Studio Oneに特化したパッド・コントローラー『ATOM』レビュー

ガジェット・PC

DAWの「Studio One」に特化したPresonusのパッド・コントローラー『ATOM』を購入しました。 

パッドといえば、先日Native Instrumentsの「Maschine」を購入したのですが、よりStudioOneで使いやすいのではないのかなと思い、ATOMを追加で買いました。比較しながらレビューします。

ざっくり

・コンパクトながらガッシリとしたつくり
・操作が複雑
・Studio Oneネイティブのプラグインにノブをアサインできる
・Studio Oneで使用する際にはMIDIコントローラーとしては使えない
・StudioOne以外のDAWではあまり能力を発揮できない

Studio Oneを操作するための機能が多く、「すでにコントローラーのあるデスクトップPCのシステムに追加する」というよりも「このパッドとノートパソコンだけで制作を完結させる」みたいな使い方を想定してあるのかな、という印象。

個人的には、ボタンもアサインできたりしてほしかったりと、もうすこしImpactなどと連携して、サクッといじれるようになるもののほうがよかったなあ、と思います。

余計なボタンも多いように感じていて、ATOMだとマウスやショートカットより不便な操作になるものや、Faderportとカブっているものがある。

そのおかげで操作も複雑に感じます。ボタン同時押しが多かったり、今どの状態なのかがわかりにくかったり、押し間違えたり。

想定されている使われ方の「PCとATOMだけでトラックメイクをする」ということになると、より操作性がいいMaschineを買ったほうがいい気がします。製品のポジションが中途半端に感じる。

辛口になりましたが、継続して使うとは思います。細かい部分を書いていきます。

ガッシリとしたつくり

適度に重量感があり、グラつきません。

平たく、コンパクト。高さはノブなしで2cm程度。

MIDI IN/OUTがなく、接続はUSBだけなので、そのぶん薄いです。

パッド

4×4のパッド。maschineと比べて少し小さめ。感触は固めでいい感じ。

感度が低く、MAXにしても叩く力が弱いと反応しないことがあります。

ノブ

4つのノブ。大きく、隣のノブとの幅が十分にあるので、物理的に干渉しにくいのがよいです。トルクはMaschineと同じくらい。

ただ、ツマミを回したときのパラメータへの反応が若干悪い気がします。

Studio Oneネイティブのプラグインにノブをアサインできる

Studio Oneのネイティブプラグインにノブをアサインできます。

ノブを少しさわり、該当のパラメータを右クリックしてアサイン。簡単です。

一度アサインすると記憶される。

割り当てられないパラメータもあります。

僕はImpactやSample Oneのサンプルのスタートとエンドをいじるのを一番使うので、そこに割り当てられないのは痛い。

Studio Oneで使用する際にはMIDIコントローラーとしては使えない

Studio Oneで使用する際は専用のコントローラとして動作し、それ以外のDAWではMIDIコントローラとして動作します。

2018年12月現在、Studio Oneで使用するときはMIDIコントローラには切り替えられず、ノブやボタンでCCを送ったりはできません。

ただ、これは今後のアップデートで切り替えられるようになる可能性が高いです。

その他のボタン

左右に色々なボタンがあるのですが、全体的に今のところ微妙ですね。

僕がわりと使いそうなボタンだけちょっと紹介します。

Note Repeat

同じ音を繰り返すNote Repeat機能。

音色を選ぶ→Note Repeatを押す→テンポに応じたボタンを押す、と複数の操作が必要で、とっさには使いにくい気がします。慣れなのかも。

Maschineだと押すだけでリピートするし、アルペジオなどに展開できる。

INST show/hide

選択されているトラックのインストゥルメントを表示します。

常に表示させてしまうとPCが重いので、表示、非表示を頻繁にするんですよね。

INST Preset+/- + NAV Up Down

プリセットを切り替えるボタン。

音色を選ぶときに使うんですが、左右のボタン同時押しのせいで試聴しにくい。

カスタマイズ用の専用ソフトはない

ATOM上でMIDIのカスタマイズをしていくことになります。Maschineは専用ソフトがある。

Studio Oneネイティブで動いている時はカスタマイズはできません。

ギャラリー

Maschineと

正面に追加しました。

おわりに

連携が弱かったり、操作が複雑だったりと、プロトタイプ感が強い製品です。

はじめて出るパッドなので、今後改良されていくんだろうなとは思います。

まだ導入したばかりなので、評価が変わることがあるかとは思いますが、概ねこんな感じですね。
MVP Loopsのサンプル、プリセットもついてきます。

■ATOM | Rock On Line eStore

created by Rinker
PreSonus
¥19,800 (2019/01/24 22:06:58時点 Amazon調べ-詳細)