいです。かつ、ラインが曖昧にならず見えやすい。

ウーリッツァー特有の泥臭さが少ないんですが、きちんとウーリッツァーっぽい、という絶妙な感じ。

ベロシティによる歪みも気持ちいいです。急激に歪まないし。

パラメータやエフェクトも多く、音づくりの幅が広いです。

パラメータは以下

・ベロシティカーブ
・フォルマント
・ノイズ
・コンプ
・アンプ
・トーン
・トレモロ
・オートパン
・フェイザー
・コーラス
・リバーブ

特に、フォルマント(FORMANT)は自然に音色の柔らかさを変えられるので使い勝手がよいですね。

プリセットはこんな感じ。

安定感がある

全く変な動作をしないです。サンプルの読み込みが若干時間がかかりますが。

あと、Kontaktベースじゃないので、Kontaktを持っていない人にもおすすめです。

おわりに

Wavesってプラグインのイメージが強いんですが、インストゥルメントのサウンドもかなりいいんですよね。安いですし。

ローズの『Electric 88 Piano』もちょっと固いですが悪くないです。

■Electric 200 Piano | Waves

 
スポンサーリンク  

関連記事

Cubaseを導入して最初にやっておきたい4つの設定

アップデートに伴い、Cubase Pro 8を導入しました。2年ほど前にCubase5.5か

記事を読む

ウクレレコード弾き音源「Ukulele Strum」が楽しすぎるのでレビュー

  もっぴー(@moppysound )さんのブログを見てウクレレコード弾き音源「Ukulele

記事を読む

モダンでソリッドで効果音も使えすぎるソフト音源『Omnisphere 』レビュー

”ディープなシンセシス能力を備えた現在考えうる限り最も強力なシンセサイザー” SPECTRASON

記事を読む

1962年製ギブソン ハミングバードを丁寧にサンプリングしたアコースティックギター音源「Sunbird」が自然すぎてすごい。

どうも。ギターから音楽をはじめたのに、すっかり弾かなくなったこおろぎです。はじめてアコーステ

記事を読む

『トムとジェリー』のようなアニメで使われるフレーズや楽器が収録された音源「Animator」のレビュー

ProjectSAMの「Animator」は、カートゥーンのアニメで使われるようなフ

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑