アルモニカの音源が欲しい時は、オルゴール音源のアタックを削って代用する

スポンサーリンク  

 

アルモニカの音源が欲しい時は、オルゴール音源のアタックを削って代用する

打ち込みしていると、どうしてもアルモニカの音を使いたい時ってありますよね。

でも、貴重な楽器ということもあって音源はなかなかありません。

このたび偶然、アルモニカのような音を出すことに成功したのでここにメモしておきます。

アルモニカ(Glass Armonica)とは、ベンジャミン・フランクリンが1761年に発明した複式擦奏容器式体鳴楽器である。

直径の異なる碗[1]状にした複数のガラス[2]を大きさ順に十二平均律の半音階に並べ、それらを鉄製などの回転棒に突き刺して回転させながら、基本的には、水で濡らした指先をガラスの縁に触れさせる摩擦によって、グラス・ハープと同様に共鳴するガラスからの音で音楽を奏する。

・Wikiより

こんな音ですね。

オルゴール音源のアタックを削る

それだけです。

チェレスタのアタックを削ってもそれっぽくなりますが、オルゴールのほうがアルモニカのような粗野な感じが出てそれっぽいです。

オルゴール音源は無料の「Victorian Music Box」を使ってます。

■Victorian Music Box – FrozenPlain

この音源だと、中央のノブを回せばアタックを遅くすることができ、アルモニカのような音が出せます。

お好みでノイズも消します。それはiZotopeの「De-click」を使ってます。

■De-click | iZotope RX 6 Click Removal Plug-in

そうやって作った音がこちら。若干本家よりも音は固いですが、なかなか雰囲気のある音ではないでしょうか。

この音で、チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」の「金平糖の精の踊り」を打ち込んでみました。

この曲はもともとアルモニカを想定して作られていたらしく、いい感じにハマりますね。

 
スポンサーリンク  

関連記事

アニメ劇伴で使う音楽の種類【劇伴まとめ第一回】

これから、映画やテレビドラマ、演劇やアニメで流れる伴奏音楽である「劇中伴奏音楽」の略、『劇伴

記事を読む

自然な和太鼓音源『Japanese Taiko Percussion』レビュー

和太鼓音源、SONICA INSTRUMENTSの『Japanese Taiko Percuss

記事を読む

クラシックを通ってない人も覚えておきたい第一転回形の和音についての真実。例えばC/E。

回転でもいいからお寿司が食べたい。どうも、こおろぎ(@kohrogi34 )です。 今

記事を読む

1962年製ギブソン ハミングバードを丁寧にサンプリングしたアコースティックギター音源「Sunbird」が自然すぎてすごい。

どうも。ギターから音楽をはじめたのに、すっかり弾かなくなったこおろぎです。はじめてアコーステ

記事を読む

プラグインからオートメーションまで!歌のミックス方法をプロのエンジニアさんに詳しく聞きました。

今回は歌の処理に絞っての記事です。2ミックスのオケに歌だけをミックスする、という場合にも参考

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑