ディエッサーの上位互換かもしれない。周波数追従型のカット専用ダイナミックEQ『soothe』レビュー

公開日: : プラグイン

スポンサーリンク  

 

ディエッサーの上位互換かもしれない。周波数追従型のカット専用ダイナミックEQ『soothe』レビュー

今回は周波数追従型ダイナミックEQ、oeksoundの『soothe』(スース)について書いていきます。

ざっくり

・周波数追従型中高域用ダイナミックEQ
・カットのみ
・滑らかに効くディエッサーのような効果
・音程が変化する楽器に有効
・範囲は200hzから20kHzまで

めっちゃ滑らかに効くディエッサー

周波数追従型中高域ダイナミックEQとはどういうことなのか。

これを見てもらえば早いかもしれません。

アナライザのようにウネウネしている波形、これは周波数に対してのリダクション量です。

周波数が出っ張っている部分にリアルタイムで追従して、逆向きのEQがかかるようになっています。

これによって「めっちゃ滑らかに効くディエッサー」のような効果が得られます。そもそも、元々はディエッサーとして使うために開発されたようですね。

白いラインが、かかっている部分と深さ。左の大きなつまみが、全体のかかる深さ。かかり具合の細かさも調節できます。また、カットしかできません。

色々な場面で使えそう

ボーカルのディエッサーとしてだけでなく、他の楽器にも使えます。

特に、音程がある楽器で、おまけにピークが移動してしまう楽器に有効そう。

そう、ピアノ、お前のことだ。

ピークが移動してしまう楽器には、今までざっくりとした範囲でしかコンプレッサーやEQをかけることができなかったんですよね。sootheなら追従しつつピンポイントでカットしてくれる。

公式では、

・飽和したマイクで録音されたボーカルの歯擦音
・アコースティック・ギターやダブルベースのフィンガーボード・ノイズ
・シンバル・クローズ・マイク
・過度に明るいエレクトリック・ギターやピアノ・トラック

にも有効だと書かれています。

使い方次第で結構色々な場面で活躍しそうな感じはあります。

中域だけにかける、ということもできるし。

2MIXで飛び出しているボーカルトラックだけを処理する、ということもできるわけです。

音。ガサガサする。

サウンドとしては独特のニュアンスがあって、イメージとしては、つやのある音がつや消しになるような感じ。

例えば、バイオリンに深くかけると、ミュートをしたようなガサガサな音になる。音色自体が変わるような。

ちょうどよい加減だと自然に仕上げることができますが、そういうサウンドを狙って極端な使い方をしても面白そうなエフェクトでもあります。

ディエッサーのようにパッツリ効かないので、自然な反面、パンチはなかったりします。

けっこう好き嫌いがあるかもしれない。

おわりに

今まで手元になかったような効き方のプラグインなので、今のところはとりあえず挿していって、何に有効なのか確かめている感じです。

こういう自動化を絡ませたものはどんどん導入していきたいところ。

こちらからデモがダウンロードできます。

■soothe | oeksound

 
スポンサーリンク  

関連記事

音を元気にするプラグイン、ハーモニック・エキサイターNomad Factory「COSMOS」レビュー

ハーモニック・エキサイター & サブ・ジェネレーターのNomad Factory「COSMOS」

記事を読む

【プラグイン】僕が超愛用している Sonnox Elite Native bundle のレビュー【再掲】

僕はSonnox Oxfordのプラグインをメインで使用しています。 今回はバンドルSonno

記事を読む

自動マスタリング機能が追加された『Ozone 8』と連携が強化された『Neutron 2』のレビュー

iZotopeの『Ozone 8』と『Neutron 2』、略して「O8

記事を読む

DTMにおける「違法コピーソフト」を使ったことがある人は17%というアンケート結果に

DTMにおける「違法コピーソフト」もしくは「割れ物」、「クラック」について、 なぜか突然思

記事を読む

真似をしてはいけない。作曲家の私がボーカルに使うプラグインと処理まとめ。

今回は僕がやっているボーカルの処理を書いてみようと思いますが、 作曲メインの人間の

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑