OBS StudioにVSTプラグインを追加して、最高音質の声が出せるライブ配信セッティングを作る!

ゲーム、動画製作者向け

無料のライブ配信、録画ソフト『OBS Studio』ではマイクからの音声にフィルタという名前で色々なエフェクト(ノイズゲート、コンプレッサー)をかけることができます。

しかし、付属のエフェクトがめちゃくちゃ使いづらい。

ということで、それらの代わりになる、OBS Studioで使える、声にかけるVST2.xエフェクトを紹介します。

これらのエフェクトを追加するとどうなるのか。

・声の音量が整って配信が聞きやすくなる
・単語が聞き取りやすくなる
・歌がうまく聴こえる
・ノイズが減る

Windowsのみの解説になります。

基本設定

そもそもエフェクトって何のためにかけるのか、かけ方がわからん、という方のためにちょっと解説。

外部のVSTプラグインの.dllを

・64bit「C:/Program Files/VSTPlugins/ 」
・32bit「C:/Program Files (x86)/VSTPlugins/ 」

に置く。

OBSのマイクの音声入力を右クリックして「フィルタ」を開く。

左下の「+」からゲインとVST2.xプラグインを追加、名前をつける。下の順番どおりに並べると効果的。

・ゲイン
・ゲート
・イコライザー(ローカット)
・コンプレッサー
・イコライザー

この順番は付属でやる場合でも同じ。

声に残響をかける、リバーブを使う場合は、最後の段に追加します。今回は扱いません。

それぞれのエフェクトの役割

ゲイン

入力の音量を適切にする。
普通の話し声で-10dB前後になるようにする。

ゲート

小さい音量をより小さくして、ノイズや環境音を配信に乗せないようにする。
不自然にもなりやすいので、なくてもいい。

イコライザー(ローカット)

周波数のバランスをいじる。
ここではとりあえず低い周波数の音をカットする。
声が聴きやすくなるし、音量も稼げるし、ノイズも減る。

コンプレッサー(オートレベラー)

大きすぎる音を小さくし、声を聴きやすくする。

イコライザー

コモりをとったり、最終的な声質を整える。

それぞれのエフェクトに遅延がある場合、合計した遅延ぶん映像も遅らせて合わせます。

録画や、リアルタイムでモニターしながらそれぞれ調節。

リアルタイムモニターについてはこちらがわかりやすかった。

■OBSの音声モニタリングを使いこなしての音質とバランスを調整する

おすすめVSTプラグイン

ここから本編。

・パラメータをよく知らない人でも簡単に使える
・無料、もしくは安い

というのを基準にしました。あと、OBSで使えるものは限られています。エフェクト自体を挿すことができても「プラグインインターフェイスを開く」で開けなかったら使えません。
きちんとOBSで使えるものを選びました。

DeeGate

1つのスライダーのみのノイズゲート。自然に効いてくれる。遅延0ms。

設定がよくないと言葉の頭が削れたりするので、シビアに設定する必要がある。

無料。

■DeeGate | DOTEC-AUDIO

TDR Nova

イコライザー。遅延3.8ms。

とりあえず画像のようなセッティングにしてローカットしよう。

最終段に挟むのもいい。自分の環境に合わせて高域を少し上げてヌケをよくしたり、中低域をすこし削ってコモりをとったりします。ここではローカットはせず、3dB以上上げ下げするのはなるべく避ける。

例。

無料。

■TDR Nova | Tokyo dawn records

MJUCjr

シンプルで音質のよいコンプレッサー。音量を平均化する能力はそこまで高くはないけれど自然にかかる。どんなシーンにも合う。遅延0ms。

使い方は

・真ん中下の「TIME CONSTANTS」をAUTOにする
・左の「COMPRESS」を上げる
・通常くらいの話し声のときに、真ん中の針が-2くらいになるようにする
・右の「MAKE-UP」を2メモリくらい上げる

無料。

■MJUCjr | Klanghelm

DeeTrim

1つのスライダーのみで音量を自動調節してくれる。機能としてはコンプレッサーのポジション。遅延0ms。

「VOICE」ボタンを押して使う。大きめの音量で入力するのがうまく使うポイント。OUTPUTは「-3.0」にする。
可能ならコンプレッサーと併用して使うとより音量が安定させられる。

特に小声だと言葉の頭が不自然になる時があるが、大きな声もきちんと抑えてくれるので、雑談よりもゲーム実況など声の抑揚が大きい場面や、バックの音楽が大きい場面でおすすめ。歌にも。
複数人との通話のときにそのインプットにかけると、それぞれの声が平均化されて聴きやすくなるかも。

価格:2,500円(税抜)。デモ版あり。

■DeeTrim | DOTEC-AUDIO

DeeEQ

シンプルな半自動イコライザー。遅延0ms。

周波数を決めてスライダを上げるだけ。声にかける場合、右のHIGHのほうに全振りして、スライダをいい感じになるまで上げるといい。

価格:5,000円(税抜)。デモ版あり。

■DeeEQ | DOTEC-AUDIO

HoRNetThirtyOne

自動で動作するイコライザー。そんなにシビアに効く感じではないので、気休め程度。

Auto EQのところを「Static」にするだけでいい。遅延0ms。

価格は$19.99。よくセールをやっている。デモ版あり。

■HoRNet ThirtyOne | HoRNet Plugins

エフェクトをかけると遅延が発生する場合があるので、その場合は、映像のほうもそのぶん遅らせて合わせます。

おすすめまとめ

とりあえずこれで設定したい。全部無料です。

・ゲート「DeeGate」
・イコライザー(ローカット)「 TDR Nova」
・コンプレッサー「MJUCjr」
・イコライザー「TDR Nova」

ゲートは入れなくてもいい。

最終段のイコライザーは余裕があればHoRNetThirtyOneを試してみてもいいかなーとは思います。

おわりに

OBSだけでもなかなかいけるもんですね。
そのうちOBS全体の音のことも書きます。

■Open Broadcaster Software | ダウンロード

OBSに入れる前に音声にエフェクトをかけられる、「Audio Input FX」もエフェクトの切り替えが早くなったり、さらに多くのVSTが使えるのでおすすめです。

声にエフェクトをかけられるソフト『Audio Input FX』を使って最高音質のライブ配信をするためのまとめ