ギターの余計な音をミュートしてサウンドの雑味を消してくれる『フレットラップ』は宅録の必需品

公開日: : 最終更新日:2017/07/04 楽器・ハードウエア ,

スポンサーリンク  

 

ギターの余計な音をミュートしてサウンドの雑味を消してくれる『フレットラップ』は宅録の必需品ギターのレコーディングをするときに余計な音が出ないよう、弦にクロスを挟むことってないですか?

こんな感じで。

でも、これだとつけたり外したりがめんどくさいし、レコーディング中に落ちてしまうこともある。

というわけで、ミュート専用のアイテム、Gruv Gear の『FretWraps』(フレットラップ)を導入しました。

ネックにぐるっと巻き付けて使います。

ざっくり

・特にレコーディングにおすすめ
・音がクリアになる
・プレイに集中できる
・柔らかいのでギターに傷がつきにくそう
・まあまあ安い

左手できちんとミュートしていても余韻が残っているんですよね。ハーモニクスにも気を使うし。

これをつけていると、カッティングでもソロでも、つけているだけでサウンドの雑味感が減り、音がクリアになります。ブラッシングのキレもよくなるし、もちろん解放弦の響きも抑えられます。

ミュートに神経質にならなくてもよくなるので、プレイに集中できて精神衛生上もよいです。テイク数も減りますしね。

あと、ストラップを巻く部分以外は柔らかいので、ギターに傷がつきにくそうでよいです。1,500円という値段もなかなか手ごろでよいですね。消耗品というわけでもないし。

広げたところ。軽くて柔らかくて小さいので、持ち運びにもよさそう。

裏。弦が当たる部分はフワフワしてます。他の部分も基本的に柔らかい。

ズームしたところ。タオルっぽい感じですね。

マジックテープで着脱します。締め付けの強さをわりと自由に調整できます。

多少ネックの太さが違っても問題なさそう。

つけるとこんな感じ。

写真は1フレット目ですが、高いポジションになるほどミュートの効果が高いです。フレーズに合わせて調整したい。

後ろから。

上から。

チューニングなどで一時的に外したい場合はヘッド側にズラせます。VのロゴがVariaxのロゴに似てて付属品っぽい雰囲気を醸し出してますね。

カラー・サイズのバリエーションがむやみに多いですね。野性味あふれる柄や、ポップなカラーまであります。

質感も相まって、リストバンド的なイメージなんですかね。

僕はギターの色に合わせて白にしました。

 
スポンサーリンク  

関連記事

モバイル用途に最適化されたシンプルなオーディオI/O『Studio 2|6』レビュー

「Studio Oneをもっとよく知ろうの会 第三回オフ会大忘年会」に参加したのですが、その

記事を読む

楽器らしい打ち込みがうまくなるコツ、それは実際に楽器を触ってみることだ

楽器を買うのにハマってます。 直近ではフルート、トランペット、ヴァイオリンを買いました

記事を読む

録音用の篠笛を買ってみたので、選び方などを書いていく

篠笛、スズキの『童子 七本調子 SNO-02』を買ってみました。 なぜ買ったのか

記事を読む

2系統の入出力をもつモニターコントローラーSPL『Model 2861 2Control』レビュー

スピーカー&ヘッドフォン モニターコントローラーのSPL『Model 2861 2Con

記事を読む

ドラムキットのような多彩な音色が出せる国産カホン、『奏-kanade-』と『鳴-naru-』

大阪にある川本楽器工房のカホンブランド「忍-shinobi- Cajon 」の 『奏-

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑